L1ビザからグリーンカード

更新日08/06/2021

L1は非移民の就労ビザであり、多国籍企業で働いていて、企業内転勤者として米国に入国する意思のある人に適した選択肢となります。 USCISは、これらの一時的なビザを経営幹部、マネージャー、または専門知識を持つ人々に発行しています。 米国議会は、雇用主が企業内の人員を外国から米国に効率的に移すことができるよう、1970年にL1ビザを作成しました。 さらに、L1Aビザを持っている外国人はEB-1Cのカテゴリの下でグリーンカード取得ができる可能性があります。

L1 Visa to Green Card

1.2種類のL1ビザ

多国籍企業で働く外国人は、L1AまたはL1Bビザのいずれかの資格を得ることができます。

L1Aビザ

過去3年間のうち少なくとも1年間、多国籍オフィスを持つ企業で継続的に働いている経営幹部またはマネージャーは、L1Aビザを取得する資格があります。 USCISは、幹部を「多くの監視なしに広い範囲の決定を下す」権限を持つ人物と定義しています。資格のあるマネージャーは、専門家を監督したり、少なくとも組織の部門を管理したり、ビジネスの重要な機能を高レベルで管理したりする役割を担っている必要があります。

L1Bビザ

L1Bビザは、多国籍企業の利益に関連する専門知識を持つ専門家が取得可能なビザです。一般に、USCISは、外国人専門家が会社のプロセスや手順、または国際市場に適用されるその他の利益について高度な知識を持っている場合、L1Bでの会社内転勤を検討します。このタイプの非移民ビザでは、保有者は基準を満たしていれば、米国に入国して米国事務所を設立することもできます。

2.L1企業内転勤ビザの資格

L1AまたはL1Bの企業内転勤ビザのいずれかについてUSCISへの適格性を確立するには、組織と候補者の両方が特定の要件を満たしている必要があります。

多国籍雇用者としての資格

一般に、米国の組織は、次の2つの基準を満たしている場合、L1ビザの目的で多国籍雇用者としての資格を得ることができます。

  • 外国企業と適格な関係(親会社、支店、子会社、または関連会社)がある
  • L1受益者が米国に滞在している間、米国と少なくとも1つの他の外国の両方でビジネスを行っている、または行う予定がある。

L1従業員の要件

企業内転勤のL1ビザ申請者がエグゼクティブ、マネージャー、または専門知識を持つ専門家であるかどうかにかかわらず、いくつかの資格を満たす必要があります。 L1AまたはL1Bビザの資格を得るには、L1従業員候補者は、過去3年間のうち少なくとも1年間、多国籍企業でL1エグゼクティブ、マネージャー、または専門知識を持つ専門家としての資格を有する役割で継続的に働いている必要があります。

3.L1ビザを取得するメリット

L1ビザには他のタイプの非移民ステータスに比べていくつかの利点があります。 主に次のものが含まれます。

  • 配偶者および21歳未満の未婚の子供は、L2ビザを取得することができ、米国で労働許可を申請する資格を有する
  • L2の子供は、21歳まで公立学校に入学が可能
  • 数の制限はなく、数に限りがあるH-1B就労ビザと比較してすぐに申請でき、毎年特定の期間内にのみ申請が可能
  • 最大7年間(L1A)または5年間(L1B)更新可能
  • 資格のある雇用主は、包括的L1ビザを申請することが可能
  • L1AビザはEB-1Cグリーンカードの資格取得に役立つ

4.L1ビザの申請手続き

L1ビザ申請手続きは、フォームI-129に記入し、補足文書とともにUSCISに提出することから始まります。 スポンサーとなる雇用主(請願者)は、書類の構成と準備について、L1ビザ弁護士の支援を求めることができます。

