グリーンカードの更新

更新日 10/16/2022

グリーンカードは、米国に入国する移民にとって、最も重要な書類の 1 つです。技術的には Form I-551 または「永住者カード」として知られているグリーンカード (歴史的に、緑がかった色からその名前が付けられています) は、移民に次のようなさまざまな利点をもたらしてくれます。

  • 米国に永住する権利
  • 米国で恒久的に働く権利
  • 社会保障や教育のための財政支援 (財政支援や授業料の減額を含む) など、米国の連邦政府および州政府の給付を受ける権利
  • 米国への出入りをより容易にする権利
  • グリーンカードのために他の家族をスポンサーできる権利

グリーンカードを持つことによる利点を考えると、一度グリーンカードを取得したら、グリーンカードの権利を失いたくないと考えるのが普通です。

それでは、グリーンカードを更新するには何をするべきなのでしょうか?

この記事では、グリーンカードの更新について説明します。

Green Card Renewal

なぜグリーンカードを更新する必要があるのか?

グリーンカードは証明文書です。これは、米国の永住権を証明するものです。グリーンカードは、運転免許証に似ていると考えるとわかりやすいかもしれません。グリーンカードは、米国の合法的な永住者としての資格があることを証明し、運転免許証は、合法的なドライバーとしての資格があることを証明します。

グリーンカードは米国に永住し、働く権利を証明するものであり、グリーンカード保持者は米国の合法的な永住者である、と言われると、混乱するかもしれません。

なぜなら実際のグリーンカードは永久的な文書ではないからです。有効期間は 10 年間のみです。

有効なグリーンカードが無い場合には、たとえ米国の合法的な永住者であっても、グリーンカードの全ての権利を主張するのは難しくなる場合があります。具体的には、米国で合法的に働くことができること、米国で連邦および州政府の給付金を受け取ることができること、米国への往復旅行ができること、およびグリーンカードのために他の家族をスポンサーできることを証明することは、難しい場合があります。

したがって、10 年間の有効期間の終了に関して有効期限が切れた、または期限切れになるグリーンカードを持っている場合は、グリーンカードを更新するための手続きを取る必要があります。

グリーンカードを更新するにはどうすればよいのか?

グリーンカードを更新するための主要なフォームは、フォーム I-90 です。グリーンカードの有効期限がすでに切れている場合、または今後 6 ケ月以内に期限が切れる場合は、フォームI-90 を提出する必要があります。グリーンカードの有効期限がまだ切れていないか、今後 6 ケ月以内に有効期限が切れない場合には、フォーム I-90 (期限切れのグリーンカードに基づく場合) を提出しても、最初に拒否される可能性があり、「6 ケ月の枠内」で再提出する必要があります。この「6 ケ月の枠内」を逃した場合でも、フォーム I-90 を提出する資格があります。

フォーム I-90 の記入

フォーム I-90 の正式名称は「永住者カード更新申請書」です。フォーム I-90 は 7 ページです。

フォーム I-90 は 8 つの部分で構成されています。

  • パート 1 –「あなたに関する情報」。名前 (名前が法的に変更された場合を含む)、住所、およびさまざまな追加情報を含める必要があります。
  • パート 2 –「申請タイプ」。在留資格(「合法永住者」、「永住者–コミューターステータス」、または「条件付永住者」)、およびフォーム I-90 申請の理由を含める必要があります。
  • パート 3 –「情報の処理」。移民ビザまたはステータスの調整を申請した場所、移民ビザが発行された場所、またはステータスの調整が許可された場所、その他のさまざまな入国情報 (除外、国外追放、または強制退去の手続きを行ったことがあるかどうかを含む)、およびさまざまな情報を含める必要があります。
  • パート4 –「障害および/または機能障害のある個人のための情報」。
  • パート 5 –「申請者の陳述、連絡先情報、証明、および署名」。
  • パート 6 –「通訳者の連絡先情報、証明書、および署名」。
  • パート 7 –「申請者以外の場合、この申請書を作成する人物の連絡先情報、宣言、および署名」。
  • パート 8 –「追加情報」。追加情報を提供するための余白スペースが利用可能です。

