K-1ビザの手続きを開始する前に知っておくべきこと

更新日05/23/2021

K-1ビザは、リアリティテレビで取り上げられたことで、より広く知られるようになりました。 ただし、これらのエンターテインメントプログラムでは、K-1の申請手続きが実際よりも単純に見えている場合があります。

米国国務省の2019年のデータによると、年間35,881件のK-1非移民ビザが発行されましたが、K-1申請の約20%が却下されています。 K-1ビザの要件について事前によく知っておくことで、申請が許可された80%に入る可能性を高めることができます。

あなたが結婚のために最愛の人を米国に連れて来ることを計画しているのなら、移民弁護士に書類を確認してもらうのがいいかもしれません。 経験豊富な法律専門家の指導を仰ぐことで、婚約者の米国入国拒否につながる可能性のある落とし穴を回避することができます。ここでは、K-1申請手続きを開始する前に知っておくべき最も重要なことをリストアップしています。

1. K-1ビザはあなたに適したビザですか?

K-1ビザ(婚約者ビザとも呼ばれます)は、婚約者の米国への入国から90日以内に結婚することを条件に、米国市民の婚約したパートナーが米国に入国できるようにします。その後、新婚の配偶者は、結婚に基づくフォームI-485ステータス調整を通じて、永住権(「グリーンカード」)を申請できます。 米国市民のみが婚約者のK-1ビザ申請を行うことができます。

あなたはおそらく最愛の人のための配偶者ビザ(または「移民ビザ」、「結婚ビザ」とも呼ばれます)についても調べたことでしょう。配偶者ビザを申請するには、まず最愛の人と結婚する必要があります。 ただし、前述のようにK-1ビザの最終ステップでも結婚する必要があります。 では、K-1ビザと配偶者ビザの違いは何なのでしょうか? どちらの方がよいのでしょうか? これは簡単な質問ではありません。K-1ビザと結婚ビザにおけるそれらの違いを見てみましょう。

2. 結婚前のK-1婚約者ビザの基準

外国人がK-1ビザで米国に入国する資格を得るには、各前提条件を満たしていることを証明する必要があります。米国市民の最初のステップは、外国人婚約者のためのフォームI-129F請願書に記入することです。 K-1非移民ビザを取得するための要件を満たすために、米国市民の申請者は次のことを示す必要があります。

  • 米国市民権の証明
  • 過去2年以内に婚約者と直接会っている
  • 法的に結婚できる、そして
  • 外国人が到着してから90日以内にK-1ビザで結婚する意思がある

上記の基準が満たされていることを確認するには、米国市民の申請者はI-129Fフォームと一緒に具体的な証拠を提出する必要があります。

米国市民権の証明

米国市民が米国で生まれた場合は、出生証明書の写しを提出することで証明できます。これには、生まれた州記載もしくは有効期限が切れていない米国のパスポートが記載されています。ただし、K-1申請者が帰化または米国市民の親を通じて米国市民になった場合は、帰化証明書または市民権証明書、または有効期限が切れていない米国のパスポートの写しをI-129Fフォームに添付する必要があります。

過去2年以内に婚約者と直接会っている

幸せそうな二人の写真は、K-1申請前の2年の間に二人が一緒にいたことを示す良い証拠です。さらに、飛行機のチケットの写しやホテルの予約などの渡航文書もそれを裏付けることができます。

米軍に所属している場合は、指揮官からレターを出してもらうか、婚約者の出身国に駐留していることを示すその他の証拠を提出することも検討できます。

法的に結婚できる

米国市民権移民局(USCIS)は、ビザ保有者が重婚を犯さないよう目を光らせています。したがって、米国市民と外国人の婚約者は、合法的に婚約できることを示す準備をする必要があります。

二人のどちらかが離婚している場合、離婚判決文書によって、新しい人と自由に結婚できるようになったことを示す必要があります。離婚したのが外国人で、書類が英語以外の言語である場合は、英語の翻訳と翻訳証明書を外国の離婚判決文書に添付する必要があります。

婚約者のいずれかに亡くなった元配偶者がいる場合は、USCISに死亡診断書を提出する必要があります。さらに、年齢が若いカップルの場合は、双方が合法的に結婚出来る年齢であることを証明することが重要です。

到着から90日以内に結婚するという意志

K-1非移民ビザは、外国人の婚約者が米国に到着してから90日間のみ有効です。したがって、K-1は、米国に入ってから数年かけてボーイフレンドやガールフレンドとして知り合うための方法ではありません。

結婚式の計画の証拠は、K-1ビザ保有者が米国に入国してから90日以内に結婚するという誠実な意図を示す有用な証拠となる可能性があります。

婚約者のK-1ビザを申請する資格があるかどうかお困りですか?DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、資格を無料で確認できます。DYgreencard.comはフォームI-129Fから最後に至るまで、K-1申請手続きのすべての手順をご案内致します。あなたにしていただくのは、いくつかの質問に答えて、オンラインプラットフォームに書類をアップロードすることです。あとはお任せください!詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

