難民グリーンカード

更新日08/07/2021

国際法および米国法では、難民を「自身が国籍を保有する国の外にいて、人種、宗教、国籍、特定の社会的グループのメンバーシップ、または政治的意見に基づく迫害、または迫害に対する十分な根拠のある恐怖のために、その国に戻ることができないか、またはその意思がない者」と定義されています。難民は、米国に入国してから1年後に難民グリーンカードを申請することができます。

難民と聞くと亡命と混合する場合があるかもしれません。米国で亡命を要求した人は亡命者と呼ばれます。亡命者とは、難民の定義を満たし、すでに米国に居住しているか、入国地への入国を求めている人のことです。亡命者は、亡命が認められてから1年後にグリーンカードを申請することができます。難民と亡命のグリーンカード申請手続きと書類は似ています。

Refugee Green Card

1.難民としてグリーンカードを申請することはできますか?

米国の移民法は、難民が永住者になり、最終的には市民権または帰化を申請するための道を提供しています。難民がグリーンカード保持者になるには、次の要件を満たしている必要があります。

  • 申請書を米国市民権移民局(USCIS)に提出している
  • 難民として合法的に米国に入国している
  • グリーンカード申請を行う時点で、米国に滞在している
  • グリーンカードの申請時に難民として入国してから少なくとも1年間、米国に滞在している
  • 難民のステータスが終了していない
  • まだ永住権を取得していない、かつ
  • 合法的な永住権のために米国に入国が許可されている、または不許可に対する免除資格がある(永住権またはグリーンカード取得を不可能とする特定の犯罪を犯していない)

難民グリーンカードまたは亡命に基づくグリーンカードを申請する資格があるかどうかお困りですか?DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、資格を無料でご確認いただけます。また、私たちはグリーンカード申請のお手伝いも行っております。熟練した移民弁護士が申請書全体を確認・審査し、USCISによる承認を確実なものにします。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

2.難民グリーンカードを申請するにはどのような書類が必要ですか?

  • フォームI-485、永住権の登録またはステータスの調整の申請。この手続きには、申請手数料は必要ありません。難民はこの申請の支払いを免除されています。
  • 難民としての米国への入国の証明(例:入国スタンプのあるパスポートのコピー、I-94記録、難民許可のステータスを反映して受け取ったレター)
  • 米国での1年間の滞在の証拠(例:税関国境警備局のウェブサイトで入手できる旅行履歴)
  • 米国のパスポート用写真2枚。申請前30日以内に撮られたもの;
  • 政府発行の身分証明書の写真ページの写し(例:パスポート)
  • 出生証明書の写し(可能な場合)
  • フォームI-693、健康診断および予防接種記録
  • 刑事告発、逮捕、または有罪判決の認定された警察および裁判所の記録(前科がある場合のみ)
  • フォームI-602、難民による除外理由の免除の申請(特定の犯罪を犯した、または一部の米国法に違反したために許可されない可能性があると思われる場合)

DYgreencard.comでは、難民のステータスに基づいたグリーンカード申請のお手伝いをしています。いくつかの簡単な質問に答えて、基本的な書類をオンラインプラットフォームにアップロードするだけで、後は私たちにお任せください!詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

3.家族は難民グリーンカードを申請できますか?

21歳未満の配偶者および未婚の子供は、派生者としてグリーンカード申請を提出することができます。資格を得るには、次のことを証明する必要があります。

  • 主たる申請者のI-485申請書と同時に提出するか、主たる申請者の申請が提出されたことの証明(主たる申請者のI-485受領書の提示)
  • 現在、主たる申請者の配偶者または子供である(関係の証拠が必要。例:結婚証明書、出生証明書、主たる申請者が親であることを反映した養子縁組判決など)
  • 主たる申請者のステータスの下での派生難民である
  • グリーンカード申請時に米国に滞在している
  • グリーンカードの申請時に派生難民として入国してから少なくとも1年間、米国に滞在している
  • 派生難民のステータスが終了していない
  • グリーンカードをまだ受け取っていない
  • グリーンカード取得のために米国に入国許可されているか、不許可の免除またはその他の救済を受けている。そして
  • 主たる難民はまだ米国市民になっていない

派生難民のグリーンカード申請書類は、主たる申請者のものと同様です。

4.難民グリーンカードを受け取るのにどのくらい時間がかかりますか?

難民グリーンカード申請の平均処理時間は、申請日から6〜12か月です。

5.難民グリーンカードを待っている間、働くことはできますか?

難民として米国に入国した場合は、難民ステータスとして雇用が許可されます。 入国地の検査官は、フォームI-94、「就労許可」のスタンプが押された到着-出発記録を発行しているはずです。USCISは、入国地または米国への入国後できるだけ早く、労働許可文書(EAD)を発行します。

難民は、フォームI-94と、写真のある政府発行の公式身分証明書(有効期限が切れていない外国のパスポートや運転免許証など)を使用して社会保障番号(SSN)を申請できます。 SSNを取得したら、それを使用して、就労する資格があることを雇用主に示すことができます。 USCISから発行されたEADを使用して、資格を証明することもできます。 米国で最初に仕事に応募するときには、フォームI-94は最大90日間の就労許可の証明となります。

6.難民グリーンカードで米国市民になることはできますか?

難民は、合法的な永住権を取得した日から5年後に市民権または帰化を申請することができます。難民のグリーンカードが承認されると、難民として米国に最初に到着した日から、合法的な永住権を取得することができます。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)