グリーンカードまたはその他のUSCIS申請の離婚届

更新日05/23/2021

「離婚届」「離婚判決」「離婚証明書」とも呼ばれる離婚届は、夫婦間の結婚が法的に終了したことを証明する離婚判決文書です。 最愛の人のために結婚グリーンカードまたはK-1婚約者ビザを申請する場合、または以前のすべての結婚が合法的に終了したことを証明する必要があるその他の申請を行う場合は、離婚届が必要となります。 離婚届についていろいろご質問があるかもしれません。 ここでは、多くの人が探している最良の答えをご提供します。

DYgreencard.comでは、グリーンカードを申請するためのI-485ステータス調整配偶者子供兄弟のためのI-130移民請願、婚約者のためのI-129F請願/ K-1ビザ、帰化のためのN-400申請など、さまざまな種類の申請をお手伝いしています。 あなたにしていただくのは、オンラインでいくつかの簡単な質問に答えて、プラットフォームに関係書類をアップロードすることだけです。 あとはお任せください!申請パッケージは全て、USCISによる最終承認を確実にするために、専門の移民弁護士によって慎重に確認・審査されます。 詳細はこちらをご覧ください。

1. 米国で離婚する方法は?

他の国とは異なり、米国での結婚の解消は、裁判所の訴訟によって行われなければなりません。つまり、配偶者の1人は、裁判所に結婚の終了を求める法的請願書を提出しなければならないということです。米国の家族法は連邦政府ではなく個々の州によって制定されているため、離婚請願書は居住する州の裁判所に提出します。

離婚を申請するためには居住要件があります。ほとんどの州では、離婚を申請する前に少なくとも6か月の居住が必要ですが、いくつかの州では1年以上の居住が必要です。ネバダ州は、居住要件がわずか6週間であるため、離婚を求める人たちには人気のある州ですが、USCISが住所の履歴に疑問を呈することがあるため、離婚請願書を提出する前に、少なくとも6週間以上は実際に居住する必要があります。 もしUSCISが、どちらの離婚当事者も居住要件を満たしていない確固たる証拠を見つけた場合、USCISは離婚の正当性に異議を唱えることになります。

夫婦が裁判所での手続きを全て終えると、離婚判決が裁判官によって下されます。

2. 海外で離婚した場合、米国で再び離婚する必要がありますか?

離婚が行われた国または地域で正式に離婚した場合、ほとんどの場合、海外での離婚は米国の各州の家族法に基づいて認められているため、米国で再度離婚する必要はありません。

ただし、どちらの離婚当事者も離婚する場所に居住していない場合は、法律の下で離婚が有効であったとしても、米国のどの州でも認められません。米国の州によって離婚が認められない場合、既存の結婚は米国で有効であると見なされるため、その後合法的に米国で再婚することはできません。

例:

トムとエミリーはベトナムで結婚しました。どちらもベトナム国民です。二人とも米国の合法的な永住権を与えられており、合法的な永住者になって以来、カリフォルニア州に継続的に居住してきました。 2018年、トムとエミリーはベトナムで正式に離婚しました。 2019年、トムはラスベガスでアンナと結婚しました。トムはアンナにI-130移民請願書を提出し、USCISによって却下されました。理由は、ベトナムでの元妻エミリーとの離婚がネバダ州の家族法で認められていないため、トムとアンナの結婚が合法とならないからです。

上記の例では、トムとエミリーがカリフォルニア州で離婚した場合、その離婚はネバダ州によって認識されるため、トムとアンナの結婚はネバダ州の法律の下で合法となります。興味深いことに、トムとアンナがベトナムで結婚した場合、USCISは彼らの結婚の正当性に異議を唱えません。実際、トムかエミリーのどちらかが、離婚時に米国で非移民のステータスだったとすると、USCISはトムとアンナの間の結婚の正当性に異議を唱えません。

3. 米国で離婚した場合、離婚判決の写しを入手するにはどうすればよいですか?

上記のように、いずれかの配偶者が管轄権を有する裁判所に正式に離婚請願書を提出した場合、最終的には裁判官によって離婚判決が下されます。 そのため、元の離婚判決文書をなくした場合は、離婚した裁判所書記官事務所で証明された写しを発行してもらうことができます。

4. 海外で離婚した場合、離婚届の写しを入手するにはどうすればよいですか?

一部の国または地域での結婚の解消は、裁判所の訴訟または相互の和解合意によって行うことができます。相互の和解合意による場合、離婚判決はなく、離婚証明書が当事者に発行されます。

離婚証明書は通常、離婚を計画している国または地域の民政機関または結婚登録事務所によって発行されます。特定の国または地域の民政機関がどの事務所かわからない場合は、米国国務省の相互主義および国別の民事文書のページの左側の列をご確認ください。離婚証明書、離婚判決、または訴訟によって離婚する場合の離婚判決を含む、各タイプの民事文書の文書形式、発行権限、料金、その他の情報について記載されています。

死亡診断書および無効証明書も上記から入手できます。

離婚届が英語でない場合は、元の言語の写しと認定された英語の翻訳を提出する必要があります。翻訳には、翻訳者による証明書を添付する必要があります。

5. 離婚届の写しがない場合はどうなりますか?

どうしても離婚届の写しが入手できない場合、USCISでは、離婚を証明するための代替証拠も受け付けています。 代替証拠には以下を含みます:

  • 公証された宣誓供述書。離婚の事実と、離婚届の正式な写しを入手できない理由が説明されていること。 そして
  • 離婚届が入手できない理由の説明が民政機関から証明された公証書

民政機関から公証書を入手できない場合は、代わりに、両親の1人など、他の人から少なくとも2つの追加の公証宣誓供述書を提出する必要があります。宣誓供述書では、作成者はあなたの離婚についての個人的な情報の詳細を知っていることを証明しなければなりません。

6. 私の離婚がUSCISによって認められない可能性はありますか?

上記の項目2にあるように、次の結婚が行われる州によって離婚が認識されない場合、USCISは離婚を認めません。 したがって、離婚当事者の移民ステータス、離婚時の居住地、およびその後の結婚が行われる場所をはっきりさせることは非常に重要です。 実際のところ、本件は複雑であるため、離婚または結婚がUSCISによって承認されるかどうかわからない場合は、移民弁護士に相談して判断されることをお勧めします。

DYgreencard.comでは、移民弁護士が質問にお答えし、申請パッケージ全体の正確性と完全性を確認します。 弁護士が申請パッケージ全体を確認した後で、申請はUSCISに提出されます。 詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)