ステータスの調整を通じた結婚グリーンカードの申請の方法

米国で結婚グリーンカードを取得するためのStep by stepガイド

更新日05/09/2021

あなたが現在米国内にいて、米国市民または合法的な永住者(グリーンカード保有者)と結婚した外国人である場合、あなたはステータスの調整を通じてグリーンカードを申請する資格があるかもしれません。 米国外でグリーンカードを待つ予定がある場合は、領事館の手続きを進める必要があります。 K-1婚約者ビザをお持ちで、グリーンカードを取得するためにステータスの調整申請を提出したい場合は、K-1ビザの入力後にステータス調整をクリックして、その方法をご確認ください。

1. ステータスの調整にはどのような資格が必要ですか?

次の要件をすべて満たしている場合、ステータスを調整することで結婚グリーンカードを取得できます。

米国市民と結婚した場合

  • 米国にいる。
  • 結婚は合法で正式なものである。
  • 非移民ビザ・ビザ免除プログラム・臨時入国許可を通じて米国に入国した。
  • 配偶者は未成年者に対して特定の犯罪をしていない。そして;
  • INA212に該当しない。

合法的な永住者と結婚した場合

  • 米国にいる。
  • 結婚は合法で正式なものである。
  • 米国で非移民の法的ステータスを維持している。
  • ビザ免除プログラムを使わず米国に入国した。
  • ビザ番号はビザ情報にある最新のものである。
  • 配偶者は未成年者に対して特定の犯罪をしていない。そして;
  • INA212に該当しない。

INA 212には、多くの不許可の理由があり伝染病、特定の犯罪、ビザ申請の詐欺、国家安全保障に反する特定のメンバー活動、「公的責任」になる可能性のあるもの、以前に退去または国外追放された場合などが挙げられます。

ステータスの調整を通じて結婚グリーンカードを申請する資格があるかどうかわからない場合、DYgreencard.comでは個人情報を提供することなく、無料で資格をご確認頂けます。米国市民と結婚している場合はこちら、合法的な永住者と結婚している場合はこちらで適格性をご確認ください。DYgreencard.comはステータス調整申請パッケージをご用意し、準備をお手伝いしております。米国市民と結婚している場合はこちら、合法的な永住者と結婚している場合はこちらで詳細をご覧ください。

2. 結婚に基づくステータスの調整を申請するために必要なフォームは何ですか?

ステータスの調整申請フォームはフォームI-485と呼ばれます。ただし、I-130移民請願なしにI-485を提出することはできません。フォームI-130(フォームI-130Aも必要です)は、あなたのために移民請願を開始するあなたの配偶者によって提出されます。配偶者が米国市民である場合、配偶者はI-485と一緒にフォームI-130を提出することができます。配偶者が合法的な永住者である場合、特定の月に、ビザ番号がビザ情報のF2Aカテゴリで最新のものである限り、配偶者はI-485と一緒にフォームI-130を提出することができます。

多くの場合、フォームI-130およびI-485に加えて、結婚に基づくステータスの調整の申請にフォームI-864も必要となります。フォームI-864サポートの宣誓供述書は、配偶者があなたのグリーンカード申請を後援するのに十分な収入/資産があることを証明するために提出します。

外国人がステータスの調整を申請する場合は、I-693健康診断書と予防接種記録も必要です。健康診断は、USCISによって認可された市民外科医によって行われなければなりません。 I-693をI-485と一緒に提出することも、USCISが後日要求したときに後で提出することもできます。

さらに、フォームI-765をI-485と一緒に提出して、追加の提出手数料なしで労働許可証(EAD)とSSNを申請することもできます。近いうちにすでに旅行の計画がある場合は、フォームI-131をI-485と一緒に提出して、追加の提出手数料なしで事前臨時入国許可を申請することもできます。ただし、一部の申請者には、海外旅行はグリーンカード申請に良くない影響を及ぼす可能性があります。したがって、事前に移民弁護士に相談することをお勧めします。

気を付けなければならないのは、各フォームに関係書類の要件があることです。関係書類は申請者の状況によって異なります。概要については結婚グリーンカード申請のための書類チェックリストをご参照ください。

DYgreencard.comでは、お客様の状況ごとに、どのような関係書類が必要かを正確にお知らせすることができます。あなたにしていただくのは、オンラインプラットフォームを通していくつかの簡単な質問に答えることのみです。さらに私たちはUSCISが好む方法ですべてのフォームに記入し、正確に関係書類を集めます。米国市民と結婚している場合はこちら、合法的な永住者と結婚している場合はこちらで詳細をご覧ください。

3. ステータスの調整を通じて結婚グリーンカードを申請するのにどれくらいの費用がかかりますか?

