移民申請を迅速化するための委任令状

更新日 10/16/2022

米国の移民制度は、人に大きな喜びを与えることができます。米国の移民特典は、文字通り人の人生を変える可能性があります。たとえば、グリーンカードがあれば、米国に永住し、働くことができます。

一方で、米国の移民制度は人に大きなフラストレーションを与えることもあります。手続きの煩雑さと行政の遅れにより、実際に米国の移民給付を受け取るために、非常に長い時間がかかる可能性があります.

米国の移民給付の受け取りを加速させるために使用できる 1 つの手法は、委任令状です。

この記事では、委任令状について以下の通り説明します。

writ of mandamus

委任令状とは何ですか?

委任令状を理解するには、「令状」と「委任状」という 2 つの単語を理解する必要があります。

令状とは、裁判所が発行する命令です。司法救済です。

委任状はラテン語に由来し、「私たちが命令する」という意味です。

したがって、ここでいう委任状とは、何らかの行動を命じる、裁判所によって発行された命令です。

米国法に基づく委任状の権限は、委任状法として知られる「米国法28セクション 1361」です。それは、「地方裁判所は、米国またはその機関の役人または従業員に、原告に負っている義務を履行するよう強制する、令状訴訟の第一の管轄権を有するものとする」と規定しています。

委任令状は、移民法を含む法律のさまざまな分野で適用されます。

移民法の領域では、委任令状法は、移民政府機関またはそのような移民政府機関の職員による行動を命じるために使用されます。具体的には、委任令状は、米国市民権移民局 (「USCIS」) による移民申請の処理に一定の遅延があった場合に使用されます。委任令状は、裁判所がUSCISまたはUSCISの役人に移民申請の処理を完了させ、事件を裁定するよう命令します。

委任令状の恩恵を受けることができる移民のケースとは?

ほぼすべてのタイプの移民のケースで、異常な遅延が発生している場合、委任令状を使用して USCIS での処理を迅速化することができます。米国領事館または大使館で異常な遅延が発生した場合でも、委任令状の恩恵を受けることができます。

そのため、委任令状は、あらゆる種類のグリーンカード申請、I-130 家族ベースの移民請願、I-140 雇用ベースの移民請願、I-485 ステータス調整申請、N-400 帰化申請、就労ビザの申請、移民ビザの領事手続き、EAD申請、I-589 亡命請願など、様々なビザの請願に使用することができます。

委任状の提出要件

最近の裁判所の判決Lovitky v. Trump, 949 F.3d 753 (D.C. Cir. 2020年)では、以前の訴訟に言及し、次のように述べています。「裁判所は、次の場合にのみ、委任令状による救済を認めることができる: (1) 原告が救済を受ける明確な権利を有している。 (2) 被告には明確な行動義務がある。(3)原告が利用できる他の適切な救済手段がない」

したがって、委任状の申立てを行う場合には、次の要件を満たす必要があります。

明確な救済の権利

移民の委任令状における「救済に対する明確な権利」要件は、一般に、委任令状を求める原告が、関連法規である米国移民国籍法の「関わりのあるゾーン」内にあるかどうかを調べます。具体的には、裁判所は、適用される法規定が保護することを意図した利益と、原告の利益がこれらの利益の中に含まれているかどうかを分析します。

裁判所が「救済に対する明確な権利」要件が存在することを認定した以前の事例には、次のようなものがあります。

  • I-485 ステータス調整の申請。
  • N-400 帰化申請。
  • I-589 亡命申請書。
  • I-360 特別移民少年ステータス請願書。特別移民青少年ステータス請願により、親からの虐待、放棄、ネグレクトにより少年裁判所の保護が必要な 21 歳未満の未婚者は、グリーンカードを取得できる場合があります。

米国政府で働く特定のアフガニスタン人またはイラク人のための I-360 特別移民ビザ請願。このような特別移民ビザの請願により、適格なアフガニスタン人またはイラク国民がグリーンカードを取得できるようになる場合があります。

義務

移民の委任令状における「義務」の要件は、一般に、被告である政府機関または役人が、原告に対して義務を負うかどうかを調べられます。

裁判所は、原告が移民給付を申請する権利を持っている場合、USCIS には移民給付申請を裁定する義務があることを認めます。この義務は、移民給付を付与する最終決定が USCIS の裁量である場合でも、存在する可能性があります。

義務は強制的または省力的でなければならず、被告が原告に対して具体的に負っているものとされます。

その他の救済なし

移民の委任令状における、「その他の救済なし」の要件は、通常、原告が委任令状なしで救済を得ることができるかどうかを調べます。この要件は、法律の他の多くの分野で適用される概念に基づいています。法廷で救済を受ける前に、利用可能なすべての行政上の救済策を実行しなければなりません。

ほとんどの移民のケースでは、「他の救済策なし」の要件を満たすために、申請書または請願書がUSCIS の通常の処理時間を過ぎている場合、少なくとも 2 回のUSCIS への問い合わせと、少なくとも 1 回の問い合わせが必要です。 I-589 亡命申請のような一部の入国管理のケースでは、USCIS は裁定期限の明確なタイムラインを提供していません。このような状況では、経験豊富な移民弁護士が、連邦裁判所に委任令状を提出する前に、利用可能なすべての行政上の救済策を使い果たしたかどうかをアドバイスする場合があります。

さらに、この記事の次のセクションで説明するように、移民の委任令状の原告は、「救済に対する明確な権利」、「義務」、および「その他の救済がない」という要件が有効であることを立証する必要がありますが、一方でこれらの要件だけでは、裁判所が委任令状を付与するには不十分である可能性があります。

