K-1ビザ完全攻略ガイド

更新日 10/16/2022

「愛と移民」、一見全く関係ないように思われる2つの言葉ですが、状況によっては、現在別々の国に住んでいる愛し合うカップルを結びつけるために、入国手続きが必要となります。

K-1 ビザ、またはK-1 婚約者ビザと呼ばれるビザは、米国外に住む外国人婚約者が、結婚するために米国に来ることを可能にするものです。米国にいて、海外に住む外国人の婚約者と結婚したい場合、K-1 ビザはそれを可能とする 1 つの選択肢です。

この記事では、K-1 ビザの取得方法について説明します。簡潔にするために、この記事では「婚約者」という用語を使用して、男性の婚約者と女性の婚約者の両方をまとめて指しています。

K-1 Visa

K-1 ビザの要件

あなたが次の要件を満たす場合、婚約者を K-1 ビザで米国に連れてくることができます。

  • あなたは米国市民であること。あなたが米国のグリーンカード保持者であり、米国市民ではない場合、婚約者のために K-1 ビザを取得することはできません。
  • あなたとあなたの婚約者は、あなたの婚約者が K-1 ビザで米国に入国してから 90 日以内に結婚する予定であること。
  • あなたとあなたの婚約者は、以前の結婚が離婚または死別によって、法的に終了していることを含め、米国で法的に自由に結婚できる状態であること。
  • あなたとあなたの婚約者は、請願書を提出する前の 2 年間に少なくとも 1 回は直接会っていること。対面での面会が、婚約者の外国の文化や社会的慣行により厳格に禁止されていることを証明できる場合には、この要件への免除申請をすることができます。
  • あなたが未成年に対する違法、違反的行為を犯していないこと。
  • あなたの婚約者が、INA 212 の下で受理され得る状態であること。最も一般的な受理されない理由としては、伝染病、特定の犯罪、以前の米国ビザ申請における詐欺、特定の国家安全保障に反するメンバーの一員であり、その活動に参加しており米国の「公的負担」になる可能性がある場合、または、以前に米国により強制送還された過去があること、などです。

婚約者が K-1 ビザを取得できるかどうかわからない場合には、DYgreencard.com がお手伝いします。クレジットカードや個人情報なしで、無料の適性チェックを是非お試しください。申請の準備ができたら、熟練し経験豊富な移民弁護士が、完璧な申請パッケージの準備、作成をお手伝いします。詳細を確認するか、今すぐ始めましょう

K-1 ビザの手続き

K-1 婚約者ビザを取得するためには、さまざまな手順で進めていく必要があります。

フォーム I-129F

K-1 ビザプロセスの最初のステップは、フォーム I-129F、外国人婚約者の請願書を米国市民権移民局 (「USCIS」) に提出することです。あなたは、米国市民として、フォーム I-129F の請願者となります。

フォームI-129F

フォーム I-129F では、住所歴、職歴、犯罪履歴、経歴情報など、あなたおよび/またはあなたの婚約者に関するさまざまな情報を提供する必要があります。

さらに、フォーム I-129F には、次の書類とその他の証拠を含める必要があります。

  • あなたの米国市民権を証明するもの。 (米国の民間機関が発行した出生証明書、帰化証明書、市民権証明書、または有効で期限が切れていない米国パスポートのコピーを含む)
  • 以前のすべての婚姻が法的に終了していることを示す証拠 (該当する場合)。
  • 嘆願書の提出から 30 日以内に撮影された、2 x 2 の米国パスポートサイズの写真 1 枚と、婚約者の 2 x 2 の米国パスポートサイズの写真 1 枚。
  • 名前変更があった場合、その正式な証拠。(該当する場合)
  • あなたとあなたの婚約者が、あなたの婚約者が K-1 ビザで米国に入国してから 90 日以内に結婚する意思があることを示す証拠。この証拠では、あなたとあなたの婚約者の両方が署名した結婚の意思声明または、あなた達二人の相互の意思を立証するその他の証拠を要求される場合があります。
  • あなたとあなたの婚約者が、請願書を提出する前の 2 年間に少なくとも 1 回直接会っていることを示す証拠。この証拠では、会った時の状況を述べた書面による証拠や、航空券のコピー、パスポートのページ、またはその他の証拠を要求される場合があります。上記の「対面での面会」要件の免除を主張する場合、この要件が婚約者の外国の文化または社会的慣行の厳格で長年確立された慣習に違反する、という証拠を提出する必要があります (伝統的な取り決めのあらゆる側面が慣習または慣行に従って満たされている、または満たされるであろうという証拠を含む)。

