グリーンカードの申請方法は?

更新日07/21/2021

グリーンカードの申請方法は、移民ステータスの種類と現在の状況によって異なります。米国には、グリーンカードのカテゴリがいくつかあり、それぞれ資格要件と申請手続きが異なります。全体像を把握してから、グリーンカードを取得するための最善策を見つけるのがよいでしょう。

1.グリーンカードとは?

永住者カードは、一般にグリーンカードまたはフォームI-551として知られています(以下のサンプルを参照)。 これにより、外国人は米国市民でなくても、米国に住んで働き、自由に米国に入国することができます。 一部のグリーンカードは一時的または条件付きですが、一般的にグリーンカードという用語は永住者カードを意味します。

Green Card
グリーンカード

2.家族ベースのグリーンカード

外国人は、グリーンカード保有者または米国市民のいずれかである親戚を介して合法的な永住権を取得できます。家族ベースのグリーンカードを受け取ることができる人には、次の条件が含まれます。

  • 米国市民の近親者(配偶者、未成年の子供、親)
  • 米国市民の他の家族(成人した子供、兄弟)
  • 合法的な永住者(LPR)の家族(配偶者、未婚の子供)
  • 米国市民の婚約者
  • 米国市民の未亡人
  • VAWAの自己請願者(米国市民の配偶者(元を含む)/親/子供またはLPRの配偶者(元を含む)/親による極度の暴行・虐待行為の犠牲者)

家族ベースのグリーンカードを申請する際の最初のフォームは、フォームI-130、外国人親族への請願、フォームI-360、アメラジアン人・、未亡人・特別移民の請願、またはフォームI-129F、外国人婚約者への請願のいずれかです。

米国市民権移民局(USCIS)が合法的な永住権の家族ベースの請願を承認した後、移民は2つの方法でグリーンカードを申請することができます。 1つは、フォームI-485、永住権の登録またはステータスの調整をUSCISに申請することです(米国内でグリーンカードを待つことを意味します)。もう1つは、国立ビザセンターの領事館手続きです(米国外でグリーンカードを待つことを意味します)。ほとんどの場合、移民はグリーンカードを取得する方法を選択できません。そのため、申請を行う前にまず移民弁護士に相談することをお勧めします。

米国市民またはLPRの親戚を通じてグリーンカードを取得する資格があるかどうかお困りの場合は、DYgreencard.comで個人情報を提供することなく適格性を無料でご確認いただけます。移民弁護士が申請パッケージを確認し、承認へのお手伝いをいたします。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

3.雇用ベースのグリーンカード

雇用ベースのグリーンカードは、合法的な永住権を取得できる特定のキャリアを持っている人に適しています。このタイプのグリーンカードは、米国の外国人雇用主による労働証明書(PERM)を必要とする場合と必要としない場合があります。雇用ベースのグリーンカードのカテゴリは次のとおりです。

  • EB-1(a)(特殊な技能を持つ外国人)
  • EB-1(b)(優秀な教授/研究者)
  • EB-1(c)(多国籍マネージャーまたはエグゼクティブ)
  • EB-2NIW(国益免除)
  • PERM(高度な学位/優れた能力)に基づくEB-2
  • PERMに基づくEB-3(専門家、熟練労働者、その他の労働者)
  • EB-4(特別移民および宗教労働者)
  • EB-5(投資家ビザ)

雇用ベースのグリーンカード(EB-5を除く)を申請するための適切なフォームは、I-140、外国人労働者の請願です。 USCISが15日以内にI-140請願を処理するように、プレミアム処理追加料金を支払うこともできます。 EB-5の移民請願書はI-526、外国人投資家による移民請願書です。プレミアム処理はEB-5グリーンカード申請では利用できません。

グリーンカードを取得するための労働証明書

EB-2(PERMに基づく)およびEB-3雇用ベースのグリーンカードを申請するには、雇用主は労働証明書(PERM)を取得する必要があります。労働証明書を取得する責任は、従業員ではなく雇用主にあります。

