グリーンカード申請における共同スポンサーが知っておくべきこと

更新日07/04/2021

家族ベースのグリーンカード、または他の特定の移民カテゴリーを申請するとき、申請者は自分たちを経済的に保証してくれる人を必要とします。 グリーンカード申請者は、フォームI-864の宣誓供述書のために、スポンサー、多くの場合、フォームI-130またはI-129Fの請願書を提出した配偶者またはその他の近親者が必要です。 I-864のスポンサーが、スポンサーとしての資格を得るのに十分な収益または資産を持っていない場合は、共同スポンサーが必要になります。 共同スポンサーになることを志願する前に、その義務を完全に理解できるよう情報を集めるべきでしょう。

I-864 Joint Sponsor

1.共同スポンサーはいつ必要ですか?

I-864共同スポンサーは、米国市民または合法的な永住者の請願者がサポートの宣誓供述書を提出したが、彼らの収入または資産が貧困ガイドラインを十分に超えていない場合に必要になることがあります。

共同スポンサーは、米国政府と法的拘束力のある契約に署名し、必要に応じて、サポート宣誓供述書の元のスポンサーとともに、移民希望者を経済的に支援する責任を負うことを約束します。

2.共同スポンサーになることができるのは誰ですか?

共同スポンサーになることができるのは、18歳以上で米国に居住している米国市民または合法的な永住者(グリーンカード所有者)のみです。さらに、共同スポンサーとしての資格を得るには、個人が給与または消費可能な資産が連邦貧困ガイドラインの少なくとも125%あることを示す必要があります。他のスポンサーと年収を合算することはできません。共同スポンサーの収入または資産がスポンサーシップの要件を満たしているかどうかを判断するには、I-864宣誓供述書の記事「収入または資産の要件」をご確認ください。

一般的に共同スポンサーは、グリーンカード申請者と関係のある人です。これは、共同スポンサーがグリーンカード申請者の経済的バックアップになるためと考えられます。それでも、グリーンカード申請者との強固な関係がなくても、共同スポンサーになることは出来ます。

I-864スポンサーまたは共同スポンサーになる資格があるかどうかお困りですか?熟練した移民弁護士との相談をお手頃な価格で予約しましょう!

3.共同スポンサーの義務は何ですか?

共同スポンサーの義務は、以下を含む、I-864宣誓供述書のスポンサーの義務と同じです。

公費給付の返済

I-864共同スポンサーは、支援を受ける移民が受け取った福祉やSNAPなどの公益を返済する法的責任を負います。 共同スポンサーが費用を返済しない場合、政府はスポンサーを訴え、返済のための裁判所命令を出すことができます。

住所変更の報告

USCISは、フォームI-864の宣誓供述書に記載されている申請者の経済的責任を負うスポンサーである期間中、共同スポンサーの住所が必要となります。 引っ越したことをUSCISに知らせなかった場合、民事罰の対象となる可能性があります。

4.共同スポンサーはサポートをやめることができますか?

グリーンカード申請がUSCISによって承認されるか、移民希望者が移民ビザで米国に入国するとすぐにスポンサーシップの義務が開始されるため、共同スポンサーになることに同意する前に、慎重に検討する必要があります。 言い換えれば、共同スポンサーが支援を撤回したい場合、移民希望者が合法的な永住者になる前に、書面でUSCISまたはNVC(該当する場合)に通知しなければなりません。 移民希望者が合法的な永住者になると、共同スポンサーは支援を撤回できず、移民が離婚した場合でも支援義務は変わりません。

5.共同スポンサーの義務はいつ終了しますか?

共同スポンサーの期間は、次のいずれかの事象が発生したときに終了します。

  • 死亡(支援を受ける移民または共同スポンサーのいずれか)
  • 支援を受ける移民が米国市民になった
  • 支援を受ける移民が、米国で40四半期働いた
  • 支援を受ける移民が永住権を放棄した

支援する移民希望者が国外退去の対象となった場合、必要に応じて新しいI-864宣誓供述書とともに移民が永住権の新しい許可を受けると、その共同スポンサーは義務が終了します。

6.共同スポンサーになるには?

グリーンカード申請者に共同スポンサーが必要となった場合、共同スポンサーはUSCISフォームI-864、サポートの宣誓供述書に記入する必要があります。

フォームI-864で提出する必要のある証拠には、米国市民権または合法的な永住権の証明の写し、最新の連邦税申告書、および共同スポンサーの最新のW-2または1099(ある場合)が含まれます。共同スポンサーの直近の2通の給与明細書と、共同スポンサーとグリーンカード申請者との関係を簡単に説明するスポンサーシップ陳述書も、説得力のある優れた証拠となります。これらの書類によって、グリーンカード申請者を経済的に支援することができ、政府の援助による生活保護の対象とならないようにするという共同スポンサーの主張を裏付けることが出来ます。

DYgreencard.comでは、USCIS(該当する場合はNVC)の要件を満たす関係書類と、I-864サポート宣誓供述書の作成をお手伝いしています。移民弁護士によって慎重に確認・審査されるため非常に正確なものとなります。詳細をご覧になるか、早速始めましょう

7.共同スポンサーと代理スポンサーの違いは何ですか?

共同スポンサーと代理スポンサーは同じものではありません。上記のように、共同スポンサーは、元のI-864スポンサーが必要な収入または資産が基準を満たしていない場合にのみ必要です。

代理スポンサーは、フォームI-864の元の署名者が亡くなった場合に介入します。代理スポンサーは、亡くなったスポンサーのI-864フォームと証拠に頼ることはできず、フォームI-864、サポートの宣誓供述書、および経済的安定性を証明する証拠を提出する必要があります。

共同スポンサーと代理スポンサーはどちらも法律の下で同じ義務の対象となります。したがって、連邦貧困ガイドラインを125%上回る収入があるか、適格な消費可能資産を持っている場合にのみ、I-864フォームが承認されます。

スポンサーの種類に関係なく、I-864フォームに署名して法的拘束力のある経済的責任を締結する前に、その義務についてよく知ることが大切です。

DYgreencard.comでは、I-864サポート宣誓供述書の作成をお手伝いしています。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)