3. 開始からグリーンカードまでのK-1ビザの手続き、費用、処理時間

上記のように、K-1ビザ手続きを開始する最初のステップは、米国市民がI-129F請願書をUSCISに提出することです。 USCISが申請を承認した後、ナショナルビザセンター(NVC)により、申請は母国または外国人婚約者が永住権を持っている国にある米国大使館/領事館に転送されます。申請が米国大使館/領事館に転送されている間、外国の婚約者は米国大使館/領事館でのK-1非移民ビザ面接の準備をする必要があります。

面接の準備には以下が含まれます:

米国市民の財政支援責任の詳細については、フォームI-134およびK-1ビザ取得のための要件をご確認ください。

面接後、ビザ担当者が外国人婚約者にK-1ビザを付与すると、パスポートにK-1ビザスタンプ(以下のサンプルを参照)が貼付されます。外国人婚約者はこのK-1ビザスタンプを使用してビザの有効期限が切れる前に米国に入国しなければいけません。到着後、二人は90日以内に結婚する必要があります。夫婦が結婚しないことを決定した場合、外国の婚約者は90日後にステータスを失い、すぐに米国を離れなければいけません。

K-1 Visa Stamp
K-1ビザスタンプ

二人が結婚した後、外国人配偶者はグリーンカード取得のためのI-485ステータス調整の申請を提出しましょう。 I-485申請の提出時期に時間制限がない場合でも、できるだけ早く申請することをお勧めします。 K-1婚約者ビザに基づいてI-485申請を提出する方法の詳細については、K1ビザでの入国後のステータス調整の記事をご覧ください。

DYgreencard.comでは、難しいことなくI-485申請をすることができます。詳細をご覧になるか、早速始めましょう

次の表は、開始からグリーンカードまでのK-1ビザの全手順、費用、および処理時間を簡単にまとめたものです。

 

ステップ 1

ステップ 2

ステップ 3

処理機関

USCIS

NVC/U.S. 領事館

USCIS

申込フォーム

I-129F

DS-160・I-134

I-485など

費用

535ドル

265ドル

1225ドル

その他の費用

0

約300-800ドル

約300-500ドル

処理時間

平均3-8ヵ月

平均1-4ヵ月

平均3-18ヵ月

4. K-1ビザ申請が却下される一般的な理由

2019年に承認されなかった9,518件のK-1婚約者ビザの中には、よくある間違いや抜けがあります。 多くの却下された申請は、必要な収入を明確にしていなかったり、二人が自分たちの愛が本物であることが十分に証明できていなかったり、申請者が法律を守っていることを示せなかったために却下されています。

また、K-1非移民ビザの却下は、フォームへの記入が不完全または不正確であることが原因である可能性があります。経験豊富な移民弁護士が申請パッケージ全体を徹底的に確認することでそれを防ぐことが出来ます。

DYgreencard.comでは、移民弁護士があなたの質問に答え、K-1申請パッケージ全体の正確性と完全性を確認します。 弁護士が申請パッケージを確認した後にのみ、申請はUSCISに提出されます。 詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

5. K-1ビザvs.K-2ビザvs.K-3ビザ

すべての「K」ビザは米国に入国するための一時的な許可であり、さまざまなカテゴリーの個人に適用されています。

K-1ビザ

婚約者のK-1ビザの手続きは、海外から米国に新しい配偶者を連れてくる手続きとは少し異なります。米国市民が結婚を予定している相手の入国を希望する場合、結婚式の前に90日間有効なK-1ビザを取得することになります。ビザの有効期限が切れる前、90日以内に結婚しなければいけません。

K-2ビザ

K-2签证不是为外国新娘或新郎准备的,而是K-1签证持有者21岁以下的孩子才可申请的签证类型。申请K-1签证时,申请人应列出可能符合K-2签证条件的子女的姓名。实际上,如果孩子很快就要21岁了,您应该快点。作为K-2签证持有者,要想通过I-485身份调整申请绿卡,他或她以K-2非移民身份进入美国时必须未满21岁。

K-3ビザ

逆に、米国市民がすでに外国人と結婚していて、この米国市民から配偶者のためにI-130移民申請が提出されており、配偶者が米国に住むことを希望する場合、配偶者はK-3ビザが必要になります。 K-3ビザは、I-130請願がUSCISで長期間、たとえば2年以上保留されている場合に適したオプションとなります。ただし、現在米国市民が提出したI-130請願のUSCISの平均処理時間は1年未満です。そのため、現時点ではK-3ビザを取得するケースはあまりありません。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)