労働認定手続きは通常米国労働省によって実行されます。労働認定手続きの目的は、その仕事を遂行する能力、意欲、資格、および雇用できる米国労働者(米国市民および永住者)がいないこと、および外国人が同様に雇用されている米国の労働者の賃金や労働条件に悪影響を与えることがないことを確認することです。

労働証明書を必要としないグリーンカード

労働証明書の要件を回避するために、EB-1、最優先分類の下で申請することも検討できます。ただしそれには多国籍マネージャー/エグゼクティブ、または特殊な技能を持つ外国人、優れた教授や研究者であることを証明する必要があります。

さらに、自分のキャリア分野で高度な学位(米国の修士号以上)を取得した外国人労働者は、労働証明書なしで、第2優先、EB-2ステータスの資格を得られる可能性があります。米国で提案された仕事に実質的なメリットと国の重要性がある場合、国益免除(NIW)の資格を得ることができます。

雇用ベースのグリーンカードであるEB-4およびEB-5カテゴリも労働証明書を必要としません。

雇用カテゴリーを通じてグリーンカードを取得することはとても複雑です。お手頃な価格で熟練した移民弁護士との相談をぜひご予約ください!


4.亡命または難民ステータスに基づくグリーンカード

人道上の理由でUSCISによって可能となっている別のタイプのグリーンカードがあります。外国人はこのタイプのグリーンカードを難民または亡命者として申請することができます。

難民のグリーンカード申請方法

難民と亡命者の違いは、難民は米国外に住んでいる間に難民のステータスを申請するのに対し、亡命者は米国内で亡命資格を申請するということです。

実は、亡命者である外国人も難民です。難民は、移民国籍法(INA)によって、迫害による十分な根拠のある恐怖のために出身国の外にいて、自国に戻ることができない人と定義されています。

実際、迫害からの保護を求めて毎年22,000人以上の難民が米国に入国しています。難民は、米国に少なくとも1年間滞在した後にのみ、I-485フォームを提出することによってグリーンカードを申請することができます。

アメリカで亡命グリーンカードの取得方法

亡命を通じてグリーンカードを取得する手続きは、フォームI-589、亡命申請および国外退去の差し控えを提出することから始まります。申請後、USCISは亡命申請者との面接を行います。 USCISが申請を承認すると、亡命ステータスが付与されます。米国に少なくとも1年間滞在した後、亡命状況に基づいてフォームI-485を提出することにより、グリーンカードを申請することができます。

難民または亡命のステータスに基づいてI-485でグリーンカードを取得する方法の詳細については、こちらをクリックしてください。または、早速申請を始めましょう


5.その他のグリーンカードカテゴリ

米国は、この他にも以下のような多くの種類のグリーンカードを発行しています。

  • 移民多様化ビザプログラム。グリーンカード抽選とも呼ばれ、国務省の多様化ビザ抽選で多様化ビザに選ばれた場合、特定の国で生まれた外国人がグリーンカードを受け取ることができます。
  • T非移民ビザで人身売買の被害者である外国人
  • U非移民ビザで犯罪被害者である外国人
  • リベリア難民移民公正(LRIF)の資格要件を満たす外国人
  • キューバの先住民または市民とその配偶者および子供
  • キューバの先住民または市民に暴行・虐待された外国人配偶者または子供
  • HRIFAの下での扶養ステータス
  • HRIFAの下で虐待・暴行の犠牲者である配偶者または子供
  • ローテンベルク臨時入国許可された者
  • ベトナム・カンボジア・ラオスの先住民または市民であり、1997年10月1日以前に、ベトナムの合法出国計画、東アジアの難民キャンプ、またはタイのUNHCRが運営する避難民キャンプから米国に臨時入国許可された者
  • カナダ生まれのアメリカンインディアン
  • 米国で外国の外交官に生まれた者
  • 第13項(外交官)
  • 1972年1月1日より前から米国に継続的に居住している外国人

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)