市民権テストの準備方法

更新日07/21/2021

米国市民権テストの準備は、学校で勉強していたときのことを思い出させることでしょう。 試験の前に緊張しやすい人は、米国帰化試験の前にも大きな不安を感じるかもしれません。

市民権テストを緊張せず受けるには、前もって可能な限り準備をすることです。 市民権テストとその勉強方法に関してよりよく知ることで、帰化試験に落ち着いて臨むことができるはずです。

Citizenship Test

1.なぜ市民権テストを受ける必要があるのですか?

米国市民になるということは、外国人が米国の法律を受け入れ、米国に忠実に行動することに同意することを意味します。 したがって、帰化希望者は、米国政府の成り立ちの詳細と内部の仕組み、およびその歴史を認識することが重要となります。

さらに、米国にはさまざまな文化や国籍の人々が住み、働いていますが、米国の公用語は英語です。 したがって、帰化面接で英語のリスニング、スピーキング、リーディング、およびライティングを評価されます。

2.米国の帰化テストではどのような質問がありますか?

市民権の面接では、N-400申請書の確認に加えて、米国市民権移民局(USCIS)の担当者が帰化希望者を評価します。試験には、英語の評価(英語のリスニング、スピーキング、リーディング、ライティング)と米国の歴史と公民のテストが含まれます。

帰化のための米国英語リスニングおよびスピーキングテスト

英語のリスニングおよびスピーキングテストでは、希望者の英語理解度をはかります。これは帰化面接中に行われ、USCIS担当者は、市民権希望者と帰化のためのN-400申請書を確認し、フォームの情報を確認および明確化するための質問をします。

この口頭でのやり取りの中で、USCISの担当者は、希望者が質問を理解し、英語で適切に回答できるかどうかを判断します。帰化希望者が完全に正しい英文法で答えられなくても、適切な英語の文型で答えれば有益です。

DYgreencard.comでは、熟練した移民弁護士が確認するN-400申請パッケージの準備をお手伝いしています。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

帰化のための英語読解テスト

英語の読解試験では、市民権希望者は最大3つの文を声に出して読むように求められます。テストの単語には、ジョージ・ワシントンなどの有名なアメリカ人の名前だけでなく、メモリアルデーやコロンブスデーなどの米国の祝日も含みます。

USCISは、帰化希望者がこれらの用語を練習できるように、英語の語彙のリストを提供しています。さらに、リーディングテストの文型はかなり単純です。 can、come、wantなどの基本的な動詞が含まれています。

帰化のための英語ライティングテスト

英語のライティングに関する帰化試験はかなり簡単です。学校で行われるものとは異なり、長いエッセイはありません。

市民権ライティングテストでは、3つのうち1つの文をうまく書くことが求められます。 USCISの担当者が十分に理解できるものである必要があります。繰り返しになりますが、USCISは、帰化申請者が事前に練習できるように、ライティングテストのための英語の語彙のリストを提供しています。

アメリカ合衆国の歴史と公民教育

米国の歴史と公民のテストに合格するには、帰化申請者は10問中6問に正しく答える必要があります。質問は、米国の歴史と政府に関する100問から選択されます。

市民権面接でどの10の質問が行われるかを予測することは不可能であるため、申請者は事前に100の質問すべてに対する回答を学ぶ必要があります。

3.市民権テストに向けてどのような勉強をしたらいいですか?

USCISのウェブサイトには、市民権希望者が市民権テストの準備をするのに役立つさまざまな学習ツールが用意されています。上記の英語の語彙のリストに加えて、USCISは英語と公民のテストのためのフラッシュカードと短いレッスンも提供しています。

自分でクイズをしたり、他の人にクイズをしてもらうことを好む人のために、USCISは、市民権テストで尋ねられる可能性のある100の市民の質問すべてのフラッシュカードを提供しています。アウトラインを使用して勉強したい人は、「帰化テストのための公民(歴史と政府)の質問」というタイトルのUSCIS文書を使用して学ぶこともできます。この学習ツールは、100の市民テストの質問がアウトライン形式のカテゴリにグループ化されています。

テスト勉強の別の方法は、USCISが提供するクイック公民レッスンを使用することです。この学習ガイドは、選択式の質問で構成されています。次に、正解が正しい理由を説明するいくつかの段落のレッスンが用意されています。

USCISが提供する無料の学習資料に加えて、販売用に発行されているものもあります。米国市民権テストの準備に役立つ動画もYouTubeやその他のインターネットソースで入手できます。

申請者は、一部の成人学校、コミュニティカレッジ、または他の種類のコミュニティ英語学習センターが提供する帰化準備コースに登録することもできます。通常、無料もしくはわずかな料金で受けることができます。

市民権の面接とテストに自信を持って臨みたいですか? DYgreencard.comを通じて、市民権の面接に精通した移民弁護士に面接のトレーニングを提供してもらうことができます。今すぐお問い合わせください!

4.市民権テスト後はどうなりますか?

米国の市民権テストについてできる限りのことを学び、英語と公民の試験のために徹底的に勉強して試験を受けた後に何が起こるかは、市民権テストの結果によって異なります。

米国市民権試験に合格しなかった場合、USCIS担当者は面接を終了し、最初の面接から約2か月後の別の日に再設定します。

帰化面接と市民権テストを終えたときに、USCISの担当者が合格したかどうか、そして米国市民になることができるかどうかを教えてくれる場合とそうでない場合があります。状況によっては、米国の帰化試験に合格した場合でも、USCISからN-400申請をサポートするための追加の書類を要求する証拠の要求が送られて来る場合もあります。そうでなければ、宣誓式の通知を受け取り、宣誓式に参加して正式に米国市民になることができます。がんばりましょう!

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)