子供にグリーンカードを取得する方法

更新日08/29/2021

愛情深い親として、私たちは子供たちが受けることができる利益を最大化したいと願っています。 その1つは、子供のグリーンカードです。 グリーンカードを取得することで、子供たちは合法的な米国の永住者になることができます。 グリーンカードがあれば、子供は米国に住んで働き、特定の健康、教育、その他の給付を受ける権利を得ることができます。

Green Card for Child

グリーンカード取得における「子供」の定義

子供のグリーンカードを取得する方法

この記事では、子供のグリーンカードを取得するための次の4つの方法を検討します。

  1. 近親者としての子供
  2. 家族ベースの優先カテゴリーの下で近親者ではない子供
  3. 派生的給付
  4. Following-to-Joinの給付

グリーンカード取得における「子供」の定義

子供のグリーンカードを取得するためのさまざまな方法を検討する前に、グリーンカード取得における米国移民法の下で「子供」の定義を知ることは役に立つでしょう。

子供とは、未婚で21歳未満であり、次のいずれかの条件を満たす人と定義されます。

  • 嫡出で生まれた遺伝的な子供(子供の両親は結婚していた)。
  • 嫡出から生まれた遺伝的な子供(子供の両親は結婚していなかった)、および(a)子供の母親が子供にグリーンカードの取得を申請している、または(b)子供の父親が子供にグリーンカードの取得を申請している(i)子供または父親の居住地の法律に基づいて子供は18歳の誕生日の前に合法化されている、または(ii)以前に存在していた父親との正真正銘の親子関係が、子供の21歳の誕生日より前で子供が未婚のときにあった
  • 生殖補助医療(ART)を通じて非遺伝的な母親に生まれた子供で、関連する法域の法律に基づいて、子供の出産時に子供の合法的な親となった。 ARTには、体外受精などの技術による性交なしの生殖が含まれます。
  • 継子、継子関係を成す結婚が、子供が18歳になる前に発生した場合。または
  • 養子縁組された子供。16歳になるより前に養子縁組され、養子縁組の親が子供の法的監護権を持ち、子供が21歳に達する前までに少なくとも2年間子供と一緒に住んでいる。

結婚している、または21歳以上の子供は、グリーンカードの目的で「子供」の定義に該当せず、代わりに「息子」または「娘」として定義されます。ただし、以下に説明するように、「息子」または「娘」がグリーンカードを取得することは依然として可能です。

1.近親者としての子供

「近親者」としての資格を持つ子供は、おそらくグリーンカードを取得するのが最も簡単です。

子供が1)未婚で2)21歳未満であり、3)米国市民の親がいる場合、子供は米国市民の親の近親者としてグリーンカードの資格を得ることができます。

近親者のグリーンカード申請件数は無制限で、いつでも利用できます。 したがって、米国市民の子供のためのグリーンカードは無制限であり、子供が未婚で21歳未満の場合はいつでも利用できます。

直接の相対的な関係を持っていることに加えて、子供のためのグリーンカードを取得するための他の資格要件があります。 DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、資格を無料でご確認いただけます。

近親者の子供が米国に居住しているかどうかに基づいてグリーンカードを取得する方法には、2つの方法があります。

ステータスの調整

近親者の子供が米国に居住し、合法的に米国に入国している場合(ステータスの有無に関係なく)、子供は「ステータスの調整」手続きを通じてグリーンカードを取得できます。

ステータスの調整の手続きには重要な書類が2つあります。

まず、米国市民の親は、フォームI-130「外国人の親族への請願書」を米国市民権移民局(USCIS)に提出する必要があります。フォームI-130は、米国市民の親と子の間の直接の相対関係を証明するものです。フォームI-130には535ドルの申請手数料がかかります。

次に、フォームI-130と同時/保留中/承認後、子供はフォームI-485「永住権の登録またはステータスの調整の申請」をUSCISに提出する必要があります。実際には、フォームI-130とI-485を同時に提出することを強くお勧めします。