USCISが、請願書がL1ビザの要件を満たしていると判断し、請願書を承認した場合、スポンサー付きの従業員(受益者)は、出身国の米国領事館にL1ビザを申請できます。 スポンサー付きの従業員がI-129フォームの提出時に法的ステータスにあり、I-129フォーム、ステータスの変更を要求し、提出後に米国を離れることがなかった場合、スポンサー付きの従業員のステータスは直接L1ステータスに変更されます。 ただし、L1従業員が米国を離れL1ビザ従業員として米国に再入国するには、まずL1ビザを取得する必要があります。

5.L1のビザ延長申請

L1非移民の企業内転勤ビザは、L1の種類やスポンサー企業の年数・状況にもよりますが、初期滞在は通常1年から3年となります。L1ビザは延長可能です。 最初のL1請願手続きと同様に、請願者はI-129フォームに記入し、USCISに補足文書を提出する必要があります。

6.L1ビザの包括的申請

組織が1年以内に外国人従業員にすでに10回以上のL1企業内転勤を取得している場合、または適格な規模または資産を持っている場合は、L1ビザの包括的請願の申請を検討することができます。 組織が資格があるかわからない場合はL1の包括的請願に精通しているビザ弁護士に相談するとよいでしょう。

7.L1ビザからグリーンカードへの移行


L1Aビザからグリーンカードへ

L1ビザは米国の非移民就労ビザであり、グリーンカードではありません。ただし、L1Aビザ(L1Bビザではない)を取得した個人は、EB-1Cグリーンカードの資格を得ることができます。 EB-1Cは、多国籍のマネージャーおよびエグゼクティブ向けの移民ビザ分類です。 EB-1C移民請願書を提出する前にL1Aビザを取得することは必須ではありませんが、取得することが望ましいです。

実際、EB-1CはEB-5移民投資家のグリーンカードの代替と見なされることがよくあります。 EB-1Cは、海外で事業を展開している起業家にとっての移民オプションとなる可能性があります。

外国人は、外国事業の幹部または管理職として働いた後、米国で新規事業を立ち上げるか、同様の事業を購入し、1年間のL-1Aビザを取得して入国し、ベンチャーを立ち上げることができます。米国支部が1年以上機能した後、起業家はフォームI-140、外国人労働者の移民請願書をUSCISに提出することにより、EB-1C多国籍企業の幹部および管理者のグリーンカードの申請を検討することが考えられます。

フォームI-140の提出は、グリーンカード申請の最初のステップにすぎません。最終的にグリーンカードを取得するには、L-1Aビザ保有者はUSCISにフォームI-485を提出する必要があります。ビザ速報に記載されている移民ビザ番号が最新のものである場合、フォームI-485とフォームI-140を同時に提出することもできます。それ以外の場合は、移民ビザ番号がI-485フォームの提出に利用できるようになるまで待つ必要があります。

L1Aビザからグリーンカードを受け取るまでの全処理時間は3〜6年です。米国の外国企業とスポンサー企業は、グリーンカードが付与されるまで、適格な関係と事業運営を維持する必要があります。

L1Bビザからグリーンカードへ

L1Bビザ保有者はEB-1Cグリーンカードを申請することはできません。ですが、EB-2(高度な学位/例外的な能力を持つ外国人労働者)またはEB-3(専門家、熟練労働者および他の労働者)のカテゴリーであればグリーンカードを申請することができます。

EB-1Cとは異なり、雇用主は労働省から労働証明書(PERM)を取得し、PERMにI-140フォームを提出する必要があります。

EB-1Cと同様に、EB-2またはEB-3に基づいてグリーンカードを申請するL1Bビザ保有者は、移民ビザ番号が利用可能になるまでI-485申請を提出できません。

移民ビザ番号の待ち時間は大きく異なるため、L1Bからグリーンカードへの処理時間は大幅に異なります。たとえば、インド生まれの申請者は10年以上待たなければなりませんが、ドイツ生まれの申請者は待ち時間が全くないか、あっても1年程度しか待ちません。いずれにせよ、行動を起こす前に、熟練した移民弁護士に相談することを常にお勧めします。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)