米国は二重国籍を認めていますか?

更新日07/18/2021

米国の最も素晴らしい側面の1つは、その多様性です。 この国は、さまざまな国籍、民族、文化で構成されています。 この広大な国の人々の中には、出身国を誇りに思っている人がたくさんいます。

したがって、米国市民になりたいが以前の国での市民権を放棄せざるを得ないとなると、喪失感に襲われてしまうことでしょう。 幸いなことに、米国の帰化式が行われた後は、米国と以前の国との間で二重国籍を維持することができます。

Dual Citizenship

1.二重国籍とは?

二重市民権と二重国籍の間に違いはありません。 2つの用語は同じ意味で使用できます。

基本的に、二重国籍とは、2つの国で同時に市民権を保持できることを意味します。各国の市民に与えられた権利から利益を得ることができますが、同時にまた二重の責任を負います。

米国は帰化した居住者が複数の国で市民権を保持することを許可していますが、すべての出身国が二重国籍を許可しているわけではありません。 したがって、外国人が以前の国での市民権を放棄したくない場合は、米国の帰化申請を始める前に、出身国が二重国籍を許可しているかどうかを調査する必要があります。

2.二重国籍を認める国

二重国籍が必要な場合、最初にすべきことは、出身国がそれを許可しているかどうかを確認することです。

米国の二重国籍

米国は二重国籍を促進も否定もしていません。基本的に、外国人が帰化した米国市民として誓約する場合、前国での市民権を同時に放棄する必要はありません。

カワキタ対合衆国最高裁判所の判決(1952年)によると、「二重国籍の概念は、人が2つの国で国籍の権利を有し、行使し、両方の責任を負う可能性があることを認めることである。」とあり、したがって、外国の国民が米国市民として誓約するとき、彼らは米国のものを引き継ぐ一方で、以前の権利と義務を保持することができます。

他の二重国籍国

米国が二重国籍の保持を許可しているからといって、すべての出身国が同様に保持を許可するわけではありません。特定の国だけが、米国の帰化市民として誓約した後も、市民がその場所の国民であり続けることを許可しています。

各国には、二重国籍に関する独自の規則があります。したがって、たとえその法律が二重国籍を認めているとしても、各国の詳細な規則を調査することが重要です。米国市民が自国の二重市民になることを許可している国の例には、次のものがあります。

  • カナダ
  • ドミニカ共和国
  • エルサルバドル
  • ベトナム
  • フィリピン
  • イギリス

帰化した米国市民になったときに出身国の市民権を放棄することを要求する国のいくつかには、中国本土とインドが含まれます。ただし、インドでは、元市民がインドの海外市民として登録することが許可されています。

3.米国で二重国籍を取得する方法

米国で二重国籍を取得するには、2つの方法があります。最終的に米国の帰化市民になる移民は、以前の国でも市民権を維持したいと思うかもしれません。さらに、米国で生まれたが、他の場所で生まれた両親がいる一部のアメリカ人も、二重国籍を取得したいと思うかもしれません。

二重国籍を希望する外国人

上で述べたように、米国は帰化の希望者が式典での宣誓で出身国での市民権を放棄することを要求していません。

したがって、新しい米国市民が外国市民権を保持できる国から来ている限り、彼らは二重国籍を保持することができます。

帰化を通じて米国市民権を申請する資格があるかどうかお困りの場合は、DYgreencard.comで個人情報を提供することなく、適格性を無料でご確認いただけます。帰化申請のお手伝いもしております。あなたにしていただくのは、いくつかの簡単な質問に答えて、基本的な書類をフォームにアップロードすることだけです。あとはお任せください!詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

アメリカで生まれ、二重国籍を取得したい人

中には、米国で生まれた人、またはアメリカで生まれた親がいる人がいます。両親が移民だが米国で生まれた場合、そこで許可されていれば、両親の出身国に二重国籍を申請することができます。

さらに、米国外で生まれたが、米国市民である親がいる場合も二重国籍を持つことができます。ただし、二重国籍はそれを保持する人に一定の権利を与えますが、一方で義務もあることを覚えておきましょう。

あなたまたはお子様が米国市民の親を通じて市民権を得る資格があるかどうかお困りですか?DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、適格性を無料でご確認いただけます。

4.二重国籍のメリット

2か国の国民になることのメリットは何でしょうか。 あなたが2つの国の市民である場合、あなたは複数の国で投票または公職に立候補することができ、外国のパスポートを保有することができます。

ただし、二重国籍を持っている場合、特定の活動に参加すると、アメリカ市民でなくなる可能性があります。 これらには、外国の軍隊での奉仕、または米国に対する反逆行為の実行が含まれます。 これらの極端な状況を除けば、複数の国で市民権を取得することは悪いことではないでしょう。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)