USCISの要件を満たす出生証明書を取得するにはどうすればよいですか?

更新日06/02/2021

USCISでは出生証明書の写しを必要とする申請または請願が多くあります。たとえば、子供・両親・兄弟のグリーンカード(米国の合法的な永住権)を申請する場合は、適格な関係であることを証明するために出生証明書の写しが必要となります。実際、グリーンカードを申請する外国人は、提出段階はそれぞれ異なりますが、出生証明書の写しを提出する義務があります。最愛の人のためにグリーンカードを申請したい米国生まれの米国市民の場合は、出生証明書の写しだけで米国市民権を証明するのに十分な証明となります。

しかし、多くの人は出生証明書の原本または認証された写しを持っていません。出生証明書がまったく発行されていない人もいます。ではUSCISの要件を満たす出生証明書を取得するにはどうすればよいのでしょうか?答えはあなたがどこで生まれたかによって変わります。

DYgreencard.comでは、グリーンカードを申請するためのI-485ステータス調整配偶者子供兄弟のためのI-130移民請願、婚約者のためのI-129F請願/ K-1ビザなど、さまざまな種類の申請のお手伝いをしています。 あなたにしていただくのは、オンラインでいくつかの簡単な質問に答えて、プラットフォームに関係書類をアップロードすることだけです。あとはお任せください!

1. 米国で生まれた場合、出生証明書を取得するにはどうすればよいですか?

一般的に、アメリカの病院で生まれた人は、母親が医療施設で出産後回復を待つ間の事務処理で、米国の出生証明書を受け取ります。自宅で出産をした人は、おそらくその場で出生フォームの証明書を完成させているでしょう。この書類は、医師または医療専門家によって認定された後、州の人口動態統計部門またはその他の出生証明書発行機関に送られているはずです。

出生証明書の原本を紛失した場合でも、出生証明書の認証された写しを入手できる場合があります。出生証明書は生体記録の1つであるため、あなたが生まれた州の生体記録を取り扱う事務所に連絡してください。各事務所は、米国疾病予防管理センター(CDC)のウェブサイトをご参照ください。

ただし、米国法曹協会(ABA)によると、年配のアメリカ人は出生証明書の認証された写しを取得するのが難しい場合があります。これは、出生記録の国家的責任が米国国勢調査局から現在の米国保健社会福祉省に移ったのが1946年になってからのためです。

2. 海外で生まれたアメリカ人の場合、出生証明書を取得するにはどうすればよいですか?

外国で生まれた米国市民の場合、米国の出生証明書を持っていないことがあります。 代わりに、FS-240とも呼ばれる海外出生の領事報告書(CRBA)を持っているかもしれません。 米国外で米国市民に乳児が生まれた場合、両親は最寄りの米国大使館または領事館に出生を報告する必要があり、これにより、乳児は出生時に米国市民権または国籍を授与されます。

後に、海外で生まれたアメリカ人が、USCISに市民権を証明するために、CRBA/FS-240認証済みの写しまたは代替が必要になった場合は、米国国務省にお問い合わせください。

3. 外国人の場合、出生証明書を取得するにはどうすればよいですか?

世界には195を超える国と地域があり、各国や地域ごとに市民登録規則が異なるため、米国のものと同じではない可能性があります。特定の国または地域の出生証明書の形式がUSCISの要件を満たしているかどうかわからない場合もあるでしょう。

そのような場合のために、国務省は各国および地域ごとにすべての市民文書情報を収集および整理しました。米国国務省の「国別の相互主義および市民文書」ページの左側の列にある国または地域の名前をクリックしてください。出生証明書を含む、国または地域の各種市民文書の文書形式、発行機関、料金、その他の情報が記載されています。このページによると、出生証明書の原本または認証された写しを持っている限り(特定の国または地域では「出生証明書」と呼ばれていない場合も含め)、どのUSCISの申請/請願においても出生証明書として十分な証拠と見なされます。

出生証明書が英語でない場合は、元の言語の写しと認定された英語の翻訳を提出する必要があります。翻訳には、翻訳者による証明書を添付する必要があります。

4.出生証明書がない場合はどうなりますか?

どうしても出生証明書の写しが入手できない場合、USCISでは、1)出生の事実と写しを取得できない理由を説明した公証された個人宣誓供述書(書面による説明) 2)少なくとも1つ以上の二次証拠 を受け付けています。二次証拠には以下を含みます:

  • 洗礼証明書
  • 国勢調査の記録
  • 地元の病院または軍病院によって発行された出生証明書
  • あなたの出産を担当した医師からの出生証明書
  • あなたの出生記録が存在しない理由の説明と、時間・場所に関する同様の記録があるかどうかを示す、あなたの母国(米国でない場合)の政府機関からの文書の原本

出生証明書が海外で発行されている場合は、米国国務省の相互主義および国別の市民文書のページで、その国のガイドラインを確認し、受け入れ可能な特定の種類の二次証拠をご確認ください。

上記の形式の二次証拠のいずれも利用できない場合は、親またはあなたより年上の近親者のいずれかからの公証された個人宣誓供述書を提出する必要があります。宣誓供述書では、作成者はあなたの出生の詳細について個人的によく知っていることを証明しなければなりません。

それでも出生証明書の代替書類でお困りの場合は、移民弁護士に相談することをお勧めします。

5. DYgreencard.comはどんなサポートをしていますか?

DYgreencard.comでは、個人情報を提供することなく、USCISに申請/請願を提出する資格があるかどうかをいつでも無料でご確認いただけます。

まだ書類を収集している最中の方にも、フォームへの記入が終わりそうな方にも、DYgreencard.comはいつでもあなたからのご質問に対する回答と申請へのお手伝いをご提供しています。

DYgreencard.comでは一流の移民弁護士がすべての申請資料を確認し、誤植や間違いを訂正し、追加料金なしでご質問にお答えしています。DYgreencard.comの詳細はこちらをご覧ください。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)