労働許可証(EAD)と申請方法

更新日05/09/2021

多くの外国人はアメリカで働きたいと思っています。 外国人として米国で労働許可証を取得する方法は3つあります。 1つは、合法的な永住者(LPR)になること、つまりグリーンカードを取得することです。 もう1つは、H-1B、L-1、O1、TN労働者などの非移民の臨時労働者になることです。3つ目の方法は、雇用許可文書またはEAD(Employment Authorization Card)と呼ばれる労働許可証を取得することです。 この記事では、次のトピックを含む労働許可証に焦点を当てています。

1.労働許可証とは?

労働許可証は、合法的な永住者ではない特定のカテゴリーの外国人に対して、米国市民権移民局 (USCIS)によって発行された写真付きの身分証明書です。 これは、雇用許可文書またはEADとも呼ばれます(以下のサンプルを参照)。 EADがあると、外国人は米国で一時的に合法的に働くことができ、運転免許証も申請できます。

Work Permit (EAD)
労働許可証(EAD)

2.どんな人がEADを申請できますか?

現在、外国人がEAD申請出来るカテゴリは合計57あります。 各カテゴリには、それぞれの資格と書類の要件があります。 USCISが請求する申請手数料と各カテゴリーの申請住所にも多少の違いがあります。

DYgreencard.comのオンラインプラットフォームでは、次の8つのカテゴリのEADの申請をお手伝いしています。

EAD カテゴリー

内容

(a)(17)

E非移民の配偶者(E1 / E2)

(a)(18) 

L非移民の配偶者(L2)

(c)(3)(B) 

F-1学生、修了後オプショナル・プラクティカル・トレーニング(OPT)

(c)(3)(C) 

F-1学生、STEM学生向けの24か月延長(STEM OPT)

(c)(5) 

J-1交流訪問者のJ-2配偶者または子供

(c)(8) 

1995年1月4日以降に申請中の亡命申請があり、申請者は退去/国外追放手続き中である/でない

(c)(9) 

法第245条に基づくステータスの調整待ち

(c)(26)

H-1B非移民の配偶者(H4)

上記のカテゴリEADのいずれかに申し込む資格があるかどうかわからない場合、DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、無料で資格を確認することができます。 DYgreencard.comは、フォームI-765から最後に至るまで、EAD申請におけるすべての手順をご案内いたします。 詳細をご覧になるか、早速始めましょう

3. EADを申請するために必要な書類について教えてください。

  • フォームI-765
  • 410ドルの申請手数料(一部の種類のカテゴリーでは申請手数料は必要ありません)
  • 85ドルの生体認証料金(一部の種類のカテゴリでは生体認証料金は必要ありません)
  • 米国のパスポートサイズの写真2枚
  • EAD資格の証明

申請する予定のEADのカテゴリーに必要な資格の証明についてお困りですか? DYgreencard.comでは、当社のスマートソフトウェアが、お客様の状況に基づいて、提出用の正確な証明をご提供致します。 さらにDYgreencard.comでは、移民弁護士が審査した完全なEAD申請書をお届け致します。詳細をご覧になるか、早速始めましょう

4.労働許可申請書はどこに提出しますか?

USCISのウェブサイトにアクセスして、https://www.uscis.gov/i-765-addressesからカテゴリの提出先住所を確認できます。

5. EAD申請を提出した後について教えてください。

1)I-797受領通知

申請書を適切に提出すると、USCISは申請書の受領を確認する手紙を郵送し応答します。 受領書は正式にはフォームI-797C、行動通知(以下のサンプルを参照)として知られており、提出後約2〜4週間で届きます。

I-797 receipt for EAD
I-765申請のI-797受領通知

2)生体認証の予約(一部のタイプのEAD申請では不要)

提出後約3〜6週間で、生体認証の予約日時と場所を割り当てる予約通知が届きます。 場所は通常、最寄りのUSCIS申請サポートセンターになります。 USCISは、安全検査と犯罪歴チェックを実施する目的で、申請者の指紋採取を行っています。一部のタイプのEAD申請ではかなり一般的なので、心配しなくても大丈夫です。 生体認証の予約についての詳細は、生体認証の予約に関するよくある質問をご覧ください。

3)証拠の要求(ほとんどの場合ありません)

適切な証拠を含む完全な申請書を提出した場合、証拠の要求を受けることはほとんどありません。 ただし、十分な証拠を提出していない申請者は、郵送でこの要求を受け取ることがあります。 通常証拠の要求は、申請書の提出後2〜4か月で発行されます。 必要な証拠を添えて、期限内に返信しましょう。措置についてわからない場合は、移民弁護士に連絡すると良いでしょう。

4)EADの受け取り

USCISは申請書を完全に審査した後、承認または却下された申請書について裁定を下します。 申請が承認されると、EADカードが郵送されます。 申請が却下された場合、USCISは却下の理由を説明する通知を郵送します。 ほとんどの申請では、USCISは申請日から6か月以内に裁定を下します。


6. EADは社会保障番号(SSN)と同じですか? そうでない場合、SSNを取得する方法を教えてください。

EADは社会保障番号(SSN)とは異なります。 最寄りの社会保障事務所で有効なEADを使用してSSNを申請できます。 USCISの新方針により、地元の社会保障局に行かなくても、EADのI-765申請でSSNを直接申請できるようになりました。 I-765申請がUSCISによって承認されている限り、承認通知の後自動的にSSNを郵送で受け取ることになります。

7. EADの有効期限が切れている/切れそうです。更新できますか?

まだ雇用許可の資格があるが、EADが期限切れ/期限切れが近いという場合は、新しいフォームI-765と申請手数料(必要な場合)を提出することによって労働許可証(EAD)を更新することができます。 一般的には元のEADの有効期限が切れる180日より前にEADの更新を申請しないでください。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)