子供のためのIR2ビザ

更新日 10/16/2022

親は子供のために最善を尽くしたいと思うものです。

親が子供たちを助けたいと思うことの1つに、米国の移民に関する問題があります。

ある親は、子供たちが米国で住んだり、働いたりすることを望むかもしれません。

またある親は、教育のための経済的支援 (財政的支援や授業料の引き下げを含む) など、子供たちが米国での利点を享受できるようにしたいと考えるかもしれません。

子供たちは、IR2 ビザを取得することで、米国内でこれらの利点やその他の利点を享受することができます。

この記事では、IR2 ビザについて説明します。

IR2 VISA

子供のグリーンカードとしてのIR2ビザ

IR2 ビザは、特定の資格のある子供のために発行される、米国移民システム内のグリーンカードです。

グリーンカードがあれば、子供は米国に永住し、米国で永久に働き、教育のための経済的援助 (財政援助と学費の軽減を含む) を受けることができます。さらに、グリーンカードは、米国で特定の連邦政府および州政府の給付(社会保障を含む)を受け取る権利、米国への出入りをより容易にする権利、および他の家族のメンバーのグリーンカードのスポンサーとなる権利を、子供に与えてくれます。

IR2 ビザの名前は、米国移民目的のステータスに由来しています。

名前の「IR」の部分は、IR2 ビザが「近親者」のグリーンカードであることを意味します。近親者グリーンカードは、年間クォータの対象ではありません。そのため、近親者グリーンカードは、他の種類のグリーンカードよりも取得が容易です。

名前の「2」の部分は、IR2 ビザが近親者グリーンカードの 2 番目のタイプであることを意味します。 IR2 ビザは、IR1 ビザ (米国市民の配偶者向け)、IR3 ビザ (米国市民によって海外で養子縁組された孤児向け)、IR4 ビザ (養子縁組される孤児向け)、IR5 ビザ (21 歳以上の米国市民の両親向け)など、他のタイプの「IR」ビザと区別することができます。

IR2ビザの資格

では、IR2ビザの資格要件は何でしょうか?

一般要件

簡単に言うと、IR2ビザは、(i) 未婚 (ii) 子供 (iii) 21歳未満 (iv) 米国市民の子供 の場合に利用ができます。

子供が結婚している場合 (米国移住用語で「息子」または「娘」として知られています)、子供はIR2ビザの資格を取得できません。ただし、以下に説明するように、そのような子供は特定の「家族優先」グリーンカードの対象となる場合があります。

子供が 21 歳以上の場合 (米国移住用語では「息子」または「娘」とも呼ばれます)、子供は IR2 ビザの資格を取得することができません。ただし、以下に説明するように、そのような子供は特定の「家族優先」グリーンカードの対象となる場合があります。

子供の親が米国市民でない場合、子供はIR2ビザの資格を得ることができません。ただし、以下に説明するように、そのような子供は特定の「家族優先」グリーンカードの対象となる場合があります。

対象となる子供

IR2 ビザの資格を得る際の重要な問題は、資格のある子供がいるかどうかです。未婚で 21 歳未満 (上記の通り) であることに加えて、子供は次の条件を満たしている必要があります。

  • 嫡出で生まれた遺伝的子供。
  • 非嫡出子で、(a) 母親が請願している、(b) 父親が請願しており、親子関係が父または子の18歳の誕生日前に居住していた場所の法律に基づいて合法化されている。または (c) 父親が請願しており、子の 18 歳の誕生日の前に適用法に基づいた親子関係が正当化されておらず、かつ、未婚の子の 21 歳の誕生日の前に真正な親子関係が存在していた。
  • 関連法域の法律の下で、子供の出生時に子供の法的親として認められている、遺伝的でない妊娠中の母親から生殖補助医療を通じて生まれた子供。
  • 義理の子供。義理の関係を築く結婚が、子供が 18 歳になる前に行われた場合に限る。
  • 子供が 16 歳より前に養子縁組された場合 (その子供が、18歳より若く、また16 歳の誕生日の前に同じ親によって(a) 養子家族ベースの請願プロセスを通じて移民した または (b) 同じ親による養子縁組に基づく孤児として移民した別の子供の兄弟である)。また、養親は 2 年間の法的親権および共同居住要件を満たしている場合。

IR2 ビザの取得方法

すべてのグリーンカード申請と同様に、IR2 ビザを取得するには特定の手順に従う必要があります。

フォーム I-130 の提出

IR2 ビザ申請の最初のステップは、フォーム I-130、外国人親族のための請願書を作成して提出することです。

フォーム I-130 は、「受益者」として知られる子供のために、「請願者」として知られる後援する米国市民の親によって作成および提出されます。フォーム I-130 は、米国市民権移民局 (「USCIS」) に提出されます。