フォームI-485で提出しなければならない書類やその他の証拠には、フォームI-797の写し、承認または受領通知、フォームI-130の場合、パスポート様式の写真2枚、子供の写真付きの政府発行の身分証明書の写し、子供の出生証明書の写し、米国への合法的な入国を証明する文書、該当する場合は子供のすべての刑事告発、逮捕、または有罪判決の証明された警察および裁判所の記録が含まれます。

子供が14歳未満の場合、フォームI-485には、750ドル(少なくとも1人の親のフォームI-485と提出された場合)または1,140ドル(少なくとも1人の親のフォームI-485と提出されていない場合)の申請手数料が必要です。子供が14歳以上の場合、フォームI-485には1,140ドルの申請手数料と、85ドルの生体認証手数料が必要です。

領事館手続き

近親者の子供が米国外にいる場合、子供は「領事館手続き」を通じてグリーンカードを取得できます。

領事館手続きには、米国外の米国国務省領事館でグリーンカードを取得するための申請が含まれます。

近親者がグリーンカードを取得するための領事館手続きには、USCISへのフォームI-130の提出、フォームDS-260およびI-864サポートの宣誓供述書を国立ビザセンター(NVC)へ提出、米国領事館での移民ビザ面接、および子供が米国に到着した際の米国税関国境警備局への「ビザパケット」の配達を含むいくつかのステップが含まれます。

フォームI-130の535ドルの申請手数料に加えて、領事館手続きに関連してNVCが請求する325ドル+120ドルの申請処理手数料とUSCISが請求する220ドルの移民手数料もあります。

領事館でのグリーンカードの取得について詳しくは、「領事館でグリーンカードを申請」の記事をご覧ください。

DYgreencard.comでは、フォームI-130のみ、または他の書類と組み合わせたI-130&I-485の準備をお手伝いしています。あなたにしていただくのは、いくつかの質問に答えて、プラットフォームに書類をアップロードすることだけです。あとはお任せください!さらに、熟練した移民弁護士が質問にお答えし、USCISによる承認を確実にするために申請パッケージを全て確認します。詳細をご覧になるか、今すぐ申請を始めましょう

2.家族ベースの優先カテゴリーの下で近親者ではない子供

子供が直接の親族としての資格を持たない場合でも、グリーンカードを取得するまでの道のりは長くなりますが、取得することは可能です。

4つの状況において、近親者ではない子供は、米国移民法の「家族ベースの優先」カテゴリの下でグリーンカードを取得できます。これらの4つの状況は次のとおりです。

  • 子供は未婚で21歳以上であり、米国市民の親がいる。子供(息子と娘)は、F1(第一優先)の家族ベースの優先カテゴリに属す。
  • 子供は未婚で21歳未満であり、永住者(米国のグリーンカード所有者)の親がいる。このような子供は、F2A(第二優先)の家族ベースの優先カテゴリに属す。
  • 子供は未婚で21歳以上であり、永住者(米国のグリーンカード保持者)の親がいる。子供(息子と娘)は、F2B(第二優先)の家族ベースの優先カテゴリに属す。そして;
  • 子供は結婚しており、米国市民の親がいる。子供(息子と娘)は、F3(第三優先)の家族ベースの優先カテゴリーに属す。

要約すると、家族ベース優先カテゴリの下で:

1)米国市民の子供が21歳以上であるか、結婚している場合は、グリーンカードを取得できる。そして;

2)永住者(米国のグリーンカード保有者)の子供が未婚で21歳未満または21歳以上の場合、グリーンカードを取得できる。

既婚の子供は、米国市民の親がいる場合にのみ、家族ベースの優先カテゴリの下でグリーンカードの資格を得ることができる。永住者の親がいる場合は資格がない、となります。

近親者向けのグリーンカードとは異なり、家族ベースの優先カテゴリのグリーンカードは数が制限されているため、すぐに利用できるとは限りません。子供は、特定の家族ベースの優先カテゴリでグリーンカードが利用可能になるまで「並んで待つ」必要があります。

