アメリカの結婚ビザの完全ガイド

更新日08/24/2021

米国市民または永住者と結婚している外国人は、要件を満たしていれば、合法的な永住権(グリーンカード)を取得できます。 このような場合、米国市民は請願者またはスポンサーと呼ばれ、外国人の配偶者は受益者または申請者と呼ばれます。 このガイドでは、グリーンカードの取得、一般的な書類、および満たす必要のある結婚条件について説明します。

Marriage Visa

米国市民または永住者との結婚

配偶者のために米国で結婚ビザを取得する場合は、米国市民または米国永住者である必要があります。

有効な米国のパスポートの写し、米国の任意の州によって発行された出生証明書、帰化証明書、市民権の証明書、海外出生の領事報告書(FS-240)など、米国市民権を証明できる文書にはいくつかの種類があります。

合法的な米国の永住者とは、グリーンカードを持っている個人であり、それにより米国に住み、働くことができる人を指します。 米国を拠点とする配偶者が永住権を失うと、外国人の配偶者がグリーンカードを取得することに問題が発生する可能性があります。 米国の永住者は、他の国に移住したり、米国市民権移民局が個人を国外追放する犯罪を犯したりすると、ステータスを失う可能性があります。

米国で結婚ビザを取得するには、結婚は合法的である必要があります

結婚グリーンカードまたは結婚ベースのビザの資格がある配偶者は、合法的に結婚している必要があります。合法的な結婚とは、結婚が行われた国の政府によって認められている結婚です。ほとんどの場合、結婚の法的記録を取得することができ、配偶者は結婚証明書を取得できる必要があります。

同棲関係や内縁関係は受け入れられますか?

一部の配偶者は、正式ではない同棲関係である可能性があります。その場合結婚ビザを申請することはできません。しかし、二人が一緒に住んでいた国が内縁関係を認めている場合、その国で結婚が合法的に実行可能であったことを示すことができれば、内縁関係により、外国人の配偶者は結婚ビザで米国に入国することができます。

カップルは米国で結婚する必要がありますか?

どちらかの当事者が住んでいる国での結婚は、米国の結婚ビザを取得する目的で受け入れられます。結婚式は、部族の結婚式など、行われた国の伝統によって異なる場合があります。

同性結婚は受け入れられますか?

同性結婚は2013年から受け入れられており、移民法では異性結婚と同じように扱われています。配偶者が合法的に米国市民と結婚している場合、または米国に永住権を取得している場合は、同性であるかどうかは関係ありません。

代理結婚は結婚ビザで受け入れられますか?

どちらとも言えません。一般的に、結婚ビザを申請する際の代理結婚は認められません。このような場合、代理人は配偶者の1人の代理となり、通常これは配偶者が式典に参加するために国来られないために発生します。ただし代理結婚が受け入れられる条件が1つあります。それは式典が終了した後に配偶者が結婚を完了した場合です。

結婚証明書は合法的な結婚の唯一の証拠ですか?

はい、ほとんどの場合そうです。国によって、結婚するための独自の手順と結婚証明書の形式があります。米国では、結婚許可証と結婚証明書に違いがあります。結婚許可証は、夫婦が結婚するために事前に取得しなければならない書類です。結婚証明書は、結婚式の後に夫婦に送られ、結婚していることを証明します。これは結婚の完全な文書であり、式典が行われた国によって認可されていると見なされます。

船長が記入したフォームや正式な結婚証明書のない教会などの他の書類は、結婚の証拠とは見なされません。

配偶者は他の人と結婚することはできません

同時に複数の配偶者を持つ一夫多妻制は、米国では合法ではありません。 したがって、たとえ母国が複数の結婚を許可していても、配偶者が選択したパートナー以外の人と結婚している場合は受け入れられません。

結婚ビザが発給されるためには、どちらの配偶者も他の人と結婚することはできません。 夫婦は、前の配偶者または配偶者の離婚届、婚姻の取消または死亡を提示しなければなりません。

結婚は真正でなければなりません

米国の結婚ビザの場合、結婚は二人が一緒に生活を築くものとして意図されている必要があります。二人は夫婦関係を結ぶことになるので、夫婦は結婚式や結婚証明書だけでなく、行動によっても結婚が本物であることを証明する必要があります。

結婚が他の配偶者のためにグリーンカードを取得することを意図している場合、それは真正ではありません。これは詐欺と見なされ、USCISによって調査される可能性があります。このような結婚は、移民法を弱体化させようとする偽物と見なされます。

USCISは、十分に文書化された申請書と面接で、不正な結婚を根絶に努めており、申請者は真正な結婚の証拠を提出する必要があります。すべての結婚ビザ申請には面接が必要です。入国管理局にまだ懸念がある場合は、ストークス面接と呼ばれる2回目の面接の連絡があることがあります。この面接は最初の面接よりも厳しいものになります。面接の前に、熟練した移民弁護士との面接トレーニングを受けることが適切でしょう。

米国政府は通常、配偶者の生活に干渉しませんが、結婚が偽物であると疑われる場合は、友人と話したり、自宅の配偶者を訪ねたり、雇用主と話したりすることがあります。

配偶者への財政的支援

米国を拠点とする配偶者は、パートナーを経済的に支援できなければなりません。 配偶者を支援することを約束するI-864の支援宣誓供述書の提出が必要です。 これには、スポンサーの配偶者は18歳以上である必要があります。

スポンサーとなる配偶者は、自分自身、配偶者、および世帯(これには子供も含まれます)を養うことができる十分な収入および/または資産を示さなければなりません。 USCISによると、これは連邦の貧困レベルの125パーセントに相当します。 スポンサーが現役軍人である場合、連邦の貧困レベルのパーセントは100パーセントになります。

配偶者を支援する資格がない場合

スポンサーの配偶者が条件を満たしていないとみなされる理由はいくつかあります。

  • スポンサーが米国市民または合法的な永住者と結婚したグリーンカード保有者である場合。合法的な永住者になってから合法的に離婚して/または未亡人になって5年が経過しない限り、彼らは別の配偶者を支援することはできません。
  • スポンサーが未成年者に対する犯罪で有罪判決を受けた場合、スポンサーは配偶者を支援することができなくなります。
  • スポンサーが受益者にとってリスクがあると考えられる場合、USCISは結婚ビザの申請を却下します。

グリーンカード申請者の資格がない場合

グリーンカード申請者が米国に入国が認められない場合、免除がない限り、グリーンカードを取得する資格はありません。入国不許可というのは、移民法では非常に複雑な概念です。一般的に知られている不許可の理由には、犯罪歴、ビザ詐欺、共産主義などの特定のグループへの参加、テロ活動への関与、梅毒などの感染症などがあります。さらに、18歳以上の外国人が180日または1年以上米国に不法に滞在し、その後米国を離れると、3年または10年の入国不許可となります。 USCISが免除申請を許可した場合、不許可のいくつかは免除される可能性がありますが、残念ながら、免除の要件は非常に厳しいものです。

アメリカで結婚ビザを申請しようとしているなら、ぜひ私たちにお手伝いさせてください。DYgreencard.comでは、結婚ビザの資格があるかどうかを無料でご確認いただけます。米国市民と結婚している場合はこちらを、永住者と結婚している場合はこちらをご覧ください。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)