Form I-90と共に提出する書類

期限切れ、または期限切れ間近のグリーンカードのためにフォーム I-90 を提出する場合には、期限切れまたは期限切れ間近のグリーンカードのコピーもフォーム I-90 と共に提出する必要があります。

フォーム I-90 の処理

フォーム I-90 は、米国市民権移民局 (「USCIS」) に提出されます。フォーム I-90 をオンラインまたは郵送で提出するオプションがあります。

フォーム I-90 を提出した後、USCIS から通知書 (「I-797 受領通知」として知られています) を受け取ります。この手紙には、グリーンカード更新申請のステータスを確認できる、13 文字の「受付番号」 (3 つの文字と 10 の数字で構成される) が含まれています。フォーム I-90 を「6 ケ月の枠内」で提出した場合、受領通知には、グリーンカードがその有効期限からさらに 12 ケ月間延長されることが記載されています。

USCIS がフォーム I-90 を受け取ってから、約 3 週間から 8 週間後に、生体認証検査の予定日が通知されます。生体認証検査では、指紋と写真が撮られ、あなたの署名も必要となります。以前に生体認証検査を行ったことのある一部の申請者は、USCIS が生体認証情報を再利用できるため、生体認証検査のアポイントメントは必要ない、という手紙がUSCIS から届く可能性が非常に高いです。

ほとんどのグリーンカード更新申請は承認されています。ただし、グリーンカードの更新申請が拒否される一般的な理由には、次のようなものがあります

  • 特定の犯罪を犯した。これらの犯罪には、「不道徳」犯罪、5 年以上の禁固刑につながる二つ以上の犯罪、および規制薬物密売犯罪が含まれます。
  • 永住権を放棄したとみなされる。
  • フォーム I-90 で誤った情報を提供した。
  • グリーンカード更新申請書に間違った用紙を使用した。

グリーンカードの更新申請が却下された場合、UCSIS は却下の理由を説明する手紙を送付します。 USCIS に決定の再考を求める物議を提出することができます。その場合、 USCIS は、あなたの要求を認めるか、さらなる審査のためにあなたのケースを行政不服審査局に付託します。

特定の「条件付き」グリーンカードの有効期間は 2 年のみであり、2 年間の有効期間が終了する 90 日前に条件を「削除」して「永久的」グリーンカードに変換するための手続きが必要です。フォーム I-90 は、このような「条件付き」グリーンカードには使用されません。代わりに、「条件付き」グリーンカードが結婚に基づいて発行された場合はフォーム I-751を提出し、「条件付き」グリーンカードが起業家または投資家であることに基づいて発行された場合にはフォーム I-829 を提出します。

DYgreencard.com ではシンプルな方法で確実にグリーンカードを更新するサポートを致します。詳細を確認するか、今すぐ始めましょう!

グリーンカードの更新にはどのくらい時間がかかるのか?

USCIS は、フォーム I-90 の処理にかかる期間を約 6 ケ月から 14、5ケ月と見積もっています。

USCIS の処理時間は時間の経過とともに頻繁に変化するため、グリーンカードの更新申請者は、フォーム I-90 を提出する前に現在の処理時間を確認することをお勧めします。

グリーンカードを更新するにはいくらかかるのか?

グリーンカードを更新するためのフォーム I-90 の申請料は 455 ドルです。

さらに、グリーンカードの更新に関連する生体認証サービス料金は 85 ドルです。

グリーンカードを紛失した場合はどうすべきか?

グリーンカードを紛失した場合 (盗まれた場合を含む)、USCIS は紛失したグリーンカードを期限切れまたは期限切れ直前のグリーンカードと同様に扱います。

フォーム I-90 を提出し、必要な 455 ドルの申請料と 85 ドルの生体認証サービス料金を支払う必要があります。

また、フォーム I-90 とともに、グリーンカードのコピー (お持ちの場合)、または名前、生年月日、写真が記載された政府発行の身分証明書を提出する必要があります。

グリーンカードを交換する他の理由は何か?