USCIS がフォーム I-129F を承認した場合、承認されたフォーム I-129F を米国国務省ナショナルビザセンター (「NVC」) に送付します。 NVC はあなたにケース番号を発行し、承認されたフォーム I-129F をあなたの婚約者が住んでいる国の米国大使館または領事館に送付することになります。

フォーム DS-160

K-1 ビザプロセスの次のステップは、米国国務省のウェブサイトで、 Form DS-160、オンライン非移民ビザ申請を提出することです。フォーム DS-160 は婚約者によって提出されるものです。

フォーム DS-160 では、婚約者に、個人情報、渡航情報、パスポート情報、職業、学歴、職歴情報、セキュリティおよび経歴情報などのさまざまな情報を提供するよう求めます。また、米国政府のガイドラインに従って写真をアップロードする必要があります。

DS-160 が提出された後、婚約者は DS-160 確認ページを印刷する必要があります。

面接

K-1 ビザプロセスの次のステップは、婚約者が、住んでいる国の米国大使館または領事館で、米国国務省の領事官の面接を受けることです。

婚約者は、この面接に次のものを持参する必要があります。

  • フォームDS-160 確認ページ
  • 米国への旅行に有効で、有効期限が婚約者の米国滞在予定期間より少なくとも6ヶ月以上あるパスポート。
  • 出生証明書。
  • あなたの婚約者とあなたの両方の以前の配偶者の離婚証明書または死亡証明書。(該当する場合)
  • 婚約者の現在の居住国および婚約者が 16 歳から6ヶ月以上住んでいるすべての国が発行する犯罪履歴書。
  • 該当する場合、特定の認定警察および裁判所の記録。
  • 米国政府のガイドラインに従って完了した健康診断の証拠。
  • あなたの婚約者とあなたとの関係性を示す証拠。
  • 2 x 2 の米国パスポートサイズの写真 2 枚。
  • フォーム I-134、サポートの宣誓供述書 (婚約者が経済的にサポートされることを示すもの)。

領事は、K-1 ビザを発行するかどうかの最終決定を行います。

K-1 ビザが発給された場合、婚約者は K-1 ビザが発給されてから6ヶ月もしくは3ヶ月以内に米国に入国しなくてはならないことに注意してください。この「6か月または3か月」のタイミングの要件は、婚約者との結婚が、婚約者がK-1ビザで米国に入国してから90日以内に行われなければならない、という要件に追加されます。あなたとあなたの婚約者がこの 90 日間の期間内に結婚しない場合、あなたの婚約者はこの 90 日間の期間の終わりに米国を離れなければならず、さもなければ国外追放の対象となります。

また、K-1 ビザで米国に入国できるのは 1 回のみです。その後、婚約者は米国を出国し、K-1 ビザで再度米国に再入国することはできません。

K-1 ビザの処理時間

すべての K-1 ビザプロセスには、独自のタイムラインがありますが、以下は K-1 ビザプロセスの各ステップの平均時間です。

  • フォーム I-129F の処理– 4 ~10ヶ月。
  • フォーム DS-160 の準備– 1 ~ 4 週間。
  • K-1 ビザ面接のスケジュール– 2 ~ 8 週間。
  • K-1 ビザ面接のスケジュール設定から実際の面接までの時間– 2 ~ 8 週間。

K-1 ビザはプレミアム処理(追加料金で処理スピードを上げること)の対象にはなりません。

K-1 ビザの費用

K-1 ビザの取得にはいくつかの費用がかかります。まず、フォーム I-129F に関連する申請手数料は 535 ドルです。次に、フォーム DS-160 に関連する申請手数料は 265 ドルです。第三に、必要な K-1 ビザの健康診断に関連して追加費用が発生します。第 4 に、K-1 ビザの手続きを弁護士または移民コンサルタントに依頼する場合 (推奨)、弁護士または移民コンサルタントの費用に関連する追加費用が発生します。

子供– K-2 ビザ

婚約者に子供がいる場合、子供が K-2 ビザで米国に来られる可能性があります。ただし。子供は未婚で21歳未満でなければなりません。

子供を米国に連れて行きたい場合は、婚約者のために提出するフォーム I-129F に婚約者の子供の名前を含める必要があります。

子供たちはあなたの婚約者と一緒に、またはあなたの婚約者の後に米国に来ることができますが、あなたの婚約者が入国する前に来ることはできません.

