米国市民との結婚によるグリーンカード

更新日08/07/2021

あなたが米国にいて、アメリカ市民と結婚して永住することを決めた場合、グリーンカードを申請することは、合法的に米国での生活を始めるための次のステップとなります。

Marriage Green Card

1.米国市民との結婚を通じてグリーンカードを申請する手続き

合法的に米国に入国し、合法的な永住者(グリーンカード保有者)になることを認められない理由がない場合、米国市民との結婚を通じてグリーンカードを申請することができます。このプロセスは、一般にステータスの「ワンステップ」調整として知られています。これは、2つに分けるとわかりやすくなります。

ステップ1:結婚関係の確立。米国市民は、外国人の配偶者に代わってI-130家族請願書を提出します。

この手続き中に、申請者はグリーンカードを取得する目的でなくても、夫婦関係を確立する必要があります。I-130または外国人親族の請願書を提出する米国市民の配偶者は、「請願者」または「スポンサー」と呼ばれます。グリーンカードを求める配偶者は、「受益者」または「グリーンカード申請者」と呼ばれます。

ステップ2:合法的な永住者になるためのすべての要件を満たし、I-485ステータスの調整の申請を通じてグリーンカードを申請

この手続き中に、受益者は合法的に米国に入国し、合法的な永住者になるために米国に入国許可されていることを証明する必要があります。受益者が前科、ビザ詐欺、テロリストまたは共産主義グループのメンバーシップ、梅毒などの感染症などを持っている場合、許可は難しくなるでしょう。

ステップ12は、両方の申請書を米国市民権移民局(USCISに同時に提出することで同時に実行できます。

米国市民との結婚を通じてグリーンカードを申請する資格があるかどうかお困りですか?DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、オンラインプラットフォームを介して適格性を無料でご確認いただけます。資格があると判明した場合は、熟練した移民弁護士がワンステップのグリーンカード申請書の作成をお手伝いします。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

2.結婚を通じてグリーンカードを申請するために必要な書類

  • USCIS申請手数料(現在、I-130の場合は535ドル、I-485申請の場合は1,225ドル)
  • 請願者が署名したフォームI-130家族請願書と請願者の米国パスポート用写真2枚
  • 受益者が署名したフォームI-130A
  • 受益者が署名したフォームI-485ステータスの調整と受益者の米国パスポート用写真2枚
  • 受益者のフォームI-693健康診断レポート(後にグリーンカードの面接でも提出可)
  • 受益者の出生証明書の写し
  • 請願者の米国の出生証明書、米国の有効なパスポート、または米国帰化証明書の写し
  • 米国への最後の入国に使用された受益者のパスポートIDページまたは渡航文書IDページの写し
  • 米国への合法的な入国を証明するための受益者のI-94記録の写し
  • 結婚証明書の写し
  • 請願者/受益者の以前の結婚(もしあれば)が法的に終了したことを証明する書類の写し
  • 誠実な結婚の証拠(次章を参照、後にグリーンカードの面接でも提出可)
  • 受益者の逮捕/前科を証明する写し(該当する場合、後にグリーンカードの面接でも提出可能)
  • 請願者が署名したフォームI-864サポートの宣誓供述書
  • 請願者の昨年の所得税申告書の写し
  • 請願者の昨年のW2または1099(ある場合)の写し
  • 請願者の雇用確認書および/または給与明細書(ある場合)の写し
  • 共同スポンサーが署名したフォームI-864サポートの宣誓供述書(請願者が貧困ガイドラインによる十分な収入/資産を保有していない場合)
  • 共同スポンサーが米国市民またはグリーンカード保有者であることを証明する書類
  • 共同スポンサーの昨年の所得税申告書の写し
  • 共同スポンサーの昨年のW2s / 1099sの写し(ある場合)
  • 共同スポンサーの雇用確認書および/または給与明細書(ある場合)の写し
  • (任意)受益者が署名したフォームI-765雇用許可申請書と受益者の米国パスポート用写真2枚
  • (任意)受益者が署名した渡航文書(事前臨時入国許可)のフォームI-131申請書と受益者の米国パスポート用写真2枚(注意:特定の受益者は事前臨時入国許可を使用して海外に旅行する場合はご注意ください。詳細はこちらをご覧ください)

DYgreencard.comでは、グリーンカード申請のお手伝いをしています。あなたにしていただくのは、オンラインプラットフォームでいくつかの質問に答えて、基本的な書類をアップロードすることだけです。後はお任せください!詳細はこちらをご覧ください。

3.結婚が本物であることを証明する書類

残念ながら、結婚の移民手続きの中には多くの詐欺が存在しているというのが事実です。正式な文書は、入国管理局が真正な結婚を確認するのに役立ちます。入国管理局はこの文書で経済的責任の共存も確認しています。