グリーンカードの有効期限が切れた、失効した、または紛失した場合に加えて、フォーム I-90 は、次の各状況でグリーンカードを交換が必要となります。

  • グリーンカードが切断または破壊された。
  • 14 歳になる前にグリーンカードを取得し、14 歳の誕生日を迎えた。
  • グリーンカードのコミューターステータスでありながら、現在米国に実際に居住している。
  • 米国に居住する永住者でありながら、現在コミューターステータスを取得している。
  • ステータスが自動的に永住権に移行した場合(永住権に移行する特定農業従事者申請者を含む)。
  • 移民ステータスを証明するのに有効ではなくなった、以前のバージョンのグリーンカードを持っている。
  • USCIS のエラーのため、グリーンカードに間違った情報が含まれている。
  • 最後にグリーンカードを受け取ってから、グリーンカードに記載されている名前またはその他の経歴情報を合法的に変更した場合。
  • 以前に発行されたグリーンカードを受け取っていない。

これらの状況のそれぞれにおいて、フォーム I-90 の提出に伴い、必要な 455ドルの申請手数料と 85ドルの生体認証サービス手数料を支払う必要があります。もしあなたがa) 14 歳よりも以前にグリーンカードを取得し、14 歳の誕生日を迎えた場合、16 歳の誕生日後にグリーンカードの有効期限が切れる場合は、支払いが必要なのは、85 ドルの生体認証サービス料金のみです。または (b) USCIS のミスにより誤った情報を含むグリーンカードが発行された場合、または発行された以前のグリーンカードを受け取っていない場合には、申請料や生体認証サービス料金を支払う必要はありません.

また、フォーム I-90 とともに特定の文書、証拠、およびその他の情報を提出する必要があります。これらの情報は、フォーム I-90 を提出する特定の理由によって異なります。

  • 切断または破壊されたグリーンカードに基づく申請の場合は、グリーンカードを紛失した場合と同じ書類。
  • 14 歳になる前にグリーンカードを取得し、現在は 14 歳の誕生日を迎えていることに基づく申請の場合は、現在のグリーンカードのコピー。
  • コミューターステータスであり、現在米国に実際に居住していることに基づく申請の場合は、米国居住の証拠。
  • 米国に居住する永住者であり、現在コミューターステータスを取得していることに基づく申請の場合は、過去 6 ケ月以内の雇用の証拠。
  • ステータスが自動的に永住者ステータスに変換されたことに基づく申請の場合、一時的な居住ステータスの証拠 (フォーム I-700 の場合は、フォーム I-797 のコピーを含む)、およびあなたの名前、生年月日、写真、および署名を含む、政府発行の身分証のコピー。
  • 移民ステータスを証明するのに有効でなくなった以前のバージョンのグリーンカードに基づいて申請する場合は、以前のバージョンのグリーンカードのコピー。
  • USCIS のミスで誤った情報を含むグリーンカードが発行されたことに基づいて申請する場合、元のグリーンカードと正しい情報の証明。
  • 最後にグリーンカードを受け取ってから、グリーンカードに記載されている氏名またはその他の経歴情報を合法的に変更したことに基づき申請する場合、該当する場合は、名前の変更を反映した適切な法的文書。
  • 以前に発行されたグリーンカードを受け取っていないことに基づいて申請する場合は、グリーンカードの発行につながるはずだった、最新のフォーム I-797「アクションの通知」のコピー、または移民として米国に入国する際に受け取った I-551 スタンプが押されているパスポートのページと、名前、生年月日、写真を含む政府発行の身分証明書のコピー。

結論

あなたがグリーンカードの所有者であることを証明する必要がある無数の状況で (最も注目すべきは、他の国から米国に戻る場合)、期限切れのグリーンカードを保持していることによる面倒な事態や、さらに悪いことに直面するのは避けたいところでしょう。

移民は、米国滞在中ずっと USCIS に対応する必要があるように思われることがあります。最初のグリーンカードを受け取る喜びを一度経験したのに、10 年後に再びグリーンカードを更新する必要があるため、この手続きが完全に終わっていないことを実感し、面倒だと感じるかもれません。「良いニュース」としては、最初のグリーンカードを受け取るよりも、グリーンカードを更新する方が一般的にはるかに簡単だということです。グリーンカードの有効期限が切れても、問題なくグリーンカードのメリットを享受できるよう、常にグリーンカードをタイムリーに更新する、ということを心に留めておいてください。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)