K-2 ビザは、子供の親 (婚約者) が K-1 ビザを取得した場合にのみ、子供が K-2 ビザを取得できるため、派生ビザとして知られています。

K-1 ビザからグリーンカードへの変更

K-1婚約者ビザは非移民ビザです。そのため、婚約者が一時的に米国に滞在する権利を与えるだけです。

具体的には、K-1 ビザでは、婚約者が米国に入国してから 90 日間のみ、婚約者に米国に滞在する権利が与えられます。

米国移民法の下では、グリーンカードにより、移民は米国の合法的な永住者になることができます。あなたの婚約者が K-1 ビザをグリーンカードに変更することで、米国の合法的な永住者になることができます。

K-1 ビザをグリーンカードに変更するプロセスは、ステータスの調整として知られています。ステータス調整の資格を得るには、婚約者が K-1 ビザで米国への入国を許可され、その後 90 日以内にあなたと (米国市民として) 正式に結婚している必要があります。

米国市民の「現在結婚している」配偶者としてステータスの調整を申請する場合、あなたの配偶者は、米国移民の目的上、「近親者」として扱われます。多くのグリーンカードのカテゴリーには、クォータまたは年間の発行数制限が適用されますが、「近親者」グリーンカードには適用されません。したがって、米国市民の「現在結婚している」配偶者は、グリーンカード申請プロセスの待機リストや遅延の対象にはなりません。

「現在結婚している」配偶者は、フォーム I-485、永住権登録申請書、またはステータス調整申請書でステータスの調整を申請します。フォーム I-485 には、住所履歴、雇用履歴、「現在結婚している」配偶者の両親に関する情報、「現在結婚している」配偶者の結婚歴や子供に関する情報など、「現在結婚している」配偶者に関するさまざまな情報が必要です。さらに、フォーム I-485 では、あなたの「現在結婚している」配偶者が米国で合法的に滞在できるかどうかを判断するための、さまざまな質問をします (犯罪、セキュリティ、または公的扶助の理由を含む)。

Form I-485
フォームI-485

「現在結婚している」配偶者は、フォーム I-485 を使用して次のようなさまざまな証拠も提出する必要があります。

2 x 2 の米国パスポートサイズの写真 2 枚。

写真付きの政府発行の身分証明書のコピー。

  • 出生証明書のコピー。
  • K-1 ビザと入国スタンプが押されたパスポートのページのコピー。
  • I-94記録のコピー。
  • フォーム I-129F 用のフォーム I-797、承認通知のコピー。
  • 結婚証明書のコピー。
  • フォーム I-864、サポートの宣誓供述書
  • フォーム I-693、健康診断および予防接種記録のレポート
  • 該当する場合、特定の認定警察および裁判所の記録。
  • (任意) 「現在結婚している」配偶者がグリーンカードを待つ間、米国で労働をしたい場合には、フォーム I-765、2 x 2 の米国パスポートサイズの写真 2 枚を含む雇用許可申請書。
  • (任意) フォーム I-131、渡航書類の申請書 (2 x 2 の米国パスポートサイズの写真 2 枚付き)。「現在結婚している」配偶者がグリーンカードを待つ間に、米国外への海外旅行を希望する場合。ただし、「現在結婚している」配偶者がフォーム I-485 申請書を提出する前に 180 日以上ステータスを失っていた場合は、提出しないでください。

フォーム I-485 に関連して、$1,140 の申請手数料がかかります。さらに、「現在結婚している」配偶者が 79 歳未満の場合、85 ドルの生体認証サービス料金がかかります。フォーム I-864、フォーム I-693、フォーム I-765、または I-131 の申請には手数料は必要ありません。

フォーム I-485 を提出する際、あなたの「現在結婚している」配偶者は物理的に米国に滞在している必要があります。

「現在結婚している」配偶者のフォーム I-485 申請書が承認された場合、「現在結婚している」配偶者は、フォーム I-485 申請書の承認時に結婚が 2 年未満の場合、2 年間有効な条件付きグリーンカードを受け取ります。条件付きグリーンカードの有効期限が切れる 90 日以内に、あなたの「現在結婚している」配偶者は、フォーム I-751、永住権の条件を削除するための請願書を提出して、永住権の条件を削除し、グリーンカードを発行する必要があります。

ステータスの調整プロセスは、婚約者の子供の K-2 ビザをグリーンカードに変換するためにも使用できます。

事務処理にうんざりしていませんか? DYgreencard.com では、豊富な経験を持つ移民弁護士が、完璧なグリーンカード申請書の準備と作成をお手伝いします。詳細を確認するか、今すぐ始めましょう

代替案–海外で結婚する

上記の K-1 婚約者ビザの説明と K-1 婚約者ビザのグリーンカードへの変更は、米国市民の婚約者がグリーンカードを取得できる 1 つの方法です。ここでは、米国ではなく、海外で結婚するという別の選択肢を紹介します。