フォーム

申請手数料

その他

I-130

535ドル

I-130A

I-485

1140ドル  + 85ドル生体認証料金(79歳以上の場合は不要)

I-864

I-693

400ドル(健康診断の平均請求額)

I-765

I-131

合計

~2200ドル

弁護士費用(依頼した場合)

≥ 2000ドル

DYgreencard.comでは、他よりはるかに安い価格で移民弁護士に相談することができます。結婚に基づいたステータスの調整の申請においては少なくとも50%の費用節約をお手伝いできます。 米国市民と結婚している場合はこちらで、合法的な永住者と結婚している場合はこちらで詳細をご覧ください。

4. ステータスの調整の申請はどこに提出しますか?

米国郵政公社(USPS)の優先郵便の場合

USCIS
PO Box 805887
Chicago, IL 60680-4120

USPS Express MailFedExUPSDHLの場合

USCIS
Attn: FBAS
131 South Dearborn – 3rd Floor
Chicago, IL 60603-5517

5. ステータスの調整を通じて結婚グリーンカードを取得するのにどのくらい時間がかかりますか?

結婚に基づくステータスの調整の申請処理時間は、申請者の状況と住んでいる場所によって異なります。

配偶者が米国市民の場合、処理期間は3〜24か月です。 お住まいの地域にサービスを提供しているUSCISローカルオフィスの取扱件数が少ない場合、住所によりますが、3か月以内に結婚グリーンカードが取得できる可能性があります。ですが多くのUSCIS地方事務所は取扱件数が多いため、最終的に結婚グリーンカードを取得するのに本当に長い時間がかかります。

配偶者が合法的な永住者である場合、処理時間は12~36ヶ月です。 繰り返しになりますが、処理時間のより正確な見積もりは、どこのUSCIS事務所が申請を取り扱っているかによって異なります。 一部のUSCIS事務所は取扱件数が少ないため、他の事務所よりもはるかに迅速に処理されます。

6. ステータス申請の調整を提出した後について教えてください。

1)I-797受領通知

すべてのフォームを適切に提出すると、USCISは、フォームの受け取りを確認する手紙を郵送することで応答します。 受領書は正式にはフォームI-797C、行動通知として知られており、提出後約3〜6週間で届きます。

2)生体認証の予約

提出後約4〜8週間で、生体認証の予約日時と場所が記載された予約通知が届きます。 場所は通常、最寄りのUSCIS申請サポートセンターになります。 USCISは、安全検査と犯罪歴チェックを実施する目的で、申請者の指紋を採取しています。これはすべての申請者が受けなければなりません。生体認証の予約についての詳細は、生体認証の予約に関するよくある質問をご覧ください。

3)初期の証拠の要求(ほとんどの場合ありません)

適切な証拠を含む完全な申請パッケージを提出した場合、初期の証拠の要求を受け取る可能性はほとんどありません。 ただし、十分な初期の証拠(申請者の出生証明書、完全なI-864およびその関係書類など)を提供していない申請者は、この要求を郵送で受け取ります。 通常この要求は、申請書の提出後2〜4か月で発行されます。 必要な証拠を添えて返信してください。 通常、返信するのに87日の猶予があります。 措置についてわからない場合は、移民弁護士に相談すると良いでしょう。

4)労働許可証(EAD)、事前臨時入国許可、およびSSNの受け取り(I-765およびI-131をI-485と一緒に提出した場合)

通常、USCISがすべての初期の証拠を受け取った場合、ステータスの調整の申請提出後3〜6か月以内に労働許可証(EAD)、事前臨時入国許可、およびSSNが別々に届きます。ほとんどの場合、労働許可証(EAD)と事前臨時入国許可は以下のようなコンボカードになります。 EADがあると、グリーンカードを取得する前に米国で合法的に働く権利を得ることが出来ます。 EADで運転免許証を申請することもできます。 事前臨時入国許可を使用すると、特定の状況下で海外旅行をすることができます。 EAD / APは1年間のみ有効ですが、I-485申請がUSCISで保留されている間は申請手数料なしで更新できます。