家族ベースの優先カテゴリでのグリーンカードの利用可能性は、主に、該当する家族ベースの優先カテゴリに割り当てられたグリーンカードの数、そのような家族ベースの優先カテゴリでのグリーンカードの需要、子供の出生国(特定の国のグリーンカードの制限)、および子供の該当する「優先日」によります。ほとんどの場合、子供の該当する「優先日」は、子供に関するフォームI-130が提出された日付になります。

米国国務省は、家族ベースの各優先カテゴリのグリーンカードで利用できる「優先日」を示すビザ速報を毎月発行しています。

優先日が現在の場合、家族ベースの優先カテゴリのグリーンカードを取得するための具体的な手順は、子供が米国に居住しているかどうかによって異なります。米国に所在し、法的ステータスを維持している場合はステータスの調整手続きを、米国に所在しない場合は、領事館手続きを通すことになります。

DYgreencard.comでは、米国市民でも合法的な永住者でも、子供のあらゆる種類の家族ベースのグリーンカード申請書準備を手頃な価格でお手伝いをしています。あなたにしていただくのは、いくつかの簡単な質問に答えて、カスタマイズした書類をオンラインプラットフォームにアップロードすることだけです。さらに、移民弁護士があなたの質問にお答えし、USCISに提出する前には申請書を慎重に確認します。詳細はこちらをご覧ください。

3.派生的給付

派生給付は、子供のためのグリーンカードを取得するための別の方法です。

派生給付の概念は、子供の親が移民給付を取得すると同時に、子供が移民給付を「派生的に取得」できるというものです。

派生した子供は、子供の親申請者と同じカテゴリのグリーンカードを受け取ります。これにより、子供優先カテゴリが親より高くなり、それによってグリーンカードを取得するまでの期間がより短くなることがあります。

子供のための派生的給付は、家族ベースの移民、雇用ベースの移民、難民または亡命ベースの移民、および多様性ビザプログラム(グリーンカード抽選として知られている)で利用できます。派生的給付を利用するには、通常、子供は未婚で21歳未満である必要があります。これにおいて、親のグリーンカード申請が承認される前に、子供が「年をとる」、つまり21歳に達するという心配があるかもしれません。

議会はこの問題に対処するために2002年に児童状態保護法(CSPA)を可決しました。 CSPAは、移民における子供の定義を変更しませんが、特定の子供が21歳の誕生日後も派生給付の資格を得ることができるように、子供の「CSPA年齢」の計算を提供しています。 CSPAの詳細については、「CSPAで子供の年齢を計算する方法」の記事をご覧ください。

家族ベースのグリーンカード申請者の子供

子供の親が家族ベースの移民カテゴリー(F1、F2、F3、F4)のいずれかの下で主要なグリーンカード申請者である場合、子供は親の扶養家族としてグリーンカードを取得する資格があります。子は、Follow-to-joinを利用して、同時にまたは後で親と一緒に移住することができます(詳細は次の項をご参照ください)。

雇用ベースのグリーンカード申請者の子供

子供の派生給付は、子供の親が雇用ベースのグリーンカードを申請し、それ以外に子供がグリーンカードを取得できない場合に特に役立ちます。雇用ベースのグリーンカードには次のものがあります。

  • EB-1(優れた能力の労働者、特定の教授と研究者、および特定の多国籍マネージャーと幹部向け)
  • EB-2(高度な学位を持つ特定の専門家向け)
  • EB-3(専門家および熟練労働者向け)
  • EB-4(特定の宗教労働者向け)
  • EB-5(特定の投資家向け)

難民または亡命者の子供たち

米国で難民または亡命を許可された親を持つ子供には、グリーンカードを取得するための追加の道があります。

亡命は、命が危険にさらされている人が米国に避難することを可能にする法的手続きです。難民と亡命者の違いは、難民は米国外にいる間に地位を与えられ、一方、亡命者は米国内から主張をするということです。

