結婚グリーンカード申請のための書類チェックリスト

更新日08/06/2021

グリーンカードの申請手続きでは、気が遠くなることがあるかもしれません。 多くの人々は、裏付けとなる証拠について理解することが、実際のフォームへの記入よりも難しいと感じています。 以下に、結婚ベースのグリーンカード申請書に必要な書類の概要を示しますが、正確なリストは、個人的な状況によって異なることにご注意ください。 このリストは、2021年の時点で最新のものです。

Document Checklist for Marriage Green Card Application

結婚グリーンカードの資格があるかどうかお困りですか? DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、資格を無料でご確認いただけます。 米国市民と結婚した場合はこちら、合法的な永住者と結婚した場合はこちらから、資格を無料でご確認ください。

フォームI-130およびI-130A

米国市民または永住者の配偶者があなたのスポンサーとなり、フォームI-130、外国人親族への請願書を提出することになります。このフォームでは経歴情報の記入が必要となります。外国人の配偶者であるあなたは受益者です。ご自身の経歴情報をI-130A補助書類に記入、提出してください。あなたの配偶者はまた、以下を提出する必要があります:

  • 出願手数料535ドル
  • あなたと配偶者のそれぞれ2枚の米国パスポートサイズの写真
  • 米国市民権または永住権の証明(州の出生証明書、米国のパスポート、帰化証明書、市民権証明書、永住者カード(グリーンカード)など)
  • 結婚証明書
  • 二人のどちらかが以前に結婚していた場合の離婚文書(該当する場合)
  • 共同財産の文書、二人が一緒に住んでいることを示すリース・共同の財源の証明、一緒にいる子供たちの出生証明書など、真正な結婚をしていることを証明する証拠(請願書を提出する前に一緒に生活している期間があまり長くない場合、おそらく証拠があまりないでしょう。その場合は心配しないでください。将来、グリーンカードの面接でさらに証拠を提出する機会があります。)

英語以外の言語であり、原本、翻訳、および翻訳者による証明書が含まれている場合は、チェックリストにあるこれらの文書およびその他の文書を翻訳する必要があります。

DYgreencard.comでは、I-130&I-130A請願パッケージの準備をお手伝いしています。請願書は全て、熟練した移民弁護士によって慎重に確認されます。あなたにしていただくのは、いくつかの質問に答えて、書類をアップロードすることだけです。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう


フォームI-485

フォームI-485、永住権の登録またはステータスの調整の申請は、受益者であるあなたが米国内でグリーンカードを申請して待つ場合に使用されます。この手続きはステータスの調整(AOS)として知られています。このフォームでは、あなたに関する広範な情報が求められます。次のような補足書類が必要となります。

  • 出願手数料1140ドル
  • 79歳以上の場合、生体認証料金85ドル
  • 米国パスポートサイズの写真2枚
  • パスポートなどの身分証明書
  • 出生証明書
  • I-94記録、パスポートスタンプ、ビザなど、米国への合法的な入国の証明
  • USCIS承認通知、I-94記録、フォームI-20、パスポートスタンプなどの現在および過去の移民ステータスの証明
  • 刑事告発、逮捕、または有罪判決の認定された警察および裁判所の記録(該当する場合)
  • 米国への入国が許可されないと見なされた後、入国を許可する免除(該当する場合)

上記のI-485ステータスの調整チェックリストのの項目の多くは、AOSではなく領事館の手続きを通じてグリーンカードを受け取っている場合にも適用されます。同様に、英語以外の言語の場合は文書を翻訳し、翻訳者による証明書を同封する必要があります。

グリーンカードを取得するためにステータスを調整する資格があるかどうかお困りですか?DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、資格を無料でご確認いただけます。また、USCISに提出するI-485ステータス調整の申請のお手伝いをしています。豊富な経験を持つ移民弁護士が申請書を確認・審査し、承認を確実なものとします。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう


フォームI-864

ほとんどの家族ベースのグリーンカード申請者には、フォームI-864、公的支援の宣誓供述書が必要です。あなたの配偶者は、スポンサーとして、必要に応じてあなた、つまり受益者である配偶者を支援し、必要時の経済的手段を持っていることを約束します。このフォームでは財政状況についての質問があります。また、次のような証拠とともに財政に関する文書を提供しなければなりません:

  • 最新の税年度の連邦税申告書または申告書
  • 上記の納税申告書で申告された所得のすべてのフォームW-2または1099
  • 文書化された検討したい追加の資産

配偶者の収入や資産が最低スポンサーシップ要件を満たしていない場合は、共同スポンサーが必要になります。共同スポンサーは、米国市民またはグリーンカードの所有者である必要があります。配偶者のI-864パッケージに加えて、共同スポンサー自身のI-864フォームと補足文書を同封する必要があります。

領事館でグリーンカードを申請する場合は、USCISがI-130請願を承認し、申請が国立ビザセンターに転送された後、フォームI-864を提出します。

フォームI-864とその補足文書の作成方法についてお困りですか? DYgreencard.comは、文書の準備をお手伝いしています。詳細はこちらをご覧ください。


フォームI-765

(領事館でグリーンカードを申請する場合は適用されません)

受益者である配偶者として、グリーンカードの申請が保留されている間に働きたい場合は、フォームI-765、雇用許可申請書とともに以下を提出してください。

  • 米国パスポート用写真2枚


フォームI-131

(領事館でグリーンカードを申請する場合は適用されません)

受益者である配偶者として、申請中に米国外を旅行したい場合は、フォームI-131、渡航文書の申請書を次の書類とともに提出する必要があります。

  • 米国パスポート用写真2枚

USCISがI-131申請を承認すると、事前臨時入国許可を取得できます。 米国で180日以上ステータスを失っていたことがある場合は、事前臨時入国許可を使用して海外に旅行する場合は注意が必要です。 詳細については、I-485がUSCISで保留中の際の事前臨時入国許可についての記事をご覧ください。

DYgreencard.comでは、労働許可(EAD)または事前臨時入国許可(AP)を個別に申請または更新できます。 一緒に申請または更新して、コンボEAD / APカードを取得することも可能です。


フォームI-693

(領事館でグリーンカードを申請する場合は適用されません。ただし、受益者である配偶者は、米国領事館でのグリーンカード面接の前に移民健康診断書を取得する必要があります。)

受益者である配偶者は、グリーンカード申請書の一部としてフォームI-693、健康診断および予防接種記録の報告書を提出する必要があります。フォームI-485と一緒に、またはグリーンカード面接のときに提出できます。診断を行う医師は、USCISに提出する封印された封筒を提供します。この封筒には、フォームと必要な医療および予防接種の記録が含まれています。封筒は封を開けずにそのまま提出してください。

移民健康診断についての詳細は、移民の健康診断についてをお読みください。

グリーンカード申請書の提出には、広範な文書が必要です。必要なものの写しを事前に入手しておくと、提出の遅れを防ぐことができます。書類の原本と写しの両方を安全な場所に保管しておきましょう。グリーンカードの面接時には、提出した書類の原本と写しの両方を持参する必要があります。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)