K1ビザの手続きと要件

更新日08/24/2021

結婚したいと思う人に出会い、それを実現するためにはK-1ビザ手続きが必要となるかもしれません。手続きではすべてのカップルが必要なステップを踏まなければなりません。 ここでは、K-1ビザの手続きと要件についての一般的な考え方を示しています。できるだけ早く夢を実現させるのに役立つでしょう。

K-1 Visa Process

K-1ビザ手続き

K-1签证程序是一种非移民签证,允许美国公民的外国未婚妻(夫)进入美国90天内结婚。它是由美国籍的未婚妻(夫)作为申请人提出,外国未婚夫(妻)作为受益人。如果这对恋人在90天内内没有结婚或者订婚关系破裂,那么外国未婚夫(妻)必须离开美国。要启动K-1签证程序,申请人和受益人必须满足几个要求。

K-1ビザの要件

米国市民権移民局(USCIS)は、K-1ビザの要件を厳格に施行しています。基本的な要件は次のとおりです。ただし、ケースはそれぞれ異なり、追加の項目が必要になる場合があります。

  • 二人とも法的に自由に結婚できる状態でなければなりません。どちらかに以前の結婚があった場合は、離婚または以前の配偶者の死亡に関する文書が必要になります。この証明には、死亡診断書または離婚証明書が含まれます。
  • 同性結婚と伝統的な結婚の両方がこのビザの対象となります。これは、外国の婚約者の出身国が同性結婚を許可していない場合でも当てはまります。
  • 二人はK-1の申請前2年以内に顔を合わせている必要があります。特別な事情により満たすことができなかった場合、この要件は免除される場合があります。
  • 関係の正当性を証明する必要があります。証拠には、Eメールの履歴、写真、旅行計画、および/または友人や家族から送られた手紙などが含まれます。旅行を関係の継続を示すための証拠として使用する場合、パスポートの出入国スタンプや米国/外国間の旅行チケットを準備するのがよいでしょう。
  • 米国に住む婚約者は、米国市民である必要があります。グリーンカードの保有者である場合、K-1ビザのスポンサーになることができません。
  • スポンサーとなる米国市民は、I-134サポートの宣誓供述書に署名して、米国連邦貧困ガイドラインと同等の経済的手段を持ち、米国への入国後の外国人婚約者の経済的支援に責任があることを示す必要があります。
  • 結婚は90日以内に行われることが重要です。この期間は、外国の婚約者が米国に入国した日から始まります。

DYgreencard.comにアクセスして、K-1ビザの資格があるかどうか無料でご確認ください。個人情報は一切必要ありません。

K-1ビザ手続きを開始するには?

K-1ビザ手続きを開始するための最初のステップは、請願者がUSCISに外国人婚約者のためのI-129F申請を提出することです。通常、USCISではフォームI-129Fの承認までに少なくとも60日かかります。場合によっては、処理に6〜9か月かかることがあります。 USCISが追加の文書または情報を必要とする場合、さらに遅延が発生する可能性があります。

I-129Fフォームのすべての部分に記入し、署名してください。 I-129F請願は、USCISのウェブサイトではできません。フォームを印刷し、他の必要な書類と一緒に指定されたUSCISの事務所に郵送する必要があります。

I-129Fフォームが承認されると、USCISは承認通知を送付します。その後、外国の受益者は非移民ビザ申請手続きを開始して、K-1非移民ビザを申請します。これはオンラインで行うことができます。これが完了すると、受益者は、母国または永住権を有する国にある最寄りの米国大使館または領事館での面接が予定されます。このステップが完了するまでに約4〜6週間かかります。

K-1非移民ビザが米国領事館または大使館によって付与された後、外国の受益者は4か月以内に米国に入国する必要があります。

I-129F請願書に添付する書類

I-129F請願書と一緒に送付する書類は以下となります。

  • 市民権の証明:米国の州によって発行された出生証明書の写し、帰化証明書の写し、海外出生の領事報告書(CRBA)であるフォームFS-240の写し、有効期限が切れていない米国のパスポートの写し、請願者が米国市民であることを確認する米国領事館職員によって発行された文書など。
  • 以前の結婚が法的に終了したことの証明(該当する場合):該当する場合必ず必要となります。死亡診断書、離婚判決、離婚届が含まれます。
  • 写真:二人の写真。申請前30日以内に撮影された標準の米国パスポートサイズのカラー写真である必要があります。
  • 名前変更の証明:請願者がこれに該当する場合、申請書に名前変更の証明を添付する必要があります。
  • 過去2年以内に婚約者と直接会った証拠、または特殊な状況のために会えなかったことを証明する証拠。
  • 到着から90日以内に結婚するという真正な意思の証拠:双方の意思の記載された手紙で十分です。

二人のいずれかに前科またはその他の考慮すべき状況がある場合は、追加の文書が必要になる場合があります。

いずれかの書類が外国語である場合は、英語の翻訳も提出する必要があります。翻訳には、翻訳が正確で完全であることを証明するために、翻訳者からの証明書を添付する必要があります。翻訳者はまた、この翻訳を提供する能力があることを証明する必要があります。

DYgreencard.comでは、熟練した移民弁護士がI-129F請願書の作成をお手伝いします。あなたにしていただく必要があるのは、いくつかの質問に答えて、オンラインプラットフォームに基本的な書類をアップロードすることだけです。あとはお任せください!詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

K-1ビザで米国に入国して結婚した後

K-1ビザで米国に入国して結婚した後、K-1ビザ保有者はI-485ステータス調整の申請を通じてグリーンカードを申請します。 詳細については、K1ビザ入国後のステータスの調整に関する記事をご覧ください。

K-1婚約者ビザからグリーンカードへの費用

2021年初頭のK-1ビザからグリーンカードにおける費用は合計2,025ドルです。 内訳は以下のとおりです。

  • フォームI-129F:USCISに提出されます。費用は535ドルです。
  • K-1ビザの申請:料金は領事館に支払われます。265ドルです。
  • フォームI-485:K-1ビザでの入国し結婚した後のグリーンカードへのステータス調整の申請と呼ばれます。 USCISに提出されます。 生体認証料金も含まれ、費用は1,225ドルです。

K-1ビザの手続きに弁護士を雇うことにした場合、1200ドルから2000ドルかかります。 DYgreencard.comでは、はるかに安い価格で移民弁護士がお手伝いをしています。 詳細をご覧になるか、今すぐ始めましょう

DYgreencard —お手頃な価格で、申請書類の準備と弁護士の審査

その他の関連トピックについては、移民情報をクリックしてください。

(著作権はDYgreencard.comにあります。内容のいずれかをコピーまたは配布する場合には、「DYgreencard.comからのコピーまたは配布である」という旨の記載をする必要があります。)