結婚後、どのくらいの期間で労働許可を取得できるか?

更新日07/18/2021

米国労働統計委員会のデータによると、平均的なアメリカの世帯の年間経費は合計60,000ドルを超えています。 したがって、米国市民またはグリーンカード保有者と結婚した外国人ができるだけ早く米国で働きたいと望んでいても驚くべきことではありません。 あなたまたは配偶者がまだ結婚ベースのグリーンカードを待っている場合、米国で労働許可を取得する方法、そしてどれくらいの時間がかかるのかとても気になることでしょう。

1.結婚ベースのグリーンカード

米国市民(USC)または合法的な永住者(LPR、グリーンカード保有者)のいずれかと結婚する外国人は、結婚式の後グリーンカードにステータスを調整する申請をすることができます。 これは、フォームI-485、永住権の登録またはステータス調整の申請書を米国市民権移民局(USCIS)に提出することによって可能です。

結婚ベースのグリーンカードにステータスを調整する手続きは、何ヶ月もかかる場合があります。 その待機期間中に、一部の申請者はすでに合法的に米国で働くための特定の許可を持っている場合もありますが、そうでない申請者もいます。

結婚ベースのI-485を申請する資格があるかどうかお困りですか? DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、資格を無料でご確認いただけます。 あなたが資格をお持ちの場合、移民弁護士がI-485申請パッケージを確認して準備をお手伝いすることができます。 詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

2.結婚前の労働許可

臨時労働ビザまたは学生ビザからステータスを調整している結婚ベースのグリーンカード申請者は、フォームI-485の承認を待つ間、仕事を続けることができます。

非移民労働ビザ

新郎/新婦がH-1BやL-1企業内転勤者などの非移民就労ビザで、すでに米国に滞在している場合、有効期限が切れたり終了したりしない限り、そのビザを使用して就労を続けることができます。ただし、新婚でK1ビザ、または就労を許可しない学生ビザで米国に来た場合は、就労許可を取得する必要があります。

米国での留学生の労働許可

外国人がF-1学生ビザで米国に来て、USCまたはLPRと結婚した場合、F-1ステータスに基づいた有効な雇用許可がある限り、フォームI-485の申請が保留されている間も仕事を続けることができます。ただし、結婚に基づくグリーンカードが承認される前に学生の労働許可が失効した場合、学生は就労を停止し、I-485申請に基づいて就労許可を申請する必要があります。

結婚グリーンカードが保留されている間の有効な学生の就労のいくつかの例には、学部での仕事や専攻の一部としてのカリキュラム・プラクティカル・トレーニング(CPT)があります。オプショナル・プラクティカル・トレーニング(OPT)とSTEM-OPTは、卒業後も延長することができます。

3.フォームI-485に基づく労働許可

米国市民またはグリーンカード保有者と結婚するときにまだ合法的に米国で働いていない人は、雇用許可文書(EAD、以下のサンプルを参照)とも呼ばれる労働許可を申請する必要があります。 結婚ベースのグリーンカードは、最終的に外国人の配偶者が米国に住んで働くことを可能にしますが、フォームI-485の承認を待っている間、多くの人は雇用主に米国で合法的に働くことができることを示すためにEADが必要になります。

Work Permit (EAD)
労働許可(EAD)

フォームI-765、労働許可の申請

米国で労働許可を申請するためには、結婚ベースのグリーンカード申請者の大多数はフォームI-765をUSCISに提出します。フォームI-765は、労働許可の申請書です。この申請書は、USCまたは合法的な永住者との結婚に基づいてフォームI-485を提出する人を含む、さまざまな移民カテゴリで労働許可を申請する人が利用できます。結婚ベースのI-485申請に基づくフォームI-765の提出カテゴリは(c)(9)です。

米国市民と結婚

米国市民と結婚している多くの結婚ベースのグリーンカード申請者は、フォームI-485を提出するときに同時にフォームI-765を提出します。これにより時間を節約できるので、結婚後の労働許可を取得するのにそれほど時間はかかりません。ただし、EADカードを取得するには通常約5〜7か月かかります。

合法的な永住者と結婚

グリーンカード保持者と結婚した外国人は、米国で働く許可を得るまで、さらに長く待つ必要があります。このカテゴリー(F2A)の申請者は、フォームI-485を提出する前に、移民ビザ番号を取得するために19〜25か月待たなければなりません。ただし、1年のうち数か月は移民ビザ番号がすぐに利用可能になり、フォームI-485を早期に提出、またはフォームI-485と同時にフォームI-765を提出することができる場合があります。

フォームI-765がUSCISに提出されてから、申請が処理され、外国人の配偶者にEAD労働許可が届くまでに5〜7か月かかります。

フォームI-765とフォームI-485を別々に提出してもいいですか?

はい。フォームI-485を提出した後は、いつでもフォームI-765を提出して労働許可を申請することができます。 I-765申請書を提出するときは、I-485受領通知の写しを同封する必要があります。保留中のI-485申請に基づく労働許可/ EADは2年間のみ有効です。EADの有効期限が切れそう/切れたときには、EADを更新するために新しいI-765を提出する必要があります。

DYgreencard.comでは、I-765申請パッケージをUSCISに提出するお手伝いをしています。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

グリーンカードを取得した後、EADが必要ですか?

いいえ。EADは、グリーンカードを待っている間、合法的に米国で働くことを可能にする一時的な文書です。グリーンカード取得後は、2年間の条件付きグリーンカードであるか10年間の永久グリーンカードであるかに関係なく、制限なく米国内に住み、働き、海外を旅行する権利を得ることができます。

EADで海外旅行はできますか?

EADは、グリーンカードを待っているときに合法的に米国で働くことを許可するだけのものです。海外旅行をご希望の場合は、有効な事前臨時入国許可(AP)または有効なH-1B、またはL-1就労ビザが必要です。事前臨時入国許可を取得するには、フォームI-131を提出します。フォームI-131とI-765を一緒に提出すると、ほとんどの場合、EAD/APコンボカードが発行されます(以下のサンプルを参照)。ただし、I-485申請書を提出する前に180日以上ステータスを失っていた場合は、海外に旅行はしないでください。 I-485がUSCISで保留中の事前臨時入国許可での旅行で、APを使用した海外旅行のリスクをご確認ください。

DYgreencard.comでは、I-131のみの申請EAD/APコンボカードの申請のお手伝いをしています。

EAD AP Combo Card
EAD/AP コンボカード

4.結婚後に社会保障番号(SSN)を取得する方法

USCまたはグリーンカードの保有者と結婚した後、労働許可文書(EAD)を申請するときに、社会保障番号(SSN)を持っていない場合、I-765フォームの対応するボックスにチェックマークを入れるだけで、一緒に申請することができます。 USCISがフォームI-765を承認すると、まもなく社会保障カードが届きます。 フォームI-765に正しく記入できたかどうかお困りの場合は、移民弁護士に確認してみるのが良いかもしれません。

グリーンカードの付与前に受け取ったSSNカードには、「DHS認証でのみ就労が有効」という文があります。 グリーンカードを取得したら(2年間の条件付きグリーンカードまたは10年間のグリーンカードに関係なく)、SSNカードの交換を申請し、社会保障局でこの文を削除してもらうことをお勧めします。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)