I-864グリーンカード申請のサポートの宣誓供述書

更新日07/04/2021

グリーンカードの取得には多くのステップがあります。 移民申請を完了することに加えて、多くのグリーンカードでは、誰かに支援してもらう必要があります。 I-864宣誓供述書は、スポンサーと米国政府との間の契約であり、移民が合法的な永住者(グリーンカード 保有者)になった後に自分自身で生計を立てられない場合に、スポンサーが移民を経済的にサポートすることを約束するものです。 I-864スポンサーがいることは、移民が生活保護やフードスタンプなどの公的費用の対象にならないことを証明するのに役立ちます。

Form I-864 Affidavit of Support
フォームI-864サポートの宣誓供述書

DYgreencard.comでは、USCIS(該当する場合はNVC)の要件を満たす関係文書と共に、I-864サポート宣誓供述書の作成をお手伝いしています。正確かつ完全なものをご提供できるよう、移民弁護士が慎重に確認します。詳細についてはこちらをご覧ください。

1. I-864サポートの宣誓供述書とは何ですか?

I-864サポートの宣誓供述書は、グリーンカード申請者が自分自身で生計を立てられない場合に経済的に支援するという署名された約束/契約です。 移民フォームI-864に記入することにより行なわれます。

署名された契約は法的拘束力があるため、米国市民(USC)または合法的な永住者(LPR)は、グリーンカード申請者のスポンサーになることを誓約する前によく考える必要があります。スポンサーによるグリーンカード所有者の経済的バックアップは通常長年にわたります。

サポートの宣誓供述書を必要としないグリーンカード申請者

I-864サポートの宣誓供述書を必要とするいくつかの移民カテゴリーがあります。ただし、すべての移民希望者にI-864が必要となるわけではありません。

不需要I-864经济担保的绿卡申请人

  • 米国で、すでに40四半期収入を得ている移民希望者(通常、働く人々は年間4分の1の収入を稼いでいます)
  • 承認されたフォームI-360を持っている自己申告の未亡人
  • 承認されたフォームI-360を持っている自己申告のUSC/LPRに虐待された配偶者および子供
  • 難民または亡命のステータスに基づいてグリーンカードを申請する移民希望者
  • 入国時にUSCの親を通じて米国市民権を自動的に取得する移民希望者
  • ほとんどの雇用ベースの移民ビザ申請者は、以下の例外を除いて、フォームI-864を必要としません。

サポートの宣誓供述書を取得する必要があるグリーンカード申請者

  • 家族ベースの移民請願に基づいてグリーンカードを申請するすべての申請者は、米国ですでに40四半期収入を得ていない限り、サポートの宣誓供述書が必要になります。
  • 雇用ベースの移民ビザ申請者で、米国市民または合法的な永住者の親族が移民ビザ申請を提出した場合、または申請会社の5%以上を所有している場合、フォームI-864を提出する必要があります。

3. I-864のスポンサーになることができるのは誰ですか?

I-864スポンサーになるには、18歳以上で米国に居住している米国市民または合法的な永住者である必要があります。さらに、スポンサーは、連邦貧困ガイドラインの125%以上の年収がある必要があります。「I-864サポートの宣誓供述における収入または資産の要件」を確認し、収入または資産がスポンサーシップの要件を満たしているかどうかをご確認ください。

家族ベースのグリーンカード申請者である移民希望者は、一般的に、米国にいるUSCまたはLPR家族をスポンサーとします。そのため、この請願者(フォームI-130またはI-129Fを提出する人)がフォームI-864に記入する必要があります。収入または資産が世帯の連邦貧困ガイドラインの125%を超えない場合は、共同スポンサーが必要になる場合があります。共同スポンサーとは、元の宣誓供述のスポンサーとともに、移民希望者を支援する法的責任を受け入れることを宣言する人のことです。 I-864共同スポンサーについては、こちらをクリックしてください。

I-864スポンサーまたは共同スポンサーになる資格があるかどうかお困りですか?お手頃な価格で熟練した移民弁護士との相談を予約しませんか?

4. I-864に基づくスポンサーシップの義務は何ですか?

移民スポンサーには重要な義務があるため、フォームI-864のサポート宣誓供述書への署名は軽視すべきではありません。 スポンサーのある移民が連邦・州・地方より生活保護等を受け取った場合、給付を提供した機関はスポンサー(および該当する場合は世帯員)にそれらの給付の費用を返済するよう要求することができます。 スポンサー(または世帯員)が費用を返済しない場合、機関はスポンサー(および世帯員)を訴え、返済のための裁判所命令を出すことができます。

5. I-864に基づくスポンサーシップの義務はいつ終了しますか?

次のいずれかの状況が発生した場合、I-864に基づくスポンサーシップの義務は解除されます。

  • 支援を受けた移民が米国市民になった
  • 支援を受けた移民が、米国で40四半期の収入を得た
  • スポンサーが死亡した
  • 支援を受けた移民が死亡した
  • 支援を受けた移民が合法的な永住者ではなくなり、米国を離れた

離婚はスポンサーシップの義務を終了するものではないことにご注意ください。

6.虚偽のI-864サポート宣誓供述書を提出した場合の罰則について

フォームI-864、サポートの宣誓供述書に虚偽があることがわかっていて意図的に提供した人は、刑事訴追される可能性があります。 スポンサーが故意に事実を隠したと捉えられる場合もあります。 グリーンカードの請願は、USCISによって却下されます。

USCISが宣誓供述書にあるすべての情報を検証しないとは思わないでください。 米国政府はスポンサーの雇用主と銀行機関に、収入と貯蓄が確かであることを確認しています。 USCISは、IRSに問い合わせて、I-864スポンサーの納税申告書が有効で変更されていないかを確認する場合もあります。

7.スポンサーはI-864スポンサーシップを取り消すことができますか?

スポンサーは、支援する移民が合法的な永住者になる前に、USCIS(または該当する場合はNVC)に書面でI-864スポンサーシップの取り消しを申し出ることができます。 支援する移民が合法的な永住者である限りは、スポンサーはI-864スポンサーシップを取り消すことはできません。

DYgreencard.comでは、I-864サポート宣誓供述書の作成をお手伝いしています。 詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)