離婚は私のグリーンカードまたはUSCIS申請に影響しますか?

更新日07/05/2021

離婚は苦痛なものです。 移民にとって、離婚はグリーンカードまたはグリーンカードの申請に重大な影響をもたらすかもしれません。 離婚を計画している場合でも、すでに離婚している場合でも、離婚がグリーンカードや移民申請にどのように影響するかを事前に十分に理解しておくことをお勧めします。現在の移民ステータスに応じて、離婚の影響の度合いは異なります。

Divorce's Effect on Green Card

1.グリーンカード申請がまだ保留中の場合の離婚

グリーンカードの申請がまだ保留中の場合、つまり、米国市民権移民局(USCIS)からグリーンカードが付与されていない場合、結婚に基づいてグリーンカードを申請すると、通常、離婚によりグリーンカードの資格が停止されます。 。移民請願がUSCISによって承認されたかどうかに関係なく、離婚した後はグリーンカードは付与されません。

例1:あなたは米国市民(またはグリーンカード所有者)と結婚し、配偶者は領事館手続きを通じてあなたのグリーンカードを支援するためにI-130移民申請を提出しました。I-130申請はUSCISによって承認されましたが、米国領事館での移民ビザの面接を待っている間に離婚した場合、移民ビザ(グリーンカード)は取得できません。

例2:あなたは米国市民(またはグリーンカード保有者)と結婚し、米国内でのI-485ステータスの調整を通じてグリーンカードを申請しています。I-485がまだUSCISで保留中の間に離婚した場合、グリーンカードは付与されません。

例3:配偶者の姉/妹が提出したフォームI-130請願書がUSCISに承認されました。あなたが派生グリーンカード申請者である間、配偶者は主要なグリーンカード申請者です。離婚すると、派生のステータスを失い、グリーンカードを取得できなくなります。

例4:配偶者のI-140移民請願に基づいたI-485申請書を提出しました。あなたの配偶者は主要なグリーンカード申請者、あなたは派生の申請者となります。フォームI-485の申請がUSCISで保留中の間に離婚すると、派生ステータスが失われるため、グリーンカードは付与されません。

例5:亡命を与えられた配偶者を通じて派生亡命ステータスを取得し、それに基づいてI-485申請を提出しました。 I-485申請がUSCISで保留されている間に離婚した場合、派生亡命ステータスに基づくグリーンカードの資格はありません。ただし、nunc pro tunc I-589亡命申請書を自分で提出し、自分の亡命ステータスを取得してから、I-485を亡命者として提出することができます。

米国市民または合法的な永住者(LPR、またはグリーンカード保有者)と結婚した外国人には例外があります。米国市民または米国のLPRの配偶者によって虐待行為にさらされた場合は、自身でグリーンカードを申請することができます。離婚はあなたのグリーンカード申請に全く影響を与えません。このような状況では、グリーンカード申請を開始するために、フォームI-130ではなくフォームI-360を提出する必要があります。

DYgreencard.comでは、グリーンカードを申請するためのI-485ステータス調整配偶者子供兄弟に対するI-130移民請願など、さまざまな種類の申請お手伝いをしています。あなたにしていただくのは、いくつかの質問に答えて、私たちのオンラインプラットフォームに書類をアップロードすることだけです。移民弁護士が申請パッケージを慎重に確認して、承認を確実なものにします。詳細についてはこちらをご覧ください。

2.結婚を通じて条件付きグリーンカードを取得した後の離婚

米国市民またはLPRとの結婚に基づいてグリーンカードを申請し、USCISがグリーンカードを承認したときに結婚が2年未満の場合、グリーンカードは2年間の条件付きとなります。グリーンカードの条件を削除するには、I-751請願書を提出する必要があります。このグリーンカードは結婚に基づいているので、離婚はグリーンカードとI-751請願に大きな影響を与えることになります。

I-751請願書は、あなたと配偶者が共同で提出することも(「共同提出」)、またはあなたが個別に提出することもできます(「免除申請」)。次のいずれかの状況に陥った場合、免除申請を行うことができます。

