親のためのグリーンカードを申請する方法は?

更新日08/06/2021

あなたがアメリカに住んで働いている間、ご両親とも共有したい素晴らしい思い出を作っていることでしょう。 あなたのお母さんやお父さんが海外に住んでいて、単なる訪問以上の目的でアメリカに連れて来たい場合、グリーンカードを取得しましょう。

米国市民権移民局(USCIS)は、アメリカの一部の個人が両親を連れて来て合法的な永住者としての生活を申請することを許可しています。実際、USCISによって編集されたデータによると毎年約15万人の親が合法的な永住権(グリーンカード)を取得しています 。

Green Card for Parents

1.親のグリーンカードを申請できるのは誰ですか?

親のグリーンカードを支援するには、請願者が米国市民(USC)である必要があります。つまり、息子や娘が自分のグリーンカードを取得したとしても、親を支援することはできません。

さらに、帰化または米国生まれの米国市民である息子または娘は、21歳以上である必要があります。ただし、親子関係は血縁関係である必要はありません。

USCが両親に養子縁組された21歳以上であれば、養父母のグリーンカードを申請できる場合があります。 USCISは現代の親子関係には多くの種類があることを認識しています。

米国市民が混合家族出身の場合、義理の親にグリーンカード申請書を提出することがあるかもしれません。さらに、USCに互いに結婚していない両親がいる場合でも、息子または娘は母親または父親の合法的な永住権を申請することができます。

親のグリーンカードを申請する資格があるかどうかお困りですか?DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、適格性を無料でご確認いただけます。USCISによる承認を確実なものにするため、申請書は熟練した移民弁護士によって慎重に確認・審査されます。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

2.親のグリーンカードを申請する手続き

親のグリーンカードを申請する手続きは、フォームI-130、外国人親族への請願書に記入することから始まります。親ごとにフォームI-130を提出する必要があります。フォームI-130のみを提出する場合は、USCISの公式ウェブサイトからオンラインで提出できます。 I-130フォームの申請料は現在535ドルです。手数料免除のオプションはありません。

一般に、フォームI-130は、USCの息子または娘が親のつながりが十分に証明されている場合に承認されます。承認されると、米国にいる親は、ステータスをグリーンカードに調整するためにフォームI-485に記入する必要があります。親が合法的に米国に入国している場合は、フォームI-130とI-485を同時に提出することができます。同時に提出する場合は、郵送で提出することをお勧めします。

母親または父親が海外に住んでいる場合は、USCISによるI-130請願の承認を受けて領事館手続きに進み、永住権のある国の米国領事館で移民ビザを申請します。グリーンカードは、移民ビザで米国に入国してから120日以内に郵送されます。

DYgreencard.comでは、I-130パッケージまたはI-130とI-485を組み合わせたパッケージをUSCISに提出するお手伝いをしています。申請パッケージは全て、移民弁護士によって慎重に確認・審査されます。あなたにしていただくのは、いくつかの質問に答えて、書類をアップロードすることだけです。後はお任せください!詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

3.親のグリーンカードの申請に必要な証拠は何ですか?

親のグリーンカードのためのフォームI-130申請書には、親の関係を証明する書類の写しを添付する必要があります。もちろん、必要な証拠は、親の関係が出生によるものか、養子縁組によるものか、またはその後の母親または父親の結婚によるものかによって異なります。

生みの親のグリーンカードの申請

米国市民が母親または父親と血縁関係にある場合、I-130フォームには、親の名前が記載されたUSCの出生証明書の写しを添付する必要があります。

実の父親のグリーンカードを申請する場合は、結婚証明書の写しまたは離婚届を同封して、婚姻関係の中で生まれたか、18歳の誕生日より前に合法化されていることを証明する必要があります。それ以外の場合は、USCが21歳になる前に父親と情緒的または経済的な絆を持っていたことを示す証拠を含める必要があります。

継父母のグリーンカードの申請

米国市民に、USCが18歳になる前に母親または父親と結婚した親がいる場合、その親のフォームI-130を申請できます。その際、USCである継子が提出する書類には、出生証明書、継親の結婚証明書、および生みの親の結婚と継親以前の結婚(該当する場合)が離婚、破棄、または死によって終了したことを示す法的文書が含まれます。

養親のグリーンカードの申請

16歳の誕生日より前に養子縁組した親のグリーンカードを申請する場合、USCは出生証明書、養子縁組証明書、および養親と一緒に住んでいた日付と場所を示す書面をフォームI-130とともに提出する必要があります。

4.親のグリーンカードの処理時間

親のグリーンカードの処理時間は、グリーンカードを取得する方法によって異なります。 一般的に、外国人は領事館手続きやステータスの調整を通じてグリーンカードを取得します。領事館手続きとは、米国外でグリーンカードを待つことを意味し、ステータスの調整とは、米国内でグリーンカードを待つことを意味します。 親のグリーンカード申請の処理時間は、グリーンカードを取得するためにどの方法をとるかによって大きく異なります。 ここでは、2つの方法を簡単に比較します。

 

領事館手続き

ステータスの調整

処理する機関

USCIS→NVC→米国領事館→USCIS

USCIS

はじめのフォーム

I-130

I-130とI-485

政府への手数料合計

1200ドル(535ドル+445ドル+220ドル)

1760ドル(535ドル+1140ドル+85ドル*)

その他の費用

約300〜 800ドル

約300〜500ドル

処理時間

平均12〜24か月

平均3〜24か月

申請保留中の旅行

ほとんどの場合、親はB1/B2観光ビザなどの有効なビザ、またはビザ免除プログラムの下で米国を旅行することができます。

ほとんどの場合、親は事前臨時入国許可を使用して海外旅行をすることができます。 ただし、事前臨時入国許可を取得するには通常3〜6か月かかります。

状況によっては、親にグリーンカードを適用するためにどの方法を取るかを決めるのは簡単ではないこともあります。 実行に移す前に、DYgreencard.comで各方法の実現可能性をセルフチェックすることをお勧めします。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)