宣誓式では何をしますか?

更新日07/21/2021

宣誓式は忠誠宣誓とも呼ばれます。 宣誓式はわくわくする一日です! これまでの移民手続きを終えて米国市民になることを家族や友人と祝う日です。

米国市民権移民局(USCIS)によって割り当てられる市民権宣誓式には2つのタイプがあります。 割り当てられている忠誠宣誓の種類に関係なく、知っておくべき特定の詳細と、持参することを忘れないでおくべきいくつかのものがあります。 さらに、ご想像のとおり、2020年と2021年の忠誠宣誓の仕方は、新型コロナウイルス流行のために若干異なります。

Oath Ceremony

DYgreencard.comでは、熟練した移民弁護士が確認し、完全な市民権申請パッケージの準備をお手伝いしています。 詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

1.忠誠宣誓の種類

市民権を承認された人が行う忠誠宣誓には2つのタイプがあります。誓いの言葉はどちらの儀式でも同じですが、設定や参加者が少し異なります。

司法宣誓式

司法宣誓式では、市民権の申請者は連邦裁判官の前で忠誠の誓いを行います。これらの市民権の儀式の多くは法廷で行われますが、地域のコミュニティ会場でも行われます。

司法宣誓式の利点の1つは、市民権の申請者が、事前に名前を変更する裁判所の命令なしに、式で直接名前を変更できることです。米国市民になるときに名前を変更したい人にとって、それは本当に多くの時間とお金を節約することにつながります。

行政宣誓式

忠誠式の市民権宣誓の2番目のタイプは行政宣誓式です。ここでは、帰化申請者はUSCISの前で市民権の宣誓をします。通常申請者の自宅近くのUSCIS地域事務所で行われます。

通常、面接を受けるUSCIS地域事務所は、1つの宣誓方法のみを採用しています。たとえば、USCISサンノゼフィールド事務所とUSCISサンフランシスコ登録事務所は定期的に行政宣誓式を行っています。一方USCISロサンゼルス地域事務所では定期的に司法宣誓式を行っています。一部のUSCIS地域事務所では、市民権の申請者が通常の慣行とは異なる方法で宣誓式を行うことを許可していますが、申請者は事前にUSICS地域事務所に書面で要求する必要があります。

2.忠誠の誓いでは何を誓いますか?

忠誠の誓いは、帰化して米国市民になりたいと願う人々によってなされる法的約束です。 宣誓で宣言された厳粛な誓約には、次のものが含まれます

  • 合衆国憲法を支持し、擁護する
  • 米国の法律に真の信仰と忠誠を誓う
  • 軍隊であろうと民間人であろうと、国の重要な仕事を遂行する

この宣誓は「神よ、助けてください」という言葉で終わりますが、このフレーズは任意であるため、特定の宗教や信念体系の信条に干渉することはありません。 さらに、14歳未満の若者は忠誠の誓いをすることを免除されます。

3.市民権の宣誓式ではどうなりますか?

市民権宣誓式の準備は、場所の確認と、持ち物の確認から始めましょう。

宣誓式の通知

米国市民としての宣誓に向けた最初のステップは、USCISから宣誓式の通知を受け取ることです。市民権の申請者の中には、面接に合格してその日に宣誓を行うことができる場合もありますが、それ以外の場合は、市民権宣誓式の場所、日時が記載されたN-445通知を受け取ります。

その特定の日に宣誓式に出席できない場合、N-445をUSCISに返送し、新しい式の日を理由とともに要求することができます。

宣誓式に出席

市民権授与式当日、帰化申請者が会場に集まります。宣誓を行う前に、フォームN-445の「はい」または「いいえ」の質問票に記入して提出します。いずれかの質問が「はい」の場合、宣誓市民権宣誓に問題をもたらす可能性があります。その場合は、事前に移民弁護士に相談することをお勧めします

申請者は、パスポートなど、写真付き身分証明書を必ず持参する必要があります。さらに、政府施設で一般的なセキュリティルールと手順に準拠する必要があります。

グリーンカードを返却

帰化式典で忠誠の誓いを立てる前に、合法的な永住者は、グリーンカードとして広く知られている永住者カードを返却する必要があります。

兵役に基づく市民権の資格により宣誓者がグリーンカードを発行されていない場合は、例外が適用されます。グリーンカードを紛失したり盗まれたりした場合、グリーンカードの所有者は市民権の面接中にこの事実の証拠を提供する必要があります。

忠誠の誓い

式典の山場は、忠誠の誓いを立てる時です。幸いなことに、事前に宣誓を覚える必要はありません。提供された言葉を繰り返すだけです。宣誓する前には、一部のビデオや講演者のお祝いのことばがあります。

宣誓が行われると、忠誠を誓ったすべての人が公式の米国市民となります。忠誠宣誓をした直後に受け取る帰化証明書で、式典以降この事実を証明することができます。

帰化証明書を取得

帰化証明書(以下のサンプルを参照)は、市民権の公式証明です。したがって、帰化式を終える前に、市民の名前のつづりを含めて、それが正しいかどうかを確認してください。この証明書を使用すると、米国のパスポートをオンサイトで、または後でUSPSの指定事務所で申請できます。

Certificate of Naturalization Sample
帰化証明書サンプル

帰化した市民が忠誠宣誓の後に帰化証明書を紛失した場合、新しいものを要求することができます。紛失した場合は、フォームN-565、帰化/市民権代替文書の申請書に記入し、USCISに提出する必要があります。 帰化した市民の基本情報(名前、性別、生年月日など)が変更された場合は、N-565フォームを提出して帰化証明書の更新をUSCISに要求することもできます。

DYgreencard.comでは、N-565申請のお手伝いをしています。 申請書は全て、承認を確実にするために熟練した移民弁護士によって慎重に確認・審査されます。 詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

4.市民権の面接の後、宣誓式の前に引っ越した場合はどうなりますか?

宣誓式では、USCISの担当者が、N-445フォームにある住所を確認します。 住所がUSCIS地域事務所のサービスエリア外にあることがわかった場合、宣誓式を続行することはできません。

後で、面接を受けたUSCIS地域事務所は、新しい住所に基づいて申請を管轄するUSCIS地域事務所に申請ファイルを転送します。 新しいUSCIS地域事務所は、申請ファイルを受け取った後、新しいN-445宣誓式の通知を送信します。 これにより最終的に市民権の宣誓式を行うための待ち時間は大幅に伸びることになるでしょう。

5.新型コロナウイルス流行中の宣誓式

新型コロナウイルスの脅威により、2020年3月以降、米国での生活と働き方は大きく変化しました。 したがって、忠誠の誓いの多くも同様に変更または再スケジュールされました。

USCISはゆっくりとサービスを再開していますが、新型コロナウイルスの拡散を防ぐため、連邦および州のガイドラインに準拠する必要があります。 新型コロナウイルス感染と入院に関するデータの増減に基づき、USCISは公衆を可能な限り安全で健康に保つ手順を実行する必要があります。 したがって、今後数か月の間に、USCISは、変更された帰化式で忠誠の誓いをどのように管理するかについての補足情報を提供することになります。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)