フォーム I-130 外国人親族の請願書、説明

更新日 10/16/2022

米国移民法における重要な用語の 2 つは、家族と証明です。

米国移民法に基づく給付の多くは、すでに米国移民給付を受ける資格のある人と家族の一員であることと結び付けられています。移民法は、家族を集めたり、再会させたりすることができます。家族の 1 人が米国移民権を持っていて米国にいる場合、家族の別のメンバーは米国移民権を取得して米国に来ることができます。

米国の移民制度は適用法への準拠に強く基づいているため、証明は重要です。米国移民給付の適用法を遵守した、という確たる証拠を提出できない場合、米国移民給付を請願することはできません。

家族と証明のこれらの重要な条件を結び付ける米国移民の書類こそ、フォーム I-130「外国人親族の請願書」です。

この記事では、フォーム I-130 について説明します。

Form I-130

フォーム I-130 の使用

フォーム I-130 は、米国市民またはグリーンカード保持者が、グリーンカードの取得を希望する家族との関係を証明するために使用します。グリーンカードは、米国に永住する権利を確立します。

フォーム I-130 は、本質的に、米国市民またはグリーンカード保持者と、グリーンカードを求める家族との間の家族関係を確立するための「証明」文書です。

フォーム I-130 は、家族関係に基づいて発行される 2 つの主要なタイプのグリーンカード、つまり「近親者」グリーンカードと「家族優先」グリーンカードにとって重要な書類です。

フォーム I-130 を提出して、次の家族関係の近親者グリーンカードを取得します。

  • 米国市民の配偶者 (「IR1」グリーンカードとして知られています)。
  • 米国市民の未婚の子供 (21 歳未満) (「IR2」グリーンカードとして知られています)。
  • 米国市民 (21 歳以上) の親 (「IR5」グリーンカードとして知られる)。

フォーム I-130 を提出して、次の家族関係の家族優先グリーンカードを取得します。

  • 米国市民(「F1」グリーンカードとして知られる)の未婚の成人(21 歳以上)の息子または娘。
  • 米国のグリーンカード保持者 (「F2A」グリーンカードとして知られる) の配偶者および未婚の子供 (21 歳未満)。
  • 米国グリーンカード保持者 (「F2B」グリーンカードとして知られる) の未婚の成人 (21 歳以上) の息子または娘。
  • 米国市民(「F3」グリーンカードとして知られる)の結婚した息子と娘(年齢は問わない)。
  • 米国市民 (21 歳以上) の兄弟姉妹 (「F4」グリーンカードとして知られています)。

DYgreencard.com では、外国人の配偶者子供、米国市民の場合は兄弟、またはグリーンカード保持者の場合は配偶者/子供のグリーンカードを後援できるかどうかを確認する資格を無料で確認できます。

I-130の手続き

フォーム I-130 の内容

フォーム I-130 は 12 ページあります。次のように、9つの部分で構成されています。

  • パート 1 –「関係」。パート 1 では、(i) フォーム I-130 が配偶者、親、兄弟、姉妹、または子供のために提出されているかどうか、および (ii) フォーム I-130 が「子供の出生時に互いに結婚していた両親から生まれた」、「継子/継親」、「子供の出生時に結婚していない両親から生まれた」、または「子供が養子縁組された(孤児またはハーグ条約の養子ではない)」という特定の関係性の親、もしくは子供のために提出されているかどうか。;
  • パート 2 –「あなたに関する情報」。パート 2 では、移民、社会保障番号、名前、場所と生年月日、性別、郵送先住所と住所の履歴、婚姻状況と結婚歴、両親、市民権、雇用歴など、フォーム I-130 を提出する米国市民またはグリーンカード保持者に関する質問をします。
  • パート 3 –「伝記情報」。パート 3 では、フォーム I-130 を提出している米国市民またはグリーンカード保持者の経歴に関する質問をします。
  • パート 4 –「受益者に関する情報」。パート 4 では、入国管理局、社会保障番号、名前、場所と生年月日、性別、住所、その他の住所と連絡先情報、婚姻状況と結婚歴、家族、雇用情報など、フォームI-130によってグリーンカードを求める人に関する質問を行います。;
  • パート 5 –「その他の情報」。パート 5 では、フォーム I-130 を提出している米国市民またはグリーンカード保有者によって提出されたその他の移民請願について質問します。
  • パート 6 –「申立人の声明、連絡先情報、宣言、および署名」。
  • パート 7 –「通訳者の連絡先情報、証明書、および署名」。
  • パート 8 –「請願者以外の場合、この請願書を作成する人物の連絡先情報、宣言、および署名」。
  • パート 9 –「追加情報」。追加情報を提供するために追加のスペースが必要な場合は、この部分に入力できます。

