帰化証明書または市民権証明書の交換

更新日08/26/2021

帰化証明書または市民権証明書を紛失すると、問題が発生する可能性があります。 パスポートの取得など、さまざまな理由で市民権を証明する必要があるからです。 幸い、どちらも新しいものを入手することができます。どのように手続きをするのか、新しいものを受け取るのにかかる時間、および支払う必要のある料金について説明します。 帰化証明書または市民権証明書を更新する理由は他にもあります。以下で説明します。

Naturalization Certificate or Citizenship Certificate

交換の申請に使用されるフォームは、どちらの場合も同じです。どちらも市民権の同じ権利があり、市民権の取得方法のみが異なります。 たとえば、市民権の証明書は、米国市民の親を通じて市民権を取得した人に付与され、帰化証明書は合法的な永住者が米国の帰化手続きを終えると付与されます。

帰化証明書または市民権証明書を交換する理由

帰化/市民権証明書を紛失した場合、または破損・盗難にあった場合は、交換を申請できます。 通常、証明書の所有者は、米国市民権移民局(USCIS)に証明書の交換を申請します。 これは、フォームN-565を送ることによって行われます。 提出する申請書には、申請手数料(該当する場合)を添付し、指示に従います。

新しい帰化証明書または市民権証明書を要求する理由は次のとおりです。

申请补办或更换入籍证明或公民纸的理由如下:

  • 証明書の所有者が元の証明書を紛失したか、盗難または修理不可能な損傷を受けた場合。このサービスには料金がかかります。
  • USCISが証明書の作成時に誤記をした場合。このサービスは無料です。
  • USCISの誤記が原因ではないが、元の証明書が正しくない場合。このサービスには料金がかかります。
  • 元の証明書を破損した場合。このサービスには料金がかかります。
  • 婚姻、離婚、その他の法的な理由により、証明書の所有者の名前が変更されたため、証明書の名前も変更する必要がある場合。このサービスには料金がかかります。
  • 証明書所有者の生年月日変更の米国の州命令文書または裁判所命令が発行されたため、証明書の日付を変更する必要がある場合。注:これは、市民権の証明書がある場合にのみ可能です。帰化証明書では許可されていません。このサービスには料金がかかります。
  • 証明書保有者が性別適合手術を受け、医師または裁判所によって発行された証明書を持っているか、政府発行の文書を持っている場合。交換用の証明書は、適切な情報とともに発行可能です。このサービスには料金がかかります。
  • 帰化証明書の所有者が、米国市民であることを証明するために特定の帰化証明書が必要な場合。このサービスには料金がかかります。

帰化証明書または市民権証明書を更新する方法

帰化証明書の交換を申請する方法と、市民権証明書を交換する方法です。どちらも効果的で簡単です。

オンラインで提出

  • これには、まずオンラインアカウントを作成する必要があります。 USCISページに移動して、個人アカウントを作成してください。このアカウントは他の人と共有しないでください。オンライン手続きではUSCISと直接かつ安全にやり取りすることができます。
  • オンラインアカウントの登録ページに移動し、メールアドレスを入力してください。この後、USCISからのすべてのやり取りにはこのメールアドレスを使用することになります。確認メールは、最初のステップで提供したメールアドレス宛てに送信されます。入力したメールアドレスが正しいことを確認してください。確認メールが受信トレイにない場合は、迷惑メールフォルダも確認してください。
  • 利用規約を確認し、同意することを示すチェックボックスをオンにします。
  • 次に、パスワードの作成と、アカウントを入力するたびに入力する確認コードの受け取り方法を指定するように求められます。これは、アカウントのセキュリティのために行われます。
  • パスワードをリセットする必要がある場合は、アカウントのログインページに指示が表示されます。
  • アカウントを取得したら、オンライン申請フォームに記入し、必要な証拠を提出して、市民権または帰化の証明書を受け取ってください。
  • オンラインで証明書を申請する場合は、オンラインで料金を支払う必要があります。
  • オンラインで提出した後、アカウントにログインすると、申請の更新状況と申請履歴を確認できます。申請の処理にさらに証拠が必要な場合は、オンラインアカウントからアップロードできます。

紙で提出

フォームN-565はオンラインでダウンロードでき、USCISのウェブサイトで印刷できます。これを行ったら、すべての指示を読み、きちんと従うことが重要です。これを怠ると、大幅な遅延が発生する可能性があります。たとえば、N-565フォームは正しく記入するだけでなく、署名する必要があります。出願料も支払う必要があります。さらに、N-565申請に必要なすべての必要な証拠と補足文書を必ず添付してください。

フォームを郵送する住所は、郵送方法によって異なります。住所は以下のとおりです。

USPSの通常郵便または優先郵便でフォームを送る:

USCIS

P.O. Box 20050

Phoenix, AZ  85036

USPS速達、UPS、DHL、またはFedExでフォームを送る:

USCIS

Attn: N-565

1820 E. Skyharbor Circle S

Ste. 100

Phoenix, AZ 85034

N-565フォームを郵送で提出すると、USCISから、受領を確認する受領通知が郵送されます。また、そこではオンラインアカウントの設定方法についても説明されています。これにより、フォームとその履歴をオンラインで追跡できます。オンラインアカウントを設定したくない場合は、郵送で申請状況の通知を受け取ることもできます。

N-565の申請手数料

申請手数料は555ドルです。 上記のように、帰化証明書または市民権証明書の作成時にUSCISに誤記があり、新しいものの交換を要求した場合は、申請手数料は必要ありません。

N-565の処理時間

通常、USCISがフォームN-565を裁定するのに8〜12か月かかります。 申請に通常以上の処理時間がかかっていると思われる場合は、USCISにプッシュしてできるだけ早く処理するようにEリクエストを送信できます。

経験豊富な移民弁護士に手伝ってもらいましょう

DYgreencard.comでは、帰化の申請から帰化証明書または市民権証明書の交換まで、移民弁護士がお手伝いしています。 手続きは複雑に見えるかもしれませんが、私たちは長年の知識と経験から、誤りのないフォームの提出と早期の証明書受取りをお手伝いします。詳細はこちらをご覧ください。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)