この選択肢では、あなたの愛する人は、婚約者としてではなく、配偶者として米国に来ます。その結果、米国移民法のさまざまな規定が発動されます。

外国人配偶者のグリーンカードプロセスを開始するには、フォーム I-130、外国人親族の請願書、およびフォーム I-130A を USCIS に提出します。フォーム I-130 およびフォーム I-130A には、住所歴、婚姻情報、職歴、経歴など、あなたおよび/またはあなたの配偶者に関するさまざまな情報が必要です。

Form I-130
フォームI-130
フォーム I-130A

また、フォーム I-130 とともにさまざまな書類を提出する必要があります。これには、あなたが米国市民であることを示す書類、2 x 2 の米国パスポートサイズの写真 2 枚、結婚証明書、以前のすべての婚姻が法的に終了していることを示す証拠 (該当する場合) が含まれます。また、あなたとあなたの配偶者の間に生まれた子供の出生証明書、必要に応じて、あなた達の夫婦関係の真正性を個人的に知っている第三者からの写真と供述書の提供など、あなたが真正な結婚をしていることを証明する書類.

フォーム I-130 に関連して、535 ドルの申請手数料がかかります。

フォーム I-130 が USCIS によって承認された場合、グリーンカード手続きの次のステップは、配偶者が領事手続きに進むことです。

領事手続きには、USCIS が配偶者のケースをナショナルビザセンター (「NVC」) に送信することが含まれます。 NVC はあなたの配偶者にケース番号を発行し、あなたの配偶者が住んでいる国の米国大使館または領事館に引き継がれます。

あなたとあなたの配偶者は、325 ドルのビザ申請処理手数料と 120 ドルの支援宣誓供述書を支払い、DS-260 フォーム、移民ビザおよび外国人登録申請書、およびさまざまな補足書類 (出生証明書、結婚証明書を含む) を記入して提出する必要があります。 I-864 フォーム、サポートの宣誓供述書、およびそのサポート文書を記入して提出し、認定された医師による健康診断をスケジュールして完了します。面接通知を受け取った後、医師に連絡し、指定された米国大使館または領事館で面接に出席してください。

面接の審査官は、通常、あなたの配偶者のグリーンカード申請が承認されるかどうかを決定します。承認されれば、移民ビザが発行されます。移民ビザの場合、通常、配偶者は米国に入国できるまでに 6 ~ 3 ケ月かかります。グリーンカード自体は、入国後 120 日以内に配偶者に郵送されます。

配偶者のグリーンカード申請が承認された場合、配偶者が移民ビザで米国に入国した時点で結婚が 2 年未満の場合、配偶者は 2 年間有効な条件付きグリーンカードを受け取ります。 (配偶者は、決められたスケジュールに従ってフォームI-751を請願し。グリーンカードの条件を外す手続きを行います。)

この代替案については、別の記事「領事手続きを通じて配偶者のグリーンカードを申請する方法」で詳しく知ることができます。

K-1ビザまたは配偶者ビザ

将来の配偶者のために、K-1 ビザプロセスまたはこの代替の「フォーム I-130/フォーム DS-260」プロセス (「配偶者ビザ」または「CR1/IR1」プロセスまたは移民ビザプロセスとも呼ばれる) を手配するべきか、お悩みですか?その答えは、あなたの置かれている状況と環境によって異なります。

あなたとあなたの婚約者が米国で結婚する予定がある場合、またはあなたの婚約者が住んでいる国であなたの結婚が認められない可能性があることを懸念している場合には、おそらく K-1 ビザの手続きを進めることが良い選択肢でしょう。

一方、あなたと婚約者が米国外で結婚する予定の場合は、おそらく「配偶者ビザ」の手続きを進めることになります。

この決定に影響を与える可能性のあるその他の要因としては、どのくらい早く婚約者と一緒に米国での生活をスタートさせたいですか? ( K-1 ビザのプロセスではより早く)  また、将来的なグリーンカード取得のために、どのくらい費用を抑えたいですか? ( K-1 ビザのプロセスを含むと、費用が高くなります)などの要素が絡んできます。

最終決定をする前に、K-1ビザプロセスと「CR1/IR1」プロセスの両方で豊富な経験を持つ移民弁護士に相談しませんか?DYgreencard.com を通じて、熟練した経験豊富な移民弁護士との無料相談を今すぐお試しください!

結論

愛は二人を結びつけることができますが、時に、家族、健康、教育、雇用などの人生における様々な問題が、愛するカップルを2つの異なる国での生活に引き離してしまう可能性があります。

K-1 婚約者ビザは、止むを得ず別居中のカップルに、米国で同居する夫婦になるチャンスを与えてくれます。 K-1 ビザ手続き、もしくは「配偶者ビザ」手続きのどちらも、愛するカップルが米国で共に長い家族生活を始めることの手助けになってくれるでしょう。

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)