  • この結婚で生まれた子供の出生証明書
  • 結婚の日以降に一緒に提出された連邦所得税申告書
  • 共同当座預金および/または普通預金口座の銀行取引明細書
  • テレビ、家具、車、家などの共同購入または所有権を証明する書類
  • 共同クレジットカード、住宅ローン、ローンなど、結婚以降の連帯責任を証明する書類
  • 結婚中の医療、歯科、自動車、住宅保険
  • 遺言/信託/生命保険/退職金制度により、外国人の配偶者を受益者とすることを証明する書類
  • 二人の交際中に撮影された結婚式やその他の写真
  • 現在の共同住所を持つ両方の配偶者の身分証明書
  • 賃貸借契約、財産証書などの実際の共同居住を証明する書類
  • 結婚中の電話、電気、ガスなどの共同住宅の光熱費
  • あなた・配偶者に宛てられたあなたまたは家族からの通信・文書
  • 二人が共同の居住地を持ち、経済的および婚姻的関係を結んだことを示すその他の説得力のある文書
  • 二人の婚姻関係をよく知っている人々からの宣誓供述書は、上記の証拠書類があまりない場合に役立ちます。

4.申請パッケージをUSCISに提出した後について

パッケージがすべての必要な書類とともに送付され、USCISが受領した後、次の2〜6週間で、提出された各申請書への受領書が送付されます。受領書には、個人記録のために保管しておくべき重要な情報が含まれています。受領書は、USCISで手続き中の申請があることの証拠であり、申請番号、請願者と受益者の情報、および政府手数料が支払われたことを証明するものでもあります。

その後30日以内に、USCISは指紋および生体情報に関する通知を送付します。受益者は通知に記載されている日付に指定の場所へ行く必要があります。ここでは受益者の指紋と写真を採取して、犯罪歴が存在するかどうか受益者の経歴を確認します。

USCISから初期証拠の要求がない場合、労働許可(I-765申請)および/または事前臨時入国許可(I-131申請)が承認され(通常、提出後6か月以内)、受益者に郵送されます。

数ヶ月後(処理時間は異なります)、グリーンカード面接の通知が請願者と受益者の両方に送付されます。

5.グリーンカードの面接

グリーンカード面接はI-485面接とも呼ばれています。一般的に、これは結婚を通じてグリーンカードを取得する前の最後のステップとなります。 USCISは、請願者と受益者の両方に面接通知を送付します。面接は、請願者と受益者が住む近くの地域事務所で行われます。

面接の主な目的は、結婚の信憑性を確認することです。通常、二人は一緒に面接されます。質問は、これまでの二人の関係についてだけでなく、日常の活動や未来のことにも及びます。面接では、申請書の提出時に提供された情報の詳細を確認し、I-485フォームに含まれる受益者の入国不許可に関する質問への回答も確認します。 USCISに追加の書類を提出することもできます。もし最初にI-693健康診断レポートを提出するのを忘れた場合、または結婚が本物であることを証明する証拠がさらにある場合は、それらを持参して面接官に直接提出することをお勧めします。

面接官が結婚を疑った場合は、I-485面接後、しばらくしてからストークス面接(二次面接)が予定されます。ストークス面接は二人が別々になります。何百もの日常的/個人的な質問がされ、面接官はすべての質問をすり合わせて、二人が同じ答えを持っているかどうかを確認します。

如果面试官怀疑婚姻的真实性,在I-485面试之后很长一段时间后,将安排第二次面试。在第二次面试中,夫妻将被分开面试。上百个关于日常生活及私人的问题将被询问,面试官会比较每一个问题,看看夫妻两人的答案是否相同。

DYgreencard.comでは、グリーンカード面接の豊富な経験を持つ移民弁護士が面接トレーニングをご提供しています。自信を持って面接に臨みましょう。

6.グリーンカードの有効性

グリーンカードは、USCISがI-485申請を承認した日に、請願者と受益者が結婚している期間に応じて、2年または10年間有効のものが発行されます。結婚して2年未満の場合、受益者は2年間のみ有効なグリーンカードを受け取り、「条件付きの合法的な永住権」と見なされます。受益者は、条件付きグリーンカードの有効期限が切れる90日前にフォームI-751(または「居住条件を削除する請願書」)を提出して、「条件を削除」し、10年間のグリーンカードを取得します。基本的に、I-751の処理では、USCISは夫婦の結婚を再評価して、それが本物であり、夫婦が移民目的でのみ結婚していないことを確認します。

I-485申請が承認されたときに結婚が2年以上の場合、受益者は10年のグリーンカードを受け取ります。ほとんどの場合、この10年間のグリーンカードの更新は簡単なプロセスであり、夫婦が結婚の信憑性を再度証明する必要はありません。

7.結婚を通じてグリーンカードを取得した後の市民権の申請

原則として、永住者のステータスを取得してから5年後に、市民権または帰化申請の資格を得ることができます。 米国市民と結婚して3年以上、同じ人と3年以上住んでいる場合は、グリーンカードを受け取ってから3年後に市民権を申請できます。 詳細については、結婚を通じて市民権を申請の記事をご覧ください。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)