フォームI-485を提出した後について

更新日08/06/2021

フォームI-485、永住権登録申請書、またはステータス調整申請書を提出すると、ほっとすることでしょう。 しかし、書類が米国市民権移民局(USCIS)に郵送されると、次はフォームが処理されるまでにかかる時間について心配になるかもしれません。

フォームI-485の提出からその処理までのタイムラインに沿って何が起こるかは、USCISによって現在処理されている申請書の数によって異なります。 ただし、グリーンカードには通常処理時間の範囲があり、申請後にステータスを確認する方法はいくつかあります。

1.フォームI-485の目的

フォームI-485は、合法的な永住権(グリーンカード)を申請する米国にいる外国人のためのものです。

グリーンカードの資格を得るための要件は、資格のカテゴリによって異なります。 外国人がフォームI-485を提出できるようになるまでには長いタイムラインがあることもあれば、グリーンカードへの道のりが短いこともあります。 グリーンカードの資格を得るのにどれだけ時間がかかっても、フォームI-485を提出した後、USCISは申請者に受領書を送付します。

フォームI-485を提出して、グリーンカードの資格があるかどうかお困りの場合は、DYgreencard.comで個人情報を提供することなく、適格性を無料でご確認いただけます。 熟練した移民弁護士が確認・審査した完全な申請パッケージを準備して、承認を確実なものにするお手伝いをいたします。 詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

2.USCISからのフォームI-485受領書

USCISはフォームI-485を受け取った後、フォームI-797C行動通知(受領通知、以下のサンプルを参照)を送付します。 通常、受領通知は、USCISがI-485を受領してから約2〜4週間後に送付されます。

I-485 Receipt Notice
I-485受領通知

I-485受領通知には、グリーンカード申請者がUSCIS申請状況確認ページでI-485申請状況について問い合わせるときに利用する13桁の受領番号があります。 さらに、myUSCIS申請状況確認アカウントがあるユーザーは、アカウントでEメールまたはテキストメッセージアラートを有効にすると、申請状況更新通知を自動的に受信できます。

フォームI-485申請書に署名がない、その他の何らかの重要な不備がある場合、I-485申請書全体がUSCISによって却下され、申請者に返送されることがあります。

DYgreencard.comでは、USCISによる却下を回避するために、移民弁護士によって徹底的に確認された完全なI-485申請パッケージをご提供しております。詳細はこちらをご覧ください。


3.フォームI-485の処理手順とタイムライン

フォームI-485の申請ですべてが順調であり、I-485の受領通知を受け取った場合でも、USCISではさらに時間がかかります。

1)生体認証の予約

フォームI-485をUSCISに提出してから約3〜5週間後、グリーンカード申請者は生体認証の予約に関する通知を受け取ります。現在は新型コロナウイルス感染拡大のため、生体認証の予約通知が来るまでにより多くの時間がかかると考えたほうがよいでしょう。

生体認証の目的は、グリーンカード申請者から指紋、写真、署名を取得して、身元調査を行えるようにすることです。生体認証は通知を受け取ってから2〜3週間の間に予約されています。

手続きは全体で約15〜20分です。申請者は、パスポート、軍の身分証明書、州発行の身分証明書、運転免許証など、有効な形式の写真付き身分証明書を必ず持参してください。生体認証の予約についての詳細は、生体認証の予約に関するよくある質問をご覧ください。

2)初期証拠の要求(提出されたI-485申請に不備がない場合はありません)

申請者が必要に応じてすべての補足文書を含む完全なI-485申請書を提出した場合、USCISから初期証拠の要求(RFE)を受け取る可能性は低いです。 出生証明書に問題があるか、家族ベースのグリーンカード申請のI-864サポートの宣誓供述書が不十分な場合RFEを郵送で受け取ります。

USCISは通常、グリーンカード申請者がI-485申請を提出してから2〜3か月後にRFEを発行します。 通常、申請者はRFEに応答するために87日が与えられます。その間に応答がない場合、I-485申請は却下されます。

3)(最初の提出時に申請している場合)EADおよび/または事前臨時入国許可の受け取り

外国人は、I-765フォームおよびI-131フォームの提出で、I-485フォームと一緒に労働許可文書(EAD)および/または事前臨時入国許可を申請することができます。 申請は、I-485フォームを提出してから約3〜6か月後に承認されます。 ただし、初期証拠の要求(RFE)がある場合、USCISがRFEの応答に納得しない限り、承認されません。

DYgreencard.comでは、EADを申請または更新し、事前臨時入国許可を取得するお手伝いをしています。詳細はこちらをご覧ください。

4)グリーンカード面接(一部のグリーンカード申請者には不要)

I-485ステータス調整の面接としても知られるグリーンカード面接は、すべての雇用ベースのグリーンカード申請者と結婚ベースのグリーンカード申請者に義務付けられています。さらに、犯罪歴がある、またはグリーンカードの資格がない可能性が考えられる申請者も、ステータス調整の面接に出る必要があります。

I-485フォームの提出後に面接がいつ予定されるかを正確に予測することは容易ではありません。それは、各USCIS地域事務所の申請書処理状況に大きく依存しているからです。一部の事務所は処理数が少なく、他の事務所は処理数が多いために、3か月から24か月の差があります。グリーンカード申請者は面接日の3〜6週間前に面接通知を受け取ります。結果として、I-485面接の準備をするのに時間は十分あるはずです。面接通知には、面接の日時と場所が記載されています。

グリーンカードの面接では、USCISの担当者が、申請書の情報と補足文書を確認します。以前にUSCISに提出した書類の原本、パスポート、および事前臨時入国許可または雇用許可書類を持参してください。また、最初の提出で不足している書類や、グリーンカード申請を補足する追加の書類を提出しても良いです。

グリーンカード面接は、グリーンカード申請において非常に重要です。熟練した移民弁護士とトレーニングすることで、I-485面接に自信を持って臨めるでしょう。

5)証拠の要求および/または2回目の面接(ほとんどの申請者にはありません)

面接後、USCIS担当者はグリーンカード申請書を徹底的に審査し、 重要な書類が不足している場合、申請者に証拠の要求を送付してそれを要求します。要求への応答には87日与えられます。

結婚グリーンカードの申請については、担当者が結婚を疑った場合、2回目の面接が予定される可能性があります。この場合グリーンカード申請の最終的な裁定を得るのに長い時間がかかるでしょう。 そのため、結婚グリーンカードの豊富な経験を持つ移民弁護士に相談して、2回目の面接の準備を整えることをお勧めします。

6)グリーンカードの受け取り

グリーンカード申請書のすべてが完了し、グリーンカードの資格が認められた場合、最終的に永住者カード(グリーンカード)が郵送されます。 USCISのウェブサイトに表示されているI-485申請状況が、「USCISがフォームI-485を承認しました……」または「新しいカードを発行しました……」のいずれかである場合、グリーンカード申請はUSCISによって承認され、グリーンカードが2〜4週間以内に郵送されます。


4.通常のI-485処理時間外のグリーンカード申請

フォームI-485の平均処理時間は、グリーンカード申請者から最も近くにあるUSCIS地域事務所によって異なります。 申請者は、USCISのウェブサイトで通常のI-485処理時間を確認できます。

USCISから申請の更新を受け取っていない場合、またはI-485受領通知の受領日が、通常のI-485処理時間のページに示されている「申請照会日の受領日」より後の場合、オンラインで申請状況の問い合わせを提出することができ、担当者からが応答あります。電話による申請に関するお問い合わせは、USCISコンタクトセンター(800)375-5283までご連絡ください。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)