移民手続きの健康診断とは?

更新日06/21/2021

グリーンカード申請者は、永住権プロセスの一環として健康診断を受ける必要があります。 この健康診断は、米国への入国を許可しないような健康状態がないこと、およびすべての予防接種が最新であることを確認するために行われます。 結核、梅毒、淋病、ハンセン病、薬物乱用、精神障害などの症状についてスクリーニングを受けます。

Immigration Medical Exam

1.移民手続きの健康診断を行う医師

米国内でステータスを調整する場合は、フォーム I-485の提出と同時に、またはグリーンカードの面接時に、フォーム I-693、健康診断レポートおよび予防接種記録の健康診断を提出します。診断は資格のある医師によってのみ行われます。米国市民権移民局 (USCIS) には、診断の実施を許可されている指定された民間外科医のリストがあり、USCISのウェブサイトには、住所または郵便番号で検索できる検索機能があります。お近くの公認市民外科医を探すには、こちらをクリックしてください。ほとんどの都市には少なくとも1人の市民外科医がおり、大都市圏では通常、選択できる数がかなり多くなります。小さな町や田舎に住んでいる場合は、移動する必要があるかもしれません。

まだ米国にいない場合は、米国領事館での面接の予定が決まった後に診断をします。診断は面接日までに完了している必要があります。診断は、その国の米国大使館によって承認されたパネル医師と呼ばれる医師によって行われなければなりません。このリストには具体的な指示があり、領事館によって異なります。領事館ごとの指示を確認することが重要となりますので、こちらをクリックして、米国領事館の面接手順を確認してください。

DYgreencard.comでは、USCISに提出するI-485申請パッケージの準備をお手伝いしています。申請書全体は、熟練した移民弁護士によって慎重に確認されます。また、個人情報を提供せずに適格性を無料でチェックして、I-485申請を提出する資格があることを確認することもできます。詳細はこちらをご覧ください。

2.移民健康診断の費用と持参する書類

診断費用は場所により異なる可能性があるため、複数の選択肢がある場合は、リストにある外科医またはパネル医師に電話で問い合わせることをお勧めします。米国の診断費用は通常、1人あたり約 200ドルから 500ドルです。 USCISや米国領事館が診断の料金を請求することはありませんが、診断を実施する医師に支払います。医師によって異なりますが、予約は数日から数週間前に行う必要があります。特定の時間にのみ検査を行う医師もいれば、より柔軟な医師もいます。

予約時に、何を持っていけばいいのか連絡があるでしょう。パスポートまたはその他の身分証明書の持参が必要となります。以前の医療記録と予防接種記録は絶対に必要というわけではありませんが、持参することで以前にすでに受けたものの重複を避け、時間とお金を節約できる可能性があります。一部の市民外科医は、あなたがコミュニケーションするのに十分な英語を話せない場合、通訳を連れてくることを要求することもあります。

ほとんどの医師はI-693フォームを手元に用意していますが、それを持参するように言う医師もいます。名前、連絡先の詳細、基本的な病歴などの基本情報を尋ねる最初の部分は自分で記入する必要があります。医師は、フォームの健康診断部分に記入します。既往の症状がある場合検査を受けることになります。記入が完了したら、医師の前でフォームに署名しましょう。

3. 病歴記録と予防接種

現在の医療記録の写しを持っていると、実施しなければならない検査の数を減らすことができるでしょう。たとえば、最近結核検査が陰性であったという証拠がある場合は、別の結核検査を行う必要はありません。また、特定の診断を受ける必要がなくなれば、診断費用も安くなります。同様に、現在のワクチン接種記録により、再ワクチン接種の必要がなくなります。

必要なワクチンは、はしか、破傷風、ポリオ、A型肝炎など、ほとんどの人が幼少期に受けるワクチンです。したがって、ブースターが必要な場合もありますが、最新の記録がある場合は、ワクチンはほとんど必要ないでしょう。インフルエンザの予防接種は季節ごとにのみ必要であり、年齢層に適さないワクチンを接種する必要もありません。水痘ワクチンは、以前に罹患またはワクチンを接種したことを口頭で確認できれば接種する必要はありませんが、他のワクチンを避けたい場合は、ワクチンまたは抗体検査の記録を見せる必要があります。

場合によっては、ワクチンの 2 回目の接種または結核検査に対する反応があるかどうかを確認するために再度来院する必要があります。さらに、スクリーニングで引っかかった場合、医師が検査用紙に署名する前に、その治療を済ませる必要があります。追加の検査やワクチンがなくても、フォームが完成して受け取りの準備ができるまでに数日かかることがあります。

4.健康診断レポートの受け取り/提出

すべてが完了すると、医師から2通の封筒が届きます。 1通目は、診断結果の個人用写しと、ワクチン記録などの追加の必要書類です。 2通目の封筒には同じ書類が含まれていますが、封筒は封印されており、「開封厳禁。USCISのみ使用可」と記載されています。 USCISまたは米国領事館では、封がされていない封筒は受け付けていません。

米国領事館でグリーンカードの面接を受ける場合は、面接時に封のされた診断書を持参する必要があります。領事館で診断書は6ヶ月間有効です。

米国でステータスを調整する場合、健康診断が完了したら、60 日以内に提出する必要があり、有効期間は2年間です。ステータス申請の調整とともに提出するか、グリーンカードの面接時に提出します。どちらの場合にも利点と欠点があります。

ステータス調整申請と同時に健康診断を提出すると、診断から面接日までに2年以上経過し再診断が必要になる場合があります。そのため多くのグリーンカード申請者は、面接の通知を受け取るまで待ちます。通知は通常、面接の5~7週間前に送付されます。これは健康診断を完了するのに十分な時間かもしれませんが、市民外科医の予約を取るのに数週間かかる場合、またはフォローアップ治療、検査、またはワクチンが必要な場合は、時間が足りない可能性があります。フォローアップの通院が必要になる可能性があるかどうか、近隣地域での診断の予約に必要な時間、およびビザの種類とお近くのUSCIS事務所のステータス調整の処理時間などを慎重に検討する必要があります。

5.健康上の問題がある場合はどうなりますか?

ほとんどの申請者は、健康診断の結果に大きな問題はありません。ただし、治療できない失格状態にあることが判明した場合、米国への入国は認められず、グリーンカードの資格はもらえません。次の健康関連の問題のいずれかにより、グリーンカード申請が却下されます。

  • 伝染病:淋病、感染性ハンセン病、感染性梅毒、または活動性結核
  • 関連する有害な行動を伴う、現在の身体的または精神的障害。または過去の身体的または精神的障害で、再発または他の有害な行動につながる可能性のある関連する有害な行動を伴う
  • 薬物乱用または薬物中毒

ただし、免除を要求する手続きもあります。免除が認められれば、そのような医学的問題があってもグリーンカードを取得することができます。残念ながら、USCISに免除を付与されることは容易ではありません。そのため、資格がない可能性があると思われる場合は、健康診断を受ける前に治療を受けることを検討する必要があります。健康関連の問題が複雑で、それがグリーンカード申請に影響するかどうかわからない場合は、経験豊富な移民弁護士に相談することをお勧めします。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)