結婚を通じて市民権を申請

更新日07/18/2021

米国市民と結婚したグリーンカード保有者は、早期に米国市民権を申請する権利があります。 通常移民は5年間の合法的な永住権の後にのみ市民権を申請できるため、これは非常に重要な利点となります。 この特典を享受する多くのグリーンカード保有者は、米国市民との結婚に基づいてグリーンカードを取得しています。 結婚を通じて市民権の申請をする方法を事前によく知っていることで、申請が承認され、最終的に帰化できる可能性も高めることができます。

Citizenship through Marriage

1.結婚による市民権の資格要件

次の場合は、結婚を通じて市民権を申請する資格があります。

  • USCISに市民権申請を提出する前に、少なくとも3年間、合法的な永住者(グリーンカード保有者)である
  • USCISに市民権申請を提出する前に、少なくとも3年間、米国市民の配偶者と結婚生活を送っている
  • 同じ米国市民が、USCISに市民権申請を提出する前の3年間、および申請の審査まで米国市民である
  • 18歳以上である
  • USCISに市民権申請を提出する前に、3年間のうち少なくとも18か月間米国に滞在している
  • USCISに市民権申請を提出する前、および帰化の時まで、合法的な永住者として米国に少なくとも3年間居住し続けている
  • 英語のテストと公民のテストに合格できる。そして
  • 道徳的な善い人である

結婚によって市民権を申請する資格があるかどうかお困りですか?DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、資格を無料でご確認いただけます。熟練した移民弁護士が申請パッケージの準備をお手伝いします。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

2.結婚以外でグリーンカードを取得した場合、米国市民との3年の結婚に基づく市民権を申請できますか?

上記のすべての資格要件を満たしていれば、答えは「はい」です。 ご覧のとおり、結婚による市民権では、申請者が結婚に基づいてグリーンカードを取得する必要はありません。 したがって、グリーンカードを取得する方法に関係なく、上記のすべての資格要件を満たしている場合は、米国市民との結婚を通じて市民権を申請する資格があります。

3.結婚を通じて市民権を申請するには?

米国市民権移民局(USCIS)に市民権を申請するには、グリーンカード保有者はフォームN-400、帰化申請書に記入する必要があります。市民権の申請の申請手数料は現在640ドルです。さらに、ほとんどの申請者は、生体認証サービスに85ドルを支払う必要があります。

フォームN-400に添付する必要のある証拠には、グリーンカードの写し(条件付きまたは永続的)と結婚証明書の写しが含まれます。結婚証明書の日付は、夫婦が必要な期間結婚していることを証明するのに役立ちます。さらに、二人が少なくとも3年間夫婦として住んでおり、米国市民の配偶者が少なくとも3年間米国市民であったことを証明する証拠も必要です。

何らかの理由で、グリーンカード保有者が米国外に住んでいる場合、N-400パッケージには米国のパスポート様式の写真が2枚必要となります。海外に住んでいる理由が米国市民の配偶者の仕事である場合、海外での雇用を証明するの公式の証拠を提供する必要があります。海外での生活の目的が軍事上の理由である場合、N-400申請者は軍の支部からの証拠が必要となるかもしれません。

DYgreencard.comでは、N-400申請のお手伝いをしています。あなたにしていただくのは、いくつかの簡単な質問に答えて、基本的な書類をオンラインプラットフォームにアップロードすることだけです。あとはお任せください!申請書は全て移民弁護士が慎重に審査・確認します。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

4. I-751請願が保留中の場合、市民権申請を提出できますか?

上記のすべての資格要件を満たしていれば、答えは「はい」です。実際、USCISが居住条件を削除するためのI-751請願を処理するには、平均して12〜18か月かかります。米国市民との結婚に基づいてグリーンカードを取得した多くのグリーンカード保有者は、永続的なグリーンカードをまだ受け取っていなくても、市民権の対象となる可能性があります。 USCISにN-400フォームを提出するときは、USCISが市民権申請とI-751請願を同時に処理できるように、I-751受領通知の写しを添付しましょう。

一部の条件付きグリーンカード保有者は、USCISからの結婚の疑いにより、I-751請願がUSCISで長い間保留されることがあります。その場合、N-400帰化申請書の提出は、USCISにI-751請願を裁定するように促す良い戦略となるでしょう。

DYgreencard.comでは、USCISが希望する方法で関係書類をまとめ、I-751請願書を準備しています。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

5.配偶者の市民権の面接

結婚による市民権の申請手続きには、USCISとの面接が含まれます。市民権面接を行う理由は、USCIS担当者がN-400申請書に示された事実を確認するためです。 N-400フォームのいずれかの部分が不明確な場合は、帰化面接で確認されます。

市民権の面接では何をしますか?

結婚による米国市民権の申請者は、英語能力(英語テスト)、および米国の歴史と市民論(市民テスト)への準備をする必要があります。配偶者の市民権の面接に出席するときは、N-400の申請者はさまざまな書類を準備しておく必要があります。

市民権の面接には何が必要ですか?

帰化のための面接に出席する場合は、グリーンカード、​​運転免許証などの州発行の身分証明書、およびすべてのパスポートと旅行書類(有効または期限切れに関係なく)を持参する必要があります。さらに、有効な結婚の証拠、名前変更の書類、および以前の結婚がある場合それが終了したことを示す文書を持参する必要があります。また、配偶者の米国市民権を証明するために、出生証明書または帰化証明書、または有効なパスポートも必要です。

USCISが市民権の面接で要求する可能性のあるその他の文書には、共同で提出された納税申告書、共同銀行の明細書、その他の共同の資金の証拠などの財務文書が含まれます。賃貸または住宅ローンの書類、旅行履歴、徴兵制への登録、および扶養家族の関連書類も必要になる場合があります。市民権の面接に持参する書類の詳細については、N-400市民権の面接に持参する書類をご覧ください。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)