委任令状を提出する方法

委任令状の要請は、米国地方裁判所に提出されます。これは連邦裁判所であり、州裁判所ではありません。

合衆国地方裁判所は米国に94 あります。各州には 1 から 4 の合衆国地方裁判所があります。また、コロンビア特別区および米国のさまざまな地域に米国地方裁判所があります。

では、原告は、どの米国地方裁判所に委任状の訴状を提出する必要があるのでしょうか?米国法典28第 1391 条 (e)では、委任令状の訴訟の適切な裁判地は、「(A) 被告が当該訴訟の被告である司法管轄区 (B) 請求の原因となる出来事または不作為のかなりの部分が発生した. . . または(C)原告が居住している場所。」と規定しています。

特定の裁判所は、委任令状の救済を得るために、上記の「救済に対する明確な権利」、「義務」、および「その他の救済がない」という要件が必要であるが、それだけでは十分ではないことを認識しています。アメリカンホスピタル組合v. Burwell, 812 F.3d 183 (D.C. Cir. 2016年) のケース場合、裁判所は 2 つの先の決定に言及し、次のように述べています。 . . . . 「[A] 裁判所は、やむを得ない衡平法上の理由がある場合にのみ、救済を認めることができます。」さらに、Inre Core Comm., Inc., 531 F.3d 849 (D.C. Cir. 2008年) のケースの場合、裁判所は 2 つの先の判決に言及し、次のように述べています。「そして、当局の遅延が委任令状を正当化するほどひどいものであるかどうかを決定しなければならない。」これらの裁判所は、委任令状の訴訟が成功するためには、「やむを得ない衡平法上の理由」および「悪質な」行為の「並外れた」証拠を含める必要があることを示しています。

また、あなたの委任令状申請が裁判所によって審理される前に、あなたの移民訴訟が裁定された場合、あなたの申請は、不当であるとして却下される可能性が高いことにも注意してください。

委任令状を提出するのにいくらかるのか?

移民の委任令状は、連邦裁判所での訴訟を通じて取得されます。連邦裁判所の訴訟は複雑であり、弁護士によって処理される必要があります。したがって、委任状の移民令状を提出する際に発生する最大の費用は弁護士費用です。

移民の委任令状を取得するために支払う必要がある弁護士費用の具体的な金額は、特定のケースと弁護士によって異なります。概算の見積もりとしては、委任状の場合の訴訟費用として、4,000 ドルから 10,000 ドルを支払う必要があるということを考えておくと良いでしょう。

さらに、移民の委任令状を提出する際に発生する裁判費用が発生します(通常、400ドルから500ドル)。

委任令状でできることとできないこと

米国の移民制度の下で移民給付を求める場合には、委任令状ができることとできないことを理解することが重要です。

訴訟が成功した場合、委任令状により、USCIS または USCIS の職員が、特定の期間 (通常は 90 日以内) 内に移民給付の申請に対して直ちに行動を起こすことが義務付けられます。申請の種類と申請の段階に応じて、そのような即時のアクションは、面接のスケジュールを設定するか、申請の最終決定に達することができます。したがって、申請に対する決定を受け取ることができない、というフラストレーションはなくなります。委任令状は、あなたのケースについての答えを与えてくれるでしょう。

ただし、訴訟が勝訴したからといって、申請で有利な回答が得られるとは限りません。 USCIS が申請を処理しますが、USCIS が申請を承認するという保証はありません。委任令状訴訟の成功は、あなたのケースの事実と状況を変えるものではありません。残念ながら、委任令状の勝訴は、「悪い」事実と状況を伴うケースを「良い」事実と状況を伴うケースに変えることはありません。

要点は、委任令状だけが、移民申請の迅速な処理を保証できるということです。移民申請の有利な処理を保証するものではなく、不利な処理につながる可能性さえあります。その結果、委任令状が、米国移民申請のためにできることとできないことに基づいて、委任令状を提出する費用も考えると、慎重に委任令状の訴訟を進める必要があるでしょう。移民弁護士と、さまざまな可能性のある結果を検討しましょう。

委任令状ではできないことのもう1つの側面がありますが、移民にとってプラスの影響です。一部の人々は、委任令状の訴訟を提出すると、USCIS による不利な報復を引き起こす可能性があると懸念していますが、そのような見方は誤った仮定です。委任令状の提出に基づいて、委任令状が移民給付の申請を却下した、という証拠はありません。委任令状は、すでに提出された移民申請の単なる追加部分です。あなたは単に政府に「その仕事をして」移民申請を処理するよう求めているだけなのです。

結論

政府は、多くの米国人からさまざまな見方で見られています。一部の人々は、政府が提供できる教育財政援助から社会保障まで、さまざまな利益を高く評価しています。その一方で、人々は自動車局から内国歳入庁に至るまで、官僚機構の非効率性に腹を立てています。

移民も同様の複雑な感情で政府を見ています。一部の移民はグリーンカードを取得し、米国で生活し、働くことができることに満足しています。一方で、一部の移民は、移民申請処理に長い遅延を引き起こす可能性がある官僚的な問題に、不満を持っています。

委任令状は、これらの官僚的な問題に対処し、移民がグリーンカード、​​市民権、またはその他の移民特典をより短期間で取得できるよう助けることができます。上記のように、委任令状がグリーンカード、​​市民権、またはその他の移民関連の申請の承認を保証できないことは事実ですが、行政官僚の遅延のために承認されていないことが明らかな、有利なケースである場合には、委任令状は、移民申請の承認を可能にする重要な文書になる可能性があります。そのため委任令状は、有利なケースであるが、処理を待っているために移民給付をまだ受け取られていない移民申請者は、強く考慮するべきです。

DYgreencard.com を通じて、委任令状による移民訴訟の迅速化を支援できる、経験豊かな熟練した移民弁護士を見つけることができます。今すぐ 888-919-8555 までお問い合わせください!

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)