兄弟のためのグリーンカードについて知っておくべきこと

更新日08/07/2021

誰もが兄弟とはたくさんの思い出があるので、思いは特別でしょう。 あなたが米国で帰化して米国市民になったとき、兄弟にも同じ権利と特典を取得してあげたいと思うのは自然なことです。 兄弟のグリーンカードを申請するときは、申請パッケージが正確で漏れや欠けがないことを確認する必要があります。 兄弟のグリーンカードについて事前に学んでおくことで、兄弟の合法的な永住権を取得するための請願書の準備時間を短縮できるでしょう。

Green Card for Sibling

DYgreencard.comでは、兄弟のためのグリーンカード申請書作成をお手伝いしています。詳細はこちらをご覧ください。

1.家族ベースのグリーンカード

兄弟のグリーンカードは、家族ベースの移民ビザのカテゴリに分類されます。一般的に、家族ベースのグリーンカードは、合法的な永住者(LPR:グリーンカード所有者)のステータスまたは米国市民権(USC)を持つ人の適格な親族が対象となります。一部の家族ベースの移民ビザでは、申請者がUSCである必要がありますが、その他ではLPRがグリーンカードを申請することが許可されています。

グリーンカード保有者またはUSCは、家族が米国内にいる場合でも、海外に住んで働いている場合でも、配偶者・親・子供・兄弟のために請願することができます。家族ベースのグリーンカード申請のために必要となる証拠は、外国人と請願者との関係性によって異なります。

一般的に、家族のグリーンカードを申請するために使用されるフォームは、I-130、外国人親族のための請願です。兄弟のグリーンカードに関しては、米国市民権のある申請者はI-130フォームに記入し、米国市民権移民局(USCIS)に関係証拠と共に提出します。

2. USCISへの申請で兄弟として適格となるのは誰ですか?

今の時代、世界には多種多様な家族の形がありますが、「兄弟のような」「姉妹と同じ」では兄弟のグリーンカードを取得するのに十分ではありません。 以下の場合グリーンカードの対象となります。

  • 同じ生みの親を持つ兄弟
  • 片方の親が違う兄弟
  • 義兄弟
  • 養子縁組された兄弟

一部の兄弟のグリーンカード申請では、米国市民とグリーンカード申請者との家族関係をさらに確固としたものにするために、両親の結婚または離婚証明書または養子縁組証明書が必要になる場合があります。

兄弟のグリーンカードを申請する資格があるかどうかお困りですか?DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、適格性を無料でご確認いただけます。申請書はUSCISによる承認を確実にするために、熟練した移民弁護士によって慎重に確認・審査されます。 詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

3.兄弟のためのグリーンカード

ほとんどの米国市民は、生まれつきであっても帰化であっても、兄弟のためにグリーンカードを申請することができます。ただし、請願者は21歳以上である必要があります。

米国市民請願者の資格

家族のためのほとんどのグリーンカード申請と同様に、21歳以上のUSCは、フォームI-130に記入して、USCISに兄弟へのグリーンカードの付与を依頼する手続きを開始します。

グリーンカードのカテゴリ

兄弟のためのグリーンカードは、家族ベースの移民カテゴリのF4、4番目の優先順位のカテゴリに分類されます。これは、配偶者・親・21歳未満の未婚の子供などごく近い親族が利用するグリーンカードとは異なります。

各優先カテゴリには、グリーンカード(移民ビザ番号)がいつ利用可能になるかについて異なるタイムラインがあります。兄弟のグリーンカードは4番目の優先順位であるため、合法的な永住権を取得するための処理時間は長くかかる傾向にあります。移民ビザ番号がF4カテゴリで利用可能になるまで、平均して10〜15年かかります。

必要な証拠

フォームI-130に記入し、535ドルの提出手数料をUSCISに支払うことに加えて、米国市民は、I-130申請が承認されるよう、担当者を納得させられる証拠を提出する必要があります。

このような証拠には、米国の州の出生証明書または帰化証明書、有効な米国のパスポートなどの米国市民権の証拠、および共通の親を示す2つの出生証明書などの兄弟関係の証明が含まれます。共通の親が父親である場合、正当な子供であることを証明するために、出生の親の結婚証明書または離婚証明書が必要です。

同じ生みの親を持つ兄弟、片方の親が違う兄弟、義兄弟のグリーンカードを申請する資格があるかどうかお困りですか?DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、資格を無料でご確認いただけます。

4.兄弟のためのグリーンカードの処理時間

「兄弟のグリーンカードの処理時間はどれくらいですか?」に対する答えは、「状況によります」です。兄弟グリーンカードの処理時間は、さまざまな要因による影響を受けます。

フォームI-130の処理時間

フォームI-130の処理時間は、数か月から数年かかる場合があります。次に、USCISから追加の書類を要求する証拠要求(RFE)レターがないと仮定すると、次は移民ビザ番号の待機になります。

兄弟グリーンカードのビザ番号

承認されたI-130請願書があっても、ビザ番号が利用可能になるまでグリーンカードは申請することができず、これには時間がかかる場合があります。兄弟のためのグリーンカードは家族ベースの移民ビザの中で4番目と、最も低い優先順位であるからです。

毎年65,000をやや超える兄弟ビザ番号が利用可能となります。多くの国では、兄弟のグリーンカードまで約14年待つ必要がありますが、ある国では20年以上の処理時間がかかります。したがって、兄弟のグリーンカードを申請するのが早ければ早いほど、ビザ番号を取得するのが早くなるでしょう。

ビザ番号が利用可能になったら

米国に住んでいる米国市民の兄弟は、移民ビザ番号が利用可能になったときに、フォームI-485、ステータスの調整または永住権の登録の申請を提出できます。 I-485申請書の提出には、合法的な入国をしていることやI-485の提出日まで法的ステータスを維持していることなど、適格であるための前提条件があります。DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、適格性を無料でご確認いただけます。

兄弟が米国外に住んでいる場合、移民ビザ番号が利用可能または利用可能に近くなると、国立ビザセンター(NVC)から移民ビザを申請するよう通知が来ます。この手続きは領事館手続きとして知られています。領事館手続きについては、領事館手続きを通じてグリーンカードを申請の記事をご参照ください。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)