  • 配偶者が亡くなった
  • 離婚した
  • 配偶者によって虐待された
  • 米国からの退去が極度の困難をもたらす

免除申請・共同申請に関係なく、結婚が真正であることを証明する証拠を提出する必要があります。USCISは、免除申請、特に離婚に基づく免除申請の場合はI-751請願を厳密に審査します。免除申請をする場合移民弁護士を雇うことを強くお勧めします。

共同提出の場合、条件付き居住期間が満了する直前90日間のみI-751請願を提出できます。免除申請については、上記の状況のいずれかが発生した場合に限り、条件付き居住期間が満了する前であればいつでもI-751請願を提出することができます。

離婚しているのにI-751がまだ提出されていない場合はどうなりますか?

離婚手続き中で、最終的な離婚判決がまだない場合でも、自分でI-751請願書を提出することができます(免除申請)。ただし、USCISは最終的に、離婚判決の写しを要求する証拠要求(RFE)を発行します。通常、このようなRFEに応答するのに87日しかありません。 RFEの期限内に離婚判決の写しを提出しなかった場合、USCISはI-751請願を却下し、削除手続きを行います(つまり、グリーンカードを終了し、米国から追放します)。離婚が争われている場合、長い時間がかかる可能性があります。そのため、離婚が確定していないときに免除申請をする場合は注意が必要です。

I-751請願書を共同で提出したが、その後I-751の承認前に離婚した場合はどうなりますか?

USCISに書面で要求して、I-751請願を免除申請に切り替えることができます。要求の際には離婚判決の写しを添付するべきです。要求をしなかった場合、後であなたの共同提出に基づいたI-751がUSCISによって承認され、USCISが事実を発見した場合、グリーンカードは取り消されます。 USCISは、I-751の承認前に離婚したという事実をどのようにして見つけることができるのかというと、市民権を申請したり、新しい配偶者のグリーンカードを支援する移民請願書を提出したり、結婚歴のスクリーニングが必要となるその他の移民申請を行ったりすると、見つかる可能性が高くなります。

DYgreencard.comでは、I-751請願パッケージ作成のお手伝いをしています。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

3. EB-5で条件付きグリーンカードを取得した後の離婚

EB-5投資プログラムを通じてグリーンカードを取得すると、2年間の条件付きグリーンカードが取得できます。 グリーンカードの条件を削除するには、I-829請願書を提出する必要があります。 幸いなことに、あなたの配偶者がEB-5プログラムの主要な投資家であった場合でも、離婚はあなたのI-829請願に影響を与えません。

4.10年間の永住権が発行された後の離婚

通常、USCISは永住権を付与した後、グリーンカード申請を再度審査することはありません。 したがって、永住権を取得した後の離婚は、グリーンカードに影響を与えません。 ですが、USCISは承認時にグリーンカードの資格がなかったと判断した場合、グリーンカードを取り消す権利があるのでご注意ください。

5.市民権申請における離婚の影響

グリーンカード保有者は、N-400、米国市民との3年間の結婚に基づく帰化申請を通じて米国市民権を申請することができます。N-400申請承認前の離婚は市民権申請に影響する可能性があります。

5年間グリーンカード保有者であることに基づいたフォームN-400はいつでも提出することができます。この帰化の資格は現在の結婚に依存していないので、離婚も市民権申請に影響を与えません。

それでも、市民権を申請するときは、USCISが移民ファイル全体を確認することに注意する必要があります。そこには間違いなく結婚歴も含まれています。米国市民またはLPRとの結婚を通じてグリーンカードを取得し、離婚した場合、N-400申請書と面接は慎重に準備しましょう。 USCISは確実にN-400面接で徹底的に質問をします。 必要に応じて追加の証拠を要求する場合もあります。要求どおりに書類を提出できない場合、USCISはN-400申請を却下する可能性があります。さらにはグリーンカードを取り消し、あなたを退去手続きに進める可能性があります。

N-400帰化申請の資格があるかどうかお困りですか?DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、資格を無料でご確認いただけます。またN-400申請パッケージを準備のお手伝いもしております。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)