I-130 を提出できる人

フォーム I-130 を提出する米国市民またはグリーンカード保持者は、「請願者」として知られています。フォーム I-130 に従ってグリーンカードを求めている請願者の親族は、「受益者」として知られています。

家族関係があるように見える場合でも、「グリーンカード資格」目的での家族関係は存在しないため、次のカテゴリーに該当する人のためにフォーム I-130 を提出することはできません。

  • 子供が 16 歳になった後に養子縁組が行われている、または子供が法的に保護されておらず、フォーム I-130を提出する前に少なくとも 2 年間両親と同居していない養親または養子;
  • 養子縁組を通じて、または特別移民少年として米国市民権またはグリーンカードのステータスを取得した場合は、実の親。
  • 子供が 18 歳になった後に関係を築いた結婚の場合、継親または継子。
  • 婚姻が完了していない限り、あなたとあなたの配偶者の両方が結婚式に物理的に出席していない場合の配偶者。
  • 米国市民またはグリーンカード保持者との以前の結婚によりグリーンカードステータスを取得した配偶者。ただし、(i) 現在帰化した米国市民である場合、(ii) 少なくとも 5 年間米国グリーンカード保持者である場合、 (iii) 米国移民法を回避するために以前の結婚 (グリーンカードのステータスを取得した) を行っていないことを明確かつ説得力のある証拠によって立証できる場合、取得した移民ステータスが、元配偶者の死亡により終了した場合を除く。
  • あなたが配偶者と結婚した場合、配偶者が米国への入国または滞在の権利に関する除外、国外追放、追放、または取消手続の対象であった場合、またはいずれかの決定が下されている場合。これらの手続きのいずれかが司法審査の法廷で行われた場合 (ただし、(i) 結婚が行われた場所で法的に有効であることを明確かつ説得力のある証拠によって証明され、あなたの配偶者があなたの配偶者の永住権を取得する目的ではなく誠意を持って結婚し、あなたがフォーム I-130 を提出するための手数料やその他の対価 (適切な弁護士費用以外) が支払われていないことが証明できる場合、または ( ii) あなたの配偶者は、結婚後、少なくとも 2 年間米国外に住んでいる場合は、一般的に「善意の結婚」の免除を受ける資格がある可能性があります。)
  • 米国市民権移民局 (「USCIS」) が、米国移民法を回避するために婚姻を締結した、または婚姻を試みた、または共謀したと判断した場合。
  • 祖父母、孫、甥、姪、叔父、叔母、いとこ、または義理の親。

I-130Aを提出する必要がある人

フォーム I-130 の受益者がグリーンカードを求める配偶者である場合、配偶者はフォーム I-130A に記入する必要があります。フォーム I-130A は、フォーム I-130 (申立人が提出) と共に提出されます。

フォーム I-130A は 6 ページで、次の 7 つの部分で構成されています。

  • パート 1 –「あなたに関する情報」。パート 1 では、「配偶者受益者」の移民情報、名前、住所履歴、両親について質問します。
  • パート 2 –「あなたの雇用に関する情報」。パート 2 では、米国内外を問わず、過去 5 年間の「配偶者受益者」の雇用歴について質問します。
  • パート 3 –「米国外での雇用に関する情報」。パート 3 では、米国外での「配偶者受益者」の最後の職業について質問します。
  • パート 4 –「配偶者受益者」の声明、連絡先情報、証明書、および署名。
  • パート 5 –「通訳者の連絡先情報、証明書、および署名」。
  • パート 6 –「配偶者受益者以外の場合、このフォームを作成する人物の連絡先情報、宣言、および署名」。
  • パート 7 –「追加情報」。

I-130と共に提出する書類

フォーム I-130 では、特定の書類も提出する必要があります。提出する必要がある具体的な書類は、証明しようとする特定の親族関係によって異なります。

申立人が米国市民である場合、申立人の米国市民権を証明する必要があります。米国市民権を証明するには、米国で生まれたことを示す出生証明書のコピー、帰化証明書または市民権証明書のコピー、フォーム FS-240 のコピー、海外出生の領事報告書、有効な米国パスポートのコピー、または有効なパスポートを持つ米国市民であることを証明する米国領事館の声明の原本。

申立人が米国のグリーンカード保持者である場合、申立人のグリーンカードステータスを証明する必要があります。グリーンカードのステータスを証明するには、グリーンカードの表と裏のコピー、またはパスポートの I-551 スタンプを提出する必要があります。

フォーム I-130 の指示には、一般的に、さまざまなタイプの受益者のためにフォーム I-130 とともに提出する必要があるさまざまな種類の書類が記載されています。

例えば:

  • 配偶者の場合、(i) 結婚証明書のコピー、(ii) あなたまたはあなたの配偶者のいずれかが以前に結婚していた場合は、以前の婚姻がそれぞれ法的に終了したことを示す書類のコピー、(iii) フォーム I-130 を提出してから 30 日以内に撮影された、あなた自身とあなたの配偶者 (配偶者が米国にいる場合) のパスポートスタイルの写真 (2 x 2 インチ)2枚、および (iv)正真正銘の結婚を証明できる書類。フォーム I-130 を提出する際に必要な書類があまりない場合でも、心配する必要はありません。将来のグリーンカード面接でいつでも追加の証拠を提出できます。
  • あなたが母親であり、子供の申請をする場合、あなたの名前と子供の名前を示す子供の出生証明書のコピーを提出する必要があります。
  • あなたが父親であり、子供の申請をする場合、両親の名前が記載された子供の出生証明書の写し、子供の母親への結婚証明書、および両親の以前の婚姻が法的に終了したことを証明するものを提出する必要があります。

I-130 出願手数料

フォーム I-130 の申請料は 535 ドルです。フォーム I-130A の追加申請料はありません。

I-130の提出方法

フォーム I-130 は、オンラインまたは郵送で提出できます。

オンライン申請の場合、最初にmyUSCISアカウントを作成する必要があります。オンラインで提出する場合、USCIS からのすべての通知がこのオンラインアカウントでダウンロードできることを覚えておいてください。あなたの住所への物理的な郵便物は全くありません。 I-130申請料は、クレジットカード、デビットカード、またはACHにて、オンラインで支払う必要があります。

紙で提出する場合は、フォーム I-130 をタイプするか、黒インクで判読できるように印刷する必要があります。すべての日付を「月/日/年」形式で入力する必要があります。フォーム I-130 は、湿式署名によって適切に署名されている必要があります。 USCIS では、署名の代わりにスタンプまたはタイプライターで名前を記入することは認められません。署名ページのコピーをスキャンしたものも使用できます。 I-130 申請手数料は、クレジットカード (フォーム G-1450 を使用)、通常の小切手、または米国内の銀行またはその他の金融機関で振り出されるマネーオーダーで支払うことができ、米国通貨で支払うことができます。小切手または郵便為替は、米国国土安全保障省に支払う必要があります。

I-130 の書類提出先住所は、居住地によって異なります。また、フォーム I-130 を使用してステータスの調整のためにフォーム I-485 申請書を提出する場合 (「同時提出」と呼ばれるもの) によって異なります。グリーンカード申請者が合法的に米国に入国した場合、(最初のセクションで説明されているように) 直近のグリーンカード申請には、同時申請が許可され、推奨されます。ビザ番号が最新で、グリーンカード申請者が米国での法的地位を維持している場合、F2Aグリーンカード申請の同時提出も可能です。

DYgreencard.com を使用すると、フォーム I-130 を単独で提出する、もしくはフォーム I-130 とフォーム I-485 を簡単な方法で同時に提出することができます。いくつかの質問に答えて、あなたの書類をオンラインプラットフォームにアップロードするだけです。その後、我々の方で残りの面倒な手続きを代行します。さらには、熟練した移民弁護士があなたの質問に答えることができ、USCIS に提出前に申請パッケージ全体を完璧に精査いたします。詳細を確認するか、今すぐ申請を開始しましょう!

I-130の処理時間

フォーム I-130 において、正確な処理時間はありません。すべてのフォーム I-130 にはそれぞれ独自の特定の事実と問題があり、それらが相対的な処理時間に影響します。フォーム I-130 は、場合によっては数か月で処理できます。フォーム I-130 の処理に数年かかる場合もあります。 USCIS の処理時間はこちらで確認できます。 USCIS は、ケースの処理時間を定期的に更新します。

その他の米国移民フォームと同様に、処理が大幅に遅れる可能性があるため、できるだけ早くフォーム I-130 を提出する必要があります。

I-130申請後の入国手続き

フォーム I-130 の承認は、それによって受益者がすぐにグリーンカードを取得することを意味するものではないことに注意しましょう。受益者にグリーンカードが発行される前に、フォーム I-130 の承認後に従わなければならない他の手順があります。

フォーム I-130 が承認された後に従わなければならない具体的な手順は、受益者がその時点で米国にいるかどうかによって異なります。

受益者がその時点で米国に所在していない場合、受益者のグリーンカード申請は領事手続きの対象となります。領事手続きの下で、受益者のグリーンカード申請は、次に米国国務省のナショナルビザセンター (「NVC」) によって処理されます。 NVC の後、受益者のグリーンカード申請は、通常、受益者が住んでいる国の該当する米国大使館または領事館によって処理されます。この処理には、健康診断と面接が含まれます。

受益者が米国に所在する場合、受益者のグリーンカード申請はステータスの調整の対象となります。ステータスの調整の下、受益者のグリーンカード申請は引き続き USCIS によって処理されます。ステータスの調整中の重要な書類は、上記のフォーム I-485 です。ステータス処理の調整には、健康診断と生体認証が含まれます。結婚ベースのグリーンカードには、通常、面接が必要です。

領事手続きとステータスの調整の両方で、受益者のグリーンカード申請を進める前に、利用可能なビザ番号が必要です。これにより、家族優先のグリーンカード申請よりも、近親者グリーンカード申請が決定的に有利になります。ビザ番号は、近親者グリーンカード申請のために常に利用可能です。一方、家族優先のグリーンカード申請でビザ番号が利用できるようになるまでには、多くの場合数年かかることがあります。

結論

領事手続きとステータスの調整は、グリーンカード申請プロセスの重要な部分です。ただし、これらの手続きは、フォーム I-130 が承認された後にのみ発生することを覚えておいて下さい。簡単に言えば、フォーム I-130 が承認されない限り、グリーンカード申請承認のための「一次」に到達することさえできません。

米国の移民制度は、グリーンカードを発行する際に特定の家族関係を重視しており、そのために必要な家族関係を証明する必要があります。フォーム I-130 は、必要な家族関係が存在し、家族にグリーンカードを発行できる可能性があることを証明する必須の書類です。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)