フォーム I-130と共に提出する書類

フォーム I-130 では、次のような特定の書類も提出する必要があります。

  • 請願者が米国で生まれたことを示す出生証明書の写し、帰化証明書または USCIS 発行の市民権証明書の写し、フォーム FS-240、領事館の出生届の写し、海外出生届、有効期限が切れていない米国パスポートのコピー、または請願者が有効なパスポートを持つ米国市民であることを証明する米国領事館職員の声明の原本など、請願者の米国市民権を証明するための書類。
  • 請願者が受益者の母親であることを証明するため、該当する場合は、請願者と受益者の名前を示す受益者の出生証明書のコピー。
  • 申立人が受益者の父親であることを一般的に証明するため、該当する場合は、両親の名前が記載された受益者の出生証明書の写しと、受益者の母親への申立人の結婚証明書または離婚届、および該当する場合には両親の以前の婚姻の法的終了の証拠。
  • 受益者が非嫡出子である場合、請願者が受益者の父親であることを証明するため、該当する場合は、(a) 親子関係が請願者または受益者の居住地の法律に従って正当化されているという証拠。 (b) 受益者の 18 歳の誕生日の前に適用法に基づいて親子関係が正当化されていない場合、未婚である受益者の 21 歳の誕生日の前に真正な親子の絆があったという証拠(請願者が受益者と同居している、受益者を支援している、または受益者の福利に継続的な親の関心を示しているという証拠を含む)。
  • 継父母と継子の関係を証明するため、該当する場合は、受益者が 18 歳になる前に結婚したことを示す、申立人の継父母と受益者の実の親との結婚証明書の写し、以前の結婚が法的に終了したことを示す書類 (該当する場合)、受益者の出生証明書。
  • 養子縁組に基づく親子関係を証明するため、該当する場合は、受益者が 16 歳になる前に養子縁組が行われたことを示す養子縁組証の写し (他の子供の 16 歳の誕生日の前に実の兄弟の養子縁組に基づく場合) 、受益者が 18 歳になる前に養子縁組が行われたことを示す養子縁組令証明書の写し)、および受益者が、受益者を養子にした両親の法的な監護下にあり、少なくとも 2 年間一緒に住んでいたという証拠。

他の形式の証拠が決定的でないことが判明した場合、請願者は、生みの親と出生と子の関係を示す他の証拠を自発的に提出することができます。これには DNA 検査が含まれます。

DYgreencard.com では、子供のために I-130 請願書を提出する資格があるかどうかを、無料で確認することができます。面倒な登録や、個人情報やクレジットカード情報の登録も必要ありません。今すぐ試してみてください

IR2 ビザの処理

フォーム I-130 が提出された後、IR2 ビザの処理は、子供が米国外に居住しているか、米国に居住しているかに基づいて、2 つの異なる経路をたどります。

子供が米国外に居住している場合、IR2 ビザは領事手続きの対象となります。領事手続きでは、USCIS がフォーム I-130 を承認すると、USCIS は承認されたフォーム I-130 を米国国務省のナショナルビザセンター (「NVC」) に送信します。 NVC は子供のケースにビザ番号を発行し、子供が住んでいる国の該当する米国大使館または領事館にケースを送ります。前述のように、子供向けの他のグリーンカード申請 (後述) とは異なり、IR2 ビザは近親者グリーンカードであるため、年間割り当て制限はなく、子供の場合はすぐにビザ番号を取得することができます。 (遅延を避けて)

領事手続きでは、子供は移民ビザ申請料とサポート宣誓供述料を支払い、フォーム DS-260、移民ビザおよび外国人登録の申請書をNVC の電子申請センターから提出する必要があります。フォーム DS-260 が提出された後、子供が 16 歳以上の場合は、パスポート、写真、出生証明書、警察証明書など、さまざまな補足書類を提出するよう指示されます。フォームI-864 サポート宣誓書と、その補足文書も提出する必要があります。

子供が米国にいる場合、IR2 ビザは領事手続きの対象ではありません。代わりに、IR2 ビザの処理はステータスの調整を通じて行われます。ステータスの調整とは、子供のステータスが、以前は合法的に米国に入国していたビザのカテゴリーから、IR2 ビザに基づく米国のグリーンカード保持者のステータスに変更されることを意味します。

ステータスの調整の下で、子供はフォーム I-485、永住権の登録またはステータスの調整の申請書を USCIS に提出する必要があります。 (USCIS はステータスの調整手続きを処理します) フォーム I-485 には、子供に関するさまざまな情報が必要です。フォーム I-485 では、子供はパスポート、写真、出生証明書、合法入国の証明など、さまざまな書類やその他の証拠も提出する必要があります。フォームI-864 サポート宣誓書とその補足書類は、フォーム I-485 と一緒に提出する必要があります。「近親者」グリーンカード申請としての IR2 ビザ申請が、他の種類の子供のためのグリーンカード申請(後述)に勝る部分は、親がフォーム I-130を提出すると同時にフォーム I-485 を提出できることです。これは「同時出願」として知られています。実際、子供が米国内にいる場合は、フォーム I-485 と一緒にフォーム I-130 を提出することを強くお勧めします。同時に提出することで、時間を節約できるだけでなく、USCIS の現地事務所でステータスの調整のための面接を避けることもできます。

領事手続きとステータスの調整、いずれの場合にも、子供は認可された医師による健康診断のスケジュールを立てて完了し (子供が 15 歳未満の場合は、健康診断はそれほど広範囲ではありません)、指紋を採取されます (子供が 14 歳以上の場合)。

領事手続きの場合は、子供は米国大使館または領事館において、移民ビザの面接に出席する必要があります。面接では、親子関係の正当性を証明するために、親子関係について質問がされます。 IR2 ビザを含むすべてのグリーンカード申請において、面接はグリーンカード申請が承認されるかどうかを決定する、重要な役割を果たします。

IR2 ビザの取得にはどのくらいの時間がかかるのか?