21歳未満の未婚の子供は、次の要件が満たされている場合、難民または亡命者の子供としてグリーンカードの資格を得ることができます。

  • 子供は、難民または亡命者がステータスを受け取った時点で、該当する難民または亡命者の親の子供である必要があります。したがって、少なくとも、該当する親が難民または亡命のステータスを受け取った時点で、子供は生まれているか妊娠している必要があります。
  • 第二に、親は主要な難民または亡命者であり、派生的な難民または亡命者ではない必要があります。
  • 第三に、親は他人を迫害してはなりません。

子供のための派生的利益を受け取るには、親は子供を難民または亡命申請書に含めるか、フォームI-730「難民/亡命者の相対的請願書」を提出する必要があります。フォームI-730では申請手数料はかかりません。フォームI-730は通常、親が難民または亡命のステータスを取得してから2年以内に提出する必要があります。

子供が派生難民または亡命資格を付与された後、子供はフォームI-485を提出して、米国に1年間滞在した後、グリーンカードを取得できます。難民または亡命のステータスに基づいたグリーンカードの申請の詳細については、こちらをクリックしてください。

DYgreencard.comでは、難民または亡命のステータスに基づいて、完全なI-485申請をUSCISに提出する準備をお手伝いしています。すべての申請書類は、専門の移民弁護士によって確認されます。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

グリーンカード抽選申請者の子供たち

特定の国で生まれた人々は、グリーンカード抽選としても知られている移民多様化ビザ抽選(DV抽選)と呼ばれるプログラムを通じてグリーンカードを取得できる場合があります。 毎年、米国国務省(DOS)は、約55,000人の移民に、このプログラムを通じて米国で合法的な永住権(グリーンカード)を取得する機会を提供しています。 メキシコ、中国本土、インド、フィリピン、ベトナムのような移民が多い国は、移民多様化ビザプログラムのリストに含まれていません。

子供の親が移民多様化ビザプログラムで選ばれた場合、子供は親と一緒に米国に移住することができ、したがってグリーンカードを取得することができます。

4. Following-to-Joinの給付

さまざまな理由により、子供が同時に米国に移住できないことがあるでしょう。その場合に、Following-to-joinのプログラムを利用して、子供のグリーンカードを取得することができます。Following-to-joinでは、子供がすでにグリーンカードを持っている親を「フォロー」し、子供自身のグリーンカードで米国の親に「ジョイン」することができます。

このプログラムの下で子供のためのグリーンカードを取得するために満たされなければならないいくつかの要件があります。

  • まず、子供は未婚で21歳未満である必要があります。
  • 次に、子供の親は、家族ベースの優先、雇用ベースの優先、または移民多様化ビザ抽選を通じてグリーンカードを取得している必要があります。子供の親が近親者の請願に基づいてグリーンカードを取得した場合、その子供はFollowing-to-joinの特典を受ける資格がありません。
  • 第3に、子供の親がグリーンカードを取得する前に、子供が生まれたか妊娠していた必要があります。親がグリーンカードを取得した後に子供が生まれた、または妊娠した場合、子供はFollowing-to-joinを受ける資格がありません。

フォームI-824「承認された申請または請願に対する行動の申請」で申請します。フォームI-824の提出手数料は465ドルです。状況によっては、フォームI-824を提出するか、フォームI-130を提出することにより、子供用のグリーンカードを取得できます。どちらに進むべきかわからない場合は、移民弁護士に相談しましょう。

子供のグリーンカードを取得するにはさまざまな方法がありますが、DYgreencard.comでは、実際の状況に基づいて最善のアプローチし、必要なすべてのフォームを準備するお手伝いをしています。米国市民の子供のためのグリーンカード、​​永住者の子供のためのグリーンカード、​​またはその他の方法で、子供のためのグリーンカードを取得したい場合は、熟練した移民弁護士との無料相談をぜひご検討ください。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)