F1ビザで合法的に働くには?

更新日06/19/2021

米国は、米国への留学を希望する留学生に360,000件以上のF1ビザを発行しています。 F1ビザで米国の大学に留学している場合、または予定している場合は、授業以外の時間にお金を稼ぐ方法について興味があることでしょう。実際、F1ビザでアメリカ滞在中に生計を立てる方法はいくつかあります。卒業後も米国で働き続ける方法も見つけることができます。

F1 International Students

F1ビザで米国で合法的に働く方法はいくつかあります。キャンパスでの仕事を見つけることを好む人もいれば、キャリアで使用できる実践的なトレーニングをを好む人もいます。

カリキュラム実践トレーニング(CPT)

教育プログラムを完了するためにインターンシップまたは他の共同教育を必要とするF1の学生は、カリキュラム・プラクティカル・トレーニング(CPT) を検討できるかもしれません。このプログラムでは、F1 ビザの学生が、米国の大学で必要とされている場合に限り、自分の研究分野で実務経験を積むことができます。

CPTの資格を得るには、外国人学生は F1ビザで少なくとも 1年間、米国でフルタイムの学校に在籍している必要があります。さらに、学生は、カリキュラム・プラクティカル・トレーニングを申請する前に、学術プログラムに関連する仕事のオファーを得る必要があります。

仕事を始めるにあたり、留学生は留学生オフィスのDSOに連絡する必要があります。 DSO は、DSO が雇用においてあなたを承認したことを示す新しいフォーム I-20「非移民学生ステータスの資格証明書」を提供します。

CPTの雇用は、学校の留学生事務局が承認する限り、フルタイムでもパートタイムでもかまいません。フルタイムCPTは週20時間以上働くことを意味し、パートタイムCPTは週20時間以下を意味します。F1 留学生が12か月以上のフルタイムCPTを取得している場合、オプショナル・プラクティカル・トレーニング (OPT) の資格はありませんが、パートタイムCPTは問題なく、OPT に影響はありません。

キャンパスでの仕事

インターンシップに興味がない、またはアカデミックプログラムの開始時期には早すぎる留学生は、キャンパス内での仕事が考えられます。留学生は一定の条件を満たせば、キャンパス内で働くことでお小遣いを稼ぐことができます。

キャンパス内の仕事でF1ステータスを維持するために、留学生は以下の基準を満たさなければなりません:

  • 米国市民の学生を職に就かせることはできない
  • 週に20時間を超えてキャンパス内で働くことはできない

例外として、F1ビザの学生は、休日や休暇期間はキャンパスでフルタイムまたは週に40時間働くことができます。 F1学生ビザの条件を維持しながらお金を稼ぐ便利な方法といえるでしょう。

オプショナル・プラクティカル・トレーニング(OPT)

アメリカの大学プログラムを卒業した後、留学生はF1ビザをもう少し延長したいと思うことがあるかもしれません。オプショナル・プラクティカル・トレーニング (OPT) は、カリキュラム・プラクティカル・トレーニング (CPT) に少し似ていますが、いくつかの違いがあります。

最も重要な違いの1つは、すべてのOPTの雇用には米国市民権移民局 (USCIS)からの事前承認が必要であることです。つまり、学生はフォームI-765をUSCISに提出し労働許可 (EAD)を得る必要があるということです。

OPTに基づいてEADを申請するための一般的な資格要件は次のとおりです。

  • 雇用は学生の専攻またはコースに関連しているOPTであること
  • 学生は合法的なF1ステータスを維持していること
  • フルタイムのCPTに12か月以上従事している学生には、OPT の資格はない

F1留学生のOPTには、修了前OPTと修了後OPTがあり、ほとんどの留学生は、修了後OPTを申請します。これは、学位を取得する前に働きたい場合修了前OPTとは異なりCPTを通じて働くことができるためです。 CPTでは、USCISにフォーム I-765(410ドルの提出手数料)を提出する必要はありません。

