グリーンカードまたは他のUSCIS申請の結婚証明書

更新日05/23/2021

結婚証明書の写しを必要とする移民関連の申請には多くの種類があります。 たとえば、米国市民または合法的な永住者(グリーンカード所有者)の親族にグリーンカードを申請する最初のステップである、配偶者・父親・継子のためのI-130移民請願書、K-1ビザの婚約者または外国人労働者の配偶者によって提出されるI-485ステータス調整の申請、 労働許可証(EAD)のI-765申請の一部のカテゴリーでも、結婚証明書の写しが必要です。 ここでは、申請者からよく聞かれる一般的な質問への回答をご提供します。

DYgreencard.comでは、グリーンカード申請のためのI-485ステータス調整配偶者子供兄弟のためのI-130移民請願、婚約者のためのI-129F請願/ K-1ビザ、労働許可のためのI-765申請、帰化のためのN-400申請など、さまざまな種類の申請のお手伝いをしています。あなたにしていただくのは、オンラインでいくつかの簡単な質問に答えて、プラットフォームに関係書類をアップロードすることだけです。あとはお任せください! 申請パッケージは全て、USCISによる最終承認を確実にするために、専門の移民弁護士によって慎重に確認・審査されます。詳細はこちらをご覧ください。

1. アメリカで結婚するには?

一般的に、米国で結婚することは非常に簡単です。 18歳以上であれば、米国での移民ステータスに関係なく結婚できます。カリフォルニアのようないくつかの州では、同性の人々も結婚することができます。移民関連の目的上、以前に結婚したことがある場合は、再婚する前に、以前のすべての結婚を合法的に終了する必要があります。

どこに住んでいても、米国のどの州でも結婚できます。ただし、米国の婚姻法はそれぞれの州によって制定されているため、結婚を計画している州の手続きと要件に従う必要があります。

ほとんどの州では、その州の郡または市から結婚許可証を取得する必要があります。直接行く前に、まずウェブサイトをチェックして、正しい手順と、持参する必要のある書類を確認することをお勧めします。結婚許可証を申請するときは、通常、両方の当事者が立ち会う必要があります。一部の州では証人も必要です。

有効な写真付き身分証明書をご持参ください。どちらかが以前に結婚していた場合は、義務付けられていない場合でも、結婚が終了したことを証明する書類を持参することをお勧めします。少なくとも結婚が終了した日付を覚えておきましょう。米国で結婚するために、独身/非結婚のステータス証明書は必要ありません。

結婚を完了するためには結婚式をしなければなりません。米国では、結婚式はその州によって結婚式をとり行うことを許可された人々、すなわち宗教大臣、治安判事などによって行われなければならない儀式です。ほとんどの郡や市では、その場で結婚式を実行することが可能です。そのため、結婚許可証と結婚証明書を同じ日に取得することが可能です。

結婚披露宴と結婚式を混同しないでください。結婚披露宴は、家族、友人、その他の親しい人々と結婚式を祝うイベントです。結婚披露宴は、その州から結婚式の実施を許可された人々によって行われる場合、結婚式と見なすことができます。

2. 海外で結婚した場合、米国で再婚する必要がありますか?

結婚が行われた国または地域で正式に結婚したのであれば、米国で再婚する必要はありません。ほとんどの場合、海外での結婚は各州の婚姻法で認められています。「重複した」結婚は、状況によっては混乱を引き起こす可能性がありますので、避けたほうが良いでしょう。

3. 米国で結婚した場合、結婚証明書の写しを取得するにはどうすればよいですか?

上述のように、結婚証明書は結婚した郡または市によって発行されます。結婚証明書を紛失した場合は、郡の書記、市役所、または市民登録機関で正式な写しを取得することができます。 もしくは、結婚証明書は重要な記録のひとつであるため、結婚が行われた州の生体記録の事務所でも発行可能です。 各事務所は、米国疾病予防管理センター(CDC)のウェブサイトから見つけることができます。

4. 米国市民が海外の非米国市民と結婚する方法について教えてください。

一般的に、あなたは結婚する場所の婚姻法を遵守しなければなりません。 したがって、結婚を計画している国または地域の地方民政に相談してください。 婚姻法、その要件、結婚の手続きは、195を超える国と地域により、大きく異なります。

結婚を登録する際、一部の国では、米国市民が独身であり、結婚する資格があることを証明するために、独身/非結婚であることの証明書が必要となります。これは本人が独身または非結婚状態にあることを証明するために米国市民によって発行された公証書です。 このような独身/非結婚の証明書を取得する方法は2つあります。 1つは、米国にある該当国の大使館または領事館に連絡して、そのような証明書を取得することです。 もう1つの方法は、結婚を計画している国の米国大使館/領事館に連絡することです。

5. 海外で結婚した場合、結婚証明書の写しを入手するにはどうすればよいですか?

結婚証明書の写しを入手する最も簡単な方法は、結婚したところの民政機関に連絡することです。 特定の国または地域の民政機関がわからない場合は、米国国務省の相互主義および国別の民事文書のページの左側の列を確認してください。 文書の形式、発行機関、手数料、および結婚証明書を含む各種市民文書のについての詳細が記載されています。

結婚証明書が英語でない場合は、元の言語の写しと認定された英語の翻訳を提出する必要があります。 翻訳には、翻訳者による証明書を添付する必要があります。

6. 結婚証明書の写しが入手できないとどうなりますか?

どうしても結婚証明書の写しが入手できない場合、USCISでは、結婚を証明するための代替証拠も受け付けています。 証拠には以下を含みます:

  • 公証された宣誓供述書。結婚の事実と、結婚証明書の正式な写しを入手できない理由を説明されていること。 そして
  • 結婚証明書が入手できない理由の説明が民政から証明された公証書

民政から公証書を入手できない場合は、代わりに両親の1人や結婚式を行った牧師など、少なくとも2人以上からの公証された宣誓供述書を提出する必要があります。 宣誓供述書では、作成者はあなたの結婚についての個人的な情報の詳細を知っていることを証明しなければなりません。

7. 結婚式が宗教的および伝統的なもののため結婚証明書がない場合はどうなりますか?

まず、国または地域が宗教的および伝統的な結婚式を認識しているかどうかを把握する必要があります。 認識している場合には、上記の代替証拠を提出することができます。 認識されていない場合は、そのような国または地域で結婚を登録すると、結婚証明書を取得できるはずです。 あなたが結婚することを計画している地元の民政に相談することをお勧めします。

8. 私の結婚がUSCISに認められない可能性はありますか?

移民目的上、結婚がUSCISによって認められないさまざまな状況があります。 USCISによって認められないということは、母国が特定の種類の結婚を許可している場合でも、移民関連の申請の目的ではUSCISによって認められない可能性があることを意味します。

以下の結婚は、それが祝われた場所で有効であっても、USCISによって認められません。

  • 一夫多妻の関係
  • 未成年者の結婚
  • シビルユニオン、同棲関係のような、お祝いをした場所で結婚として認識されない関係
  • 式典に1人が出席しなかった代理結婚
  • 米国で結婚したが、離婚時にどちらの離婚者も定住していなかった、または
  • 移民の理由で締結された関係

結婚がUSCISによって承認されるかどうかわからない場合は、移民弁護士に相談することをお勧めします。

DYgreencard.comでは、移民弁護士が全ての質問にお答えし、申請パッケージ全体の正確性と完全性を確認します。弁護士があなたの申請パッケージの準備ができたことを確認した後にのみ、申請はUSCISに提出されます。詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)