IR2 ビザのケースはそれぞれ異なり、個々の状況によっても異なりますが、IR2 ビザを取得するのにかかる平均時間は 6 ~ 24 ケ月と推定されます。

処理時間は、時間の経過とともに頻繁に変化するため、IR2 ビザの処理を開始する前に、IR2 ビザ申請の現在の処理時間を確認することをお勧めします。

IR2 ビザを取得するにはどのくらいの費用がかかるのか?

以下は、IR2 ビザに関連して必要な主な申請手数料の概要です。

  • フォーム I-130 – 535 ドル。
  • フォーム DS-260 – 445 ドル (ビザ申請処理料金 325 ドルと支援宣誓供述書 120 ドルで構成される)。
  • フォーム I-485 – 1,140 ドル (ただし、14 歳未満の子供で、少なくとも 1 人の親に対して提出する場合は 750 ドルのみ)。
  • 生体認証サービス料金 – 85 ドル (子供が 14 歳以上の場合)。
  • 健康診断料 (約 300 ドルから 600 ドル)。

さらに、IR2 ビザを取得するには、IR2 ビザに関する事前の知識、経験、専門知識を持っている人のアドバイスやサポートが必要になる場合があるため、IR2 ビザの申請を支援するために弁護士または移民コンサルタントを雇うことをお勧めします。このような弁護士や移民コンサルタントの費用は、IR2 ビザを取得するための総費用を決定する際に考慮する必要があるでしょう。

子供のためのその他のグリーンカード

IR2 ビザは、子供向けのグリーンカードの 1 種類にすぎません。以下は、子供のための、他に可能性のあるグリーンカードのリストです。:

  • 米国市民の 21 歳以上の未婚の子供 (息子と娘) は、いわゆる「F1 第一優先」ビザの資格を得ることができます。
  • 米国グリーンカード保持者の 21 歳未満の未婚の子供は、いわゆる「F2A 第二優先」ビザの資格を得ることができます。
  • 米国のグリーンカード保持者の 21 歳以上の未婚の子供 (息子と娘) は、いわゆる「F2B 第二優先」ビザの資格を得ることができます。
  • 米国市民の既婚の子供 (息子と娘) は、いわゆる「F3 第三優先」ビザの資格を得ることができます。

「家族優先」グリーンカードとして知られるこれら 4 つのビザは、IR2 ビザの資格を得ることができない子供の、他の選択肢と言えるでしょう。

子供が 21 歳以上で IR2 ビザの資格がない場合でも、子供が未婚の場合には、「F1 第一優先」ビザ (米国市民の親がいる場合) または「F2B 第二優先」ビザ (米国のグリーンカード保持者の親がいる場合)の資格を得ることができます。

子供の親が米国のグリーンカード保持者であるために IR2 ビザの資格を得ることができない場合、子供が 21 歳未満であれば、「F2A 第二優先」ビザの資格を得ることができる場合があります。

子供が結婚しているため、IR2 ビザの資格を得ることができない場合、子供は「F3 第三優先」ビザの資格を得ることができる場合があります。 (米国市民の親がいる場合)

ただし、これらの家族優先グリーンカードは、IR2 ビザ (近親者グリーンカードとして) よりも一般的に取得に時間がかかることに注意しましょう。なぜなら、これらの家族優先グリーンカードは、年間発行数の割り当ての対象になるのと、すぐに利用できるビザ番号が発行されないためです。 F1、F3、および F2B ビザのカテゴリーでは、フォーム I-485 とフォーム I-130 (ステータス調整中) の同時提出は利用できません。 F2A ビザのカテゴリーについては、国務省が毎月発行するビザ速報に従って F2A が有効である場合、同時申請が可能です。

DYgreencard.com では、米国市民グリーンカード永住者の方共に、お子様のために、あらゆる種類の家族ベースのグリーンカード申請書を手頃な価格で準備するお手伝いをいたします。いくつかの簡単な質問に答えて、あなたの書類を我々のオンラインプラットフォームにアップロードするだけです。さらに、経験豊富な移民弁護士が質問に答え、申請書を USCIS に提出する前に、きちんと精査致します。他にも、我々がサポートできることはたくさんあります、こちらから詳細をご覧ください

結論

親が子供に愛を示す方法はたくさんあります。米国でグリーンカードを取得した子供には、多くの利点があるため、子供に IR2 ビザを提供することで、親が子供の残りの人生を助けることができます。

あなたが、未婚の21歳未満の子供にグリーンカードを取得させたいと考えている米国市民である場合には、IR2ビザの取得を検討してみましょう。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)