DYgreencard.comでは、EAD、事前臨時入国許可、またはEAD / APコンボカードの取得をお手伝いしています。 EADの更新については、詳細を確認するか、早速始めましょう。 事前臨時入国許可の更新については、詳細を確認するか、早速始めましょう。 EAD / APコンボカードを更新するには、詳細を確認するか、早速始めましょう

EAD AP Combo Card
EAD / APコンボカード

5)ステータスの調整の面接

結婚に基づいたステータスの調整の申請者は、面接を受ける必要があります。面接日の約1ヶ月前に郵送で面接通知が届きます。文書には面接の日付、時刻、場所(USCIS事務所)および面接に持参する必要のある書類が示されています。配偶者も面接を受ける必要があります。通訳をつけることはできますが、USCISで電話通訳サービスを利用できるようになったため、必須ではありません。ほとんどの場合、入国管理官の前で二人が一緒に面接を受けます。

基本的に、ステータスの調整の面接の目的は次のとおりです。

  • I-130およびI-485で提供されるすべての個人情報/回答を確認し、必要に応じて情報を更新する。
  • I-130およびI-485のすべての関係書類の原本とコピーを確認し、必要に応じて新しい文書を収集する(I-693健康診断書、正式な結婚を証明するためのより多くの証拠などに、期限切れになったものがあった場合)。
  • なれそめに関する基本的な情報を収集する(いつ、どこでどのようにしてお互いを知ったか、いつ、どのように交際を始めたか、いつ、どこで、誰がどのようにプロポーズしたか、結婚披露宴はあったか、両親に会ったかどうかなど)。

面接のための適切な準備と練習は、ステータスの調整の申請を成功させるために重要です。面接の準備方法と何を聞かれるかについての詳細は、 I-485ステータスの調整の面接に関するよくある質問をご覧ください。

6)2回目の面接(USCISが結婚の事実に疑いがある場合)

2回目の面接は通常ストークス面接と呼ばれます。ステータスの調整の面接を行っている入国管理官が、夫婦の結婚状況に不正があると疑った場合に行われます。最初の面接から6か月以上USCISから連絡がない場合、ストークス面接通知を受け取る可能性があります。ストークスの面接を受ける場合、申請がさらに1〜2年大幅に遅れます。

ストークス面接では、あなたと配偶者は別々に面接されます。入国管理官は、昨夜食べたものなど、あなたと配偶者の日常生活の非常に個人的な情報と細かな事柄を尋ねます。先週末誰が洗濯をしたか?寝室などの簡単な間取り図を描くこともあります。この他にも何十もの質問を二人に別々に尋ねます。通常ストークス面接は3〜6時間続き、すべてが記録されます。ストークス面接の終わりに、二人の答えに矛盾がないか比較されます。重大な不一致があり、合理的な説明がない場合、ステータスの調整は却下されます。したがって、ストークス面接の前に、経験豊富な移民弁護士に相談することを強くお勧めします。

7)証拠の要求(ほとんどの場合ありません)

ステータスの調整の面接(またはストークス面接)後、申請自体は良好であるが特定の書類が不足していると判断された場合は、指定された書類の提出を求める要求が届きます。 通常、87日以内に返信の必要があります。

8)結婚グリーンカードまたは却下通知の受け取り

USCISが申請書を完全に審査した後、承認または却下された申請書について裁定を下します。 申請が承認されると、I-485承認通知とともに結婚グリーンカードが郵送されます。 申請が却下された場合、USCISは却下の理由を説明する通知を郵送します。却下された場合には、恐らく経験豊富な移民弁護士が必要となるでしょう。


7.結婚グリーンカードの有効期限が2年間だけなのはなぜですか?

入国管理官がステータスの調整の申請を承認した日からあなたと配偶者の結婚が2年未満の場合、2年間有効な結婚グリーンカードが取得できます。これは有効期限の90日前から更新する必要があります。 2年のグリーンカードを更新する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。 入国管理官が申請を承認した日から結婚が2年を超える場合は、10年間の永住権カードを取得することができます。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)