修了後OPTでは、合計で最大12 か月のフルタイムが許可されます。留学生は、各教育レベルで12 か月の OPT を申請できます (つまり、学士レベルで 12 か月の OPT、修士レベルでさらに 12 か月の OPT を取得できます)。

修了後OPT を申請する際は、次の点に注意してください。

  • DSOがSEVIS記録にOPT の推奨事項を入力してから 30 日以内に申請する
  • 学位取得の 90 日前まで/学位取得後 60 日以内まで申請可能

修了後 OPTに基づいたEADの資格があるかどうかお困りですか? DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、無料で資格をご確認いただけます。 EADの申請準備が整ったら、当社の専門家が申請のお手伝いをいたします。あなたにしていただくのは、オンラインでいくつかの簡単な質問に答えることだけです。あとはお任せください!申請パッケージは全て承認を確実なものとするため、入国管理弁護士によって慎重に審査されます。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

STEM-OPT延長

科学、技術、工学、または数学を学んでいる F1ビザ保有者は、STEM-OPT申請を検討することができます。これにより、外国人学生は、OPT を超えてさらに24か月間、STEM研究分野内で有料トレーニングを探すことができます。

STEM-OPT延長は、現在認定されているSEVP認定大学からSTEM 専攻の学士号、修士号、または博士号を取得した留学生が利用できます。学生が現在 STEM以外の専攻でOPTに取り組んでいる場合でも、承認された米国の大学からの以前のSTEM学位に基づいて STEM-OPT の延長を取得できる場合があります。 STEM-OPTの下で外国人学生が就職するところの雇用主は、E-Verifyプログラムに登録している必要があります。

OPT と同様に、留学生は、USCISにフォーム I-765を提出し、出願手数料を支払うことにより、STEM-OPT のEADを申請する必要があります。留学生は、STEM-OPTの申請を適切かつ適時に提出した場合、24か月の延長申請が保留中の間、最長180日間OPTの期限切れEADで働き続けることができます。

DYgreencard.comでは、STEM-OPTに基づいたEAD申請をお手伝いしています。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

経済的困難の下で働く

F1 ビザで米国に滞在している学生は、限られた状況下で大学のキャンパスから離れて働くことができます。「深刻な経済的困難」を抱えていることをUSCISに示すことができれば、キャンパス外でアルバイトができる場合があります。

この経済的困難とは、学生がコントロールできる範囲を超えている必要があります。予期しない医療費、財政援助の喪失、または突然の授業料や家賃の値上げなどの金銭的圧力により、学生はキャンパスから離れて働く資格を得られる可能性があります。

突然の予期しない経済的困難によりキャンパス外で働くことを許可されるためには、学生はこのF1ビザのステータスで1年間勉強し、かつ経済的ストレスを解消するためにキャンパスで仕事を見つけることが不可能である必要があります。

仕事を始めるために必要な労働許可書 (EAD) を申請するには、まず留学生オフィスに連絡してください。留学生オフィスのDSOが、必要なフォームや書類についてお手伝いしてくれるはずです。

国際機関との協力

グローバルスタディに興味のある学生は、国際機関で働くことに魅力を感じるかもしれません。これは、一部のF1ビザ留学生の選択肢になる可能性があります。

他の多くの仕事の選択肢と同様に、仕事は学生の研究分野に関連がある必要があり、組織はF1ビザの学生の雇用資格があるとリストされている必要があります。主な国際機関の例は次のとおりです。

  • アメリカ赤十字社
  • 国連
  • 国際司法裁判所
  • 世界保健機構
  • 世界食糧計画
  • 世界貿易機関

国際機関での就職を希望する学生は、F1ビザを1年間保持し、学業成績が良好である必要があります。

F1ビザの学生の配偶者と子供

結婚している、または子供がいる外国人学生は、家計を支えるために複数の収入を得る必要があるかもしれません。残念ながら、F1 ビザ保持者の配偶者は F2ビザで米国に入国できますが、米国で合法的に働くことはできません。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)