不法滞在を計算する方法は?

更新日08/29/2021

適切な許可なしに米国に入国した場合、またはI-94に記載されている日付を超えて米国に滞在してビザを超過した場合、不法滞在となり、非移民または移民の資格がないため、入国不許可の対象となる可能性があります。ビザ、グリーンカード、​​その他の方法で米国の入国地から入国することはできません。

不法滞在は、あなたが許可なく米国に滞在していた時間の長さに応じて罰則が徐々に増加します。特定の状況に応じて、さまざまな方法で不法滞在を計算できます。不法滞在の合計期間を計算する方法を知っていると、米国からの再入国不許可に対処するのに役立ちます。

How to Calculate Unlawful Presence

不法滞在の定義

移民国籍法(INA)によると、不法滞在とは、許可されることなく米国に滞在していた時間のことです。有効な非移民ビザで米国に入国したとしても、不法滞在により入国不許可の対象となる可能性があります。ビザの有効期限が切れると、外国人はすぐに米国を出なければなりません。そうでなければ、米国での許可された時間を超過したことになるので、不法滞在しているとみなされます。

国土安全保障省(DHS)の許可なしに、外国人が米国との国境を越えた日に、別の形態の不法滞在が始まる可能性があります。これは、しばしば不法入国と呼ばれます。

不法滞在と不法入国はどちらも、数年間または恒久的に、外国人に入国不許可の形で罰則を課す可能性があります。移民法のこの分野は、複雑かつ高度に個別化されています。したがって、米国の不法滞在に精通している経験豊富な法律専門家の助けを借りることも賢明でしょう。

不法滞在の発生

不法滞在で入国不許可が適用されるかどうかを判断する方法は、外国人が米国に入国するために使用したビザの種類によって異なります。不法に入国した、つまり許可されていない個人は、すぐに不法滞在が始まることになります。

米国に入国した人は、通常、I-94の到着/出発記録に、米国に有効に留まることができる最終日を示す日付が記載されています。

I-94に日付が含まれていない場合は代わりに「D / S」と表示されています。 I-94記録にD / Sとある人は、プログラム、学習コース、または一時的な仕事の期間中、米国に留まることができます。多くの場合、猶予期間にも適用されます。 D / Sステータスの外国人の場合で、USCISが移民申請を裁定中非移民ステータスに違反を発見すると、申請が却下された翌日から不法滞在が発生します。不法滞在の発生は、ステータス違反が発生したその日には始まりません。

フォームI-94(カナダのB1 / B2など)が発行されていない外国人は、不法滞在を判断する際はでD / Sを許可された外国人として扱われます。

不法滞在とならないためには?

不法滞在による入国不許可にはいくつかの例外があります。外国人は、少なくとも一定期間、不法滞在の計算を免除される場合があります。ここでは、外国人が不法滞在を生み出さない最も一般的な状況をリストアップします。

  • 亡命申請者:真正の亡命申請が保留されている期間は、不法滞在としてカウントされません。
  • 未成年者:18歳未満の若者は、未成年者である間、不法滞在としてカウントされません。
  • 家族団結の受益者:1990年移民法の第301項は、一部の外国人は家族団結プログラムの下で国外追放からの保護を受けることができると述べています。そのような人は、その保護が有効である間、不法滞在としてカウントされません。
  • 虐待された配偶者と子供:女性に対する暴力法(VAWA)は、虐待された配偶者とその子供に適用されます。 VAWAに基づく合法的な永住権の自己申請者は、不法滞在と家庭内暴力との関係を示すことができれば、不法滞在としてカウントされません。
  • 深刻な形態の人身売買の被害者:外国人が人身売買の被害者である場合、容認されない人身売買の対象となることを避けることができます。この場合、国土安全保障省に、深刻な形態の人身売買が、不法滞在の少なくとも1つの中心的な理由であることを証明する必要があります。
  • I-730受益者:真正に提出されたI-730請願が保留されている期間は、不法滞在としてカウントされません。
  • I-485申請者:適切に提出されたI-485ステータス調整の申請が保留されている期間は、不法滞在としてカウントされません。
  • 有料外国人:適時に根拠を持って申請されたステータス延長(EOS)またはステータス変更(COS)(「有料」)申請が保留されている期間は、不法滞在としてカウントされません。
  • TPS申請者:一応の申請が一時的保護ステータス(TPS)申請者である期間は、不法滞在としてカウントされません。

注:不法滞在の例外に該当していても、常に免除され続けるという意味ではありません。たとえば、若者が18歳に達すると、有効な移民給付を申請または取得しなかった場合、不法滞在が始まることになります。

VAWAまたは人身売買の利益に基づく不法滞在免除の資格を得るには、外国人はUSCISに資格があるという証拠を提供する必要があります。そのような請願がUSCISによって却下された場合、外国人は米国で不法滞在となる可能性があります。

さらに、外国人が不法滞在の例外に該当することを証明できたとしても、この免除は非永続的な入国不許可にのみ適用されます。不法滞在が恒久的な入国不許可に相当する場合、例外の資格は剥奪され米国から強制送還されることになる可能性があります。

DYgreencard.comでは、ステータスの調整移民ビザグリーンカードの更新グリーンカードの条件の削除就労許可市民権再入国許可事前臨時入国許可難民渡航文書などを取得する資格があるかどうかを無料でご確認いただけます。詳細はこちらをご覧ください。

入国不許可の種類

免除なしに合衆国に不法滞在することに対する罰則は、入国不許可かそれと同等に厳しい場合があります。不法滞在に基づくこの罰則は、数年、10年、または外国人の残りの人生分にさえ匹敵する可能性があります。

不法滞在による3年間の入国不許可

外国人が1997年4月1日以降に米国に不法滞在してから180日以上1年未満の場合、米国から出国すると3年間の入国不許可となります。

1

外国人は2020年1月1日にB2ビザで米国に入国しました。彼のI-94は2020年7月1日に失効しました。彼は米国に7か月滞在し、2021年2月1日に出国しました。彼は7月2日から不法滞在となります。2020年から2020年2月1日まで、180日以上です。 米国出国時180日以上1年未満不法滞在していたので、3年の入国不許可が適用されます。

米国での不法滞在による10年間の入国不許可

この10年間の入国不許可は、1997年4月1日以降1年以上米国に不法滞在した外国人に適用されます。10年間の入国不許可は、1年以上の継続した不法滞在外国人に適用されます。

2

F1学生のI-20は2020年6月1日に失効しました。彼女はすぐにI-539申請を提出し、60日間の猶予期間中である2020年7月1日、USCISにF1ステータスからB2ステータスに変更申請をしました。 USCISは、2021年3月1日にI-539申請を却下しました。彼女はその後、2022年4月1日まで米国を離れませんでした。彼女は、2021年3月2日から1年以上不法滞在したため、10年間の入国不許可の対象となります。

3年と10年の入国不許可は複数滞在の合計ではありません

3年と10年の入国不許可は、米国での1回の滞在中に180日以上の不法滞在した外国人に適用されます。 1回の滞在中に、外国人が不法滞在した期間が2回以上ある場合、不法滞在の各期間の長さを合計して、その1回の滞在中に発生した不法滞在時間の合計期間を決定します。

3

外国人は2020年1月1日にB2ビザで米国に入国しました。彼女のI-94は、2020年7月1日までの米国滞在を許可するものでした。彼女は2020年9月1日に米国を離れました。この滞在中に、彼女は2ヶ月の不法滞在がありました。 2021年6月1日、彼女は再びB2ビザで米国を訪問しました。 今回、彼女は1ヶ月間だけ有効なI-94を手に入れました。 彼女は5か月間不法滞在し、2021年12月1日に米国を離れました。最初の滞在で2か月、2回目の滞在で5か月の不法滞在が発生しましたが、3年間の不法滞在の対象にはなりません。 入国不許可は1回の滞在にのみ適用されるからです。

4

H-1B外国人労働者は2018年4月1日に解雇されました。彼のH-1BI-94は2020年9月30日に失効しました。彼は2020年11月30日に結婚に基づいてI-485申請を提出しましたが、I-485は2021年12月30日にUSCISによって却下されました。彼は2022年5月30日に米国を去りました。彼の米国での違法な在留期間の合計は7か月、つまりH-1B I-94からI-485申請の提出日まで、およびI-485の却下日から彼が米国を離れる日までの期間となり、彼は3年間の入国不許可の対象となります。

米国に不法滞在した後の恒久的入国不許可

最も厳しい不法滞在罰則である恒久的な入国不許可は、1997年4月1日以降合計1年以上の不法滞在が発生した後、DHS担当者よる許可なく入国しようとするすべての人に適用されます。 ここでは、不法滞在は集計で計算されます。つまり、不法滞在の各期間は、個人が不法滞在した他の時間と合算されます。米国から永久に再入国を禁じられた人々は、米国に来るための非移民または移民ビザを二度と取得することはできず、彼らのステータスをグリーンカードに調整することもできず、アメリカの入国地から入国することもできません。

5

外国人は、11か月の不法滞在をしたため、3年間米国から入国不許可となりました。 3年が経過した後、米国に再入国し、2か月ビザを超過しました。 現在、不法滞在の合計期間は11 + 2としてカウントされます。2回目の不法滞在の2か月後米国を出ました。 現在、もし有効なビザなしで米国に入国しようとすると、DHSの警官は彼を米国へ一生入国禁止することができます。合計で1年以上米国に不法に滞在したうえ、DHSの警官の許可なく、入国しようとしたからです。

入国不許可の対処

入国不許可の対象となった場合でも、米国政府から免除を取得する方法があります。これにより、ビザを超過したり、不法に米国に入国した後、不許可を打開することができます。

入国不許可を打開するいくつかの方法は、家族団結プログラムやVAWAなど、不法滞在の例外を申請することです。他の方法は、あなた自身の過失なしに極度の困難または不法滞在が起きたことを証明することです。米国での不法滞在に対して罰せられるべきではないことをUSCISが納得すれば、入国不許可を回避することができます。

入国不許可を回避することは、簡単な作業ではありません。たいてい有能で経験豊富な移民弁護士の援助が必要となります。

DYgreencard.comでは、グリーンカードを申請するためのI-485ステータスの調整配偶者兄弟のためのI-130移民請願、雇用許可のためのI-765申請、グリーンカードを更新するためのI-90申請再入国許可または事前臨時入国許可または難民渡航文書のI-131申請など、さまざまな種類の申請のお手伝いをしています。 あなたにしていただくのは、オンラインでいくつかの簡単な質問に答えて、プラットフォームに書類をアップロードすることだけです。あとはお任せください!申請パッケージは全て、USCISによる最終承認を確実にするために、専門の移民弁護士によって慎重に確認されます。詳細